クークラックスクランとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 団体 > 組織 > クークラックスクランの意味・解説 

クー‐クラックス‐クラン【Ku Klux Klan】


クー・クラックス・クラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/24 01:30 UTC 版)

クー・クラックス・クラン: Ku Klux Klan、略称:KKK)は、アメリカ秘密結社白人至上主義団体である。


  1. ^ a b c d 浜本 2015, pp. 267–281.
  2. ^ 「改訂版 世界の民族地図」P85 高崎通浩著 1997年12月20日初版第1刷発行
  3. ^ a b c 飯野 2005, pp. 169–173.
  4. ^ 公民権運動の活動家たち ミシシッピに死す」『ついに自由を我らに 米国の公民権運動』アメリカンセンターJAPAN pp.48-49. 2017年8月25日閲覧。
  5. ^ The_20th_Century_Ku_Klux_Klan_in_Alabama,The Ku Klux Klan, a brief biography!, History of the Ku Klux Klan, What is the KKK?, Ku Klux Klan in the Twentieth Century, all retrieved August 26, 2005.
  6. ^ 【産経抄】KKKは再び力を取り戻すのか産経新聞』朝刊2017年8月24日


「クー・クラックス・クラン」の続きの解説一覧

クー・クラックス・クラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/02 09:46 UTC 版)

コネチカット州の歴史」の記事における「クー・クラックス・クラン」の解説

クー・クラックス・クランについては、1915年ジョージア州再結成されたときにコネチカット州でも追随者出たアメリカプロテスタントによる管理説き黒人ユダヤ人およびカトリック教徒抑圧することを望んだコネチカット州でクー・クラックス・クランが評判呼んだのは短期間であったが、1925年最盛期には会員数15,000人に達していた。活動盛んだったのはニューヘイブンニューブリテンおよびスタンフォードであり、どこもカトリック教徒が多い所だった。 1924年選挙のとき、スタンフォード州内でも最大のクー・クラックス・クラン集会開かれたダリエンのグランド・ドラゴン・ハリー・ルッターマンが集会組織し数千人の会員出席した。 州の民主共和党その年綱領に反クー・クラックス・クランの政策入れることを拒否したカトリック教徒投票当てにしていた民主共和党はクー・クラックス・クランを非難していた)。スタンフォード民主共和党はその地域でのクー・クラックス・クランの活動に対する前線としてリンカーン民主共和党クラブ使った。「スタンフォード・アドヴォケイト」は地元民主共和党員による署名入り広告掲載した。クー・クラックス・クランはこれに反応して広告出版し最初の広告における移民の名前を指摘した1926年までにクー・クラックス・クランの指導層分裂して力を失ったが、スタンフォードブリッジポートダリエングリニッジおよびノーウォークではその後何年小さな支部維持された。クー・クラックス・クランはその後州内からは消滅した

※この「クー・クラックス・クラン」の解説は、「コネチカット州の歴史」の解説の一部です。
「クー・クラックス・クラン」を含む「コネチカット州の歴史」の記事については、「コネチカット州の歴史」の概要を参照ください。


クー・クラックス・クラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 15:40 UTC 版)

ウォレン・ハーディング」の記事における「クー・クラックス・クラン」の解説

ハーディングはクー・クラックス・クランに関係していたという説も根強く語られている。歴史家のウェン・クレイグ・ウェード及びグレン・フェルトマンはその説主張している。両者ハーディング大統領選出後にクー・クラックス・クランに加わりホワイトハウスグリーン・ルーム参加誓い行ったする。ステットソン・ケネディの主張を元にしたウェードの説は、幾人かハーディング伝記作者からは無視された。ウェードカルビン・クーリッジ政権閣僚による手紙証拠だとしている。 しかしながら近年ハーディング伝記作者であるロバート・ファーレル、カール・アンソニー及びジョン・ディーンハーディング死後広まった噂の例としてこの説に関する反論唱えている。

※この「クー・クラックス・クラン」の解説は、「ウォレン・ハーディング」の解説の一部です。
「クー・クラックス・クラン」を含む「ウォレン・ハーディング」の記事については、「ウォレン・ハーディング」の概要を参照ください。


クー・クラックス・クラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 10:11 UTC 版)

コーコモー (インディアナ州)」の記事における「クー・クラックス・クラン」の解説

1923年7月4日市内史上最大のクー・クラックス・クラン集会があり、全国注目集めたインディアナ支部コンクラーベD・Cスティーブンソングランドドラゴン昇格のために、マルファルファ公園推計20万人会員支持者集まった地元クラン病院建設にあてる5万ドル集めるために巨大な旗が使用されたので、会員カトリック系である地元病院でのみ治療を受ける要は無かった当時インディアナ州クランの強い地盤であり、白人男性50%はクラン会員だった。クラン男性女性毎週マルファルファ公園集会儀式行いコーコモークラン女性会員はクー・クラックス・クラン女性部の本部教会である弾薬庫集会行ったバプテスト教会での演説会には1,000人のクラン女性会員出席した

※この「クー・クラックス・クラン」の解説は、「コーコモー (インディアナ州)」の解説の一部です。
「クー・クラックス・クラン」を含む「コーコモー (インディアナ州)」の記事については、「コーコモー (インディアナ州)」の概要を参照ください。


クー・クラックス・クラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/15 22:57 UTC 版)

アメリカ合衆国の歴史 (1918-1945)」の記事における「クー・クラックス・クラン」の解説

クー・クラックス・クランとは3つの異な時期1860年代1920年代および1960年代)の組織名であり、同じ名称と衣装用いたが、直接前後の関係は無かった1920年代のクー・クラックス・クランは特に禁酒法違反のような犯罪に対する糾弾呼びかけた浄化運動であり、大都市カトリックおよびユダヤ人の「影響力」を非難した。その会員数400万人にも達したが、全国的に著名な会員はいなかった。どの日刊紙もこれを肯定せず、大半は積極的に反対した。会員全国白人プロテスタント教徒北部と南部田園部と都会どこにでもいた。 近年の歴史家達はクー・クラックス・クランのことを深く掘り下げてきた。1860年代現在のクー・クラックス・クランは実際に暴力的である。しかし1920年代恐ろし殺人行った集団については割り引いて考えている幾つかの犯罪はおそらく深南部では行われたが、他の地域では極めて希だった。地方のクー・クラックス・クランは組織力弱く組織者他所よりも多く金を作る手段として実行された(組織者入会金として各人から10ドル衣装代として50ドルまでの料金請求した)。それでもクー・クラックス・クランの存在有名になったので、1925年にはワシントンD.C.大集会開催するまでになったその後間もなく全国紙見出しでインディアナ州におけるクー・クラックス・クラン指導者による強姦と殺人が報じられた。クー・クラックス・クランはその神秘性急速に失い、また会員もほとんどいなくなった

※この「クー・クラックス・クラン」の解説は、「アメリカ合衆国の歴史 (1918-1945)」の解説の一部です。
「クー・クラックス・クラン」を含む「アメリカ合衆国の歴史 (1918-1945)」の記事については、「アメリカ合衆国の歴史 (1918-1945)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「クークラックスクラン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「クークラックスクラン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



クークラックスクランと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クークラックスクラン」の関連用語

クークラックスクランのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クークラックスクランのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクー・クラックス・クラン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコネチカット州の歴史 (改訂履歴)、ウォレン・ハーディング (改訂履歴)、コーコモー (インディアナ州) (改訂履歴)、アメリカ合衆国の歴史 (1918-1945) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS