プレイス・イン・ザ・ハートとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > プレイス・イン・ザ・ハートの意味・解説 

プレイス・イン・ザ・ハート

原題:Places in the Heart
製作国:アメリカ
製作年:1984
配給:コロムビア映画配給
スタッフ
監督:Robert Benton ロバート・ベントン
製作:Arlene Donovan アーレン・ドノヴァン
製作総指揮:Michael Hausman マイケル・ハウスマン
脚本:Robert Benton ロバート・ベントン
撮影:Nestor Almendros ネストール・アルメンドロス
音楽:John Kander ジョン・カンダー
編曲:John Kander ジョン・カンダー
美術:Gene Callahan ジーン・キャラハン
編集:Carol Littleton キャロル・リトルトン
衣装(デザイン):Ann Roth アン・ロス
字幕:戸田奈津子 トダナツコ
キャスト(役名
Sally Field サリー・フィールド (Edna Spalding
Lindsay Crouse リンゼイ・クローズ (Margaret Lomax
Ed Harris エド・ハリス (Wayne Lomax
Amy Madigan エイミー・マディガン (Viola Kelsey
John Malkovich ジョン・マルコヴィッチ (Mr. Will)
Danny Glover ダニー・グローヴァー (Moses
Yankton Hatten ヤンクトン・ハットン (Frank
Gennie James ジェニー・ジェームズ (Possum
Terry O'Quinn テリー・オクイン (Buddy Kelsey
Ray Baker レイ・ベイカー (Royce Spalding
解説
夫を殺された妻が家族を守るためにひたむきに闘う姿を描く。製作はアーレン・ドノヴァン監督脚本は「クレイマー、クレイマー」のロバート・ベントンエグゼクティヴ・プロデューサーマイケル・ハウスマン撮影ネストール・アルメンドロス編集キャロル・リトルトン音楽作曲編曲ジョン・カンダー衣装アン・ロスプロダクション・デザイナージーン・キャラハン担当出演サリー・フィールド、リンゼイ・クルーズなど。日本字幕戸田奈津子。カラー・ビスタサイズ。1984年作品
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
1935年テキサス州ワクサハチの朝。エドナ・スポルディング(サリー・フィールド)は、先ほど送り出し保安官の夫ロイスレイ・ベイカー)が死体となって戻って来たのを知って、あまりのショックに口がきけなかった。銀行預金残高116ドル借金3681ドル、とりあえず数カ月後に銀行に返さなければならない返済分が240ドルエドナにできることといえば子供世話家事だけだ。美容院経営している姉のマーガレット(リンゼイ・クルーズ)も親身に心配してくれるが、金銭面では無力だった。葬儀が済むと銀行は、この家を売り借金ゼロにして、子供親戚預けて働いたらと勧める。しかし、夫のにおい染みたこの家と2人の子フランクヤンクトン・ハットン)とポッサン(ジェニー・ジェームズ)なしに生きていくことはできない数日後流れ者黒人モーゼスダニー・グローヴァー)がやってきて仕事をくれと申し出たが、断わった。その夜保安官に連れられたモーゼスが再びエレナの家にやってきた。スポルディング家の銀器を盗んだので逮捕されたのだ。エレナウソ口実モーゼス助けてやつた。その日から、彼は一家には欠かせぬ働き手として綿畑を耕した。同じ頃、銀行員厄介払いするように眼の不自由な彼のウイルジョン・マルコヴィッチ)を下宿人として押しつけてきた。エドナモーゼスは綿作りに励んだ。一家を守るにはそれしか方法がないのだ。しかし、テキサス特有の大竜巻は小さな町建物あらかた破壊スポルディング家にも甚大な被害をもたらした。姉の夫ウエインエド・ハリス)と親友の妻ビオラエイミー・マディガン)との情事も、この大竜巻によって終り告げた。10月が近づき綿の収穫の時期になった。収穫一番のりに対す100ドル賞金を得るために、エドナモーゼスもとよりフランクポッサムマーガレットまで畑に出て綿つみに精出した。賞金がもらえなければ一家離散してしまうのだ。盲目ウイル料理を受けもった。皆、綿の木の針で指を刺され、曲げっきりの腰がのばせないほど働いた。出荷の日の朝が明けた。エドナが一番のりだった。綿つみの後のダンスパーティの夜、フランク一人前の男として母エドナダンス申し込みマーガレットも夫の情事を許す気になった。が、モーゼスK・K・K一団襲われて町を出ていくよう脅迫される。エドナ危害の及ぶことを恐れモーゼスは、翌朝町を離れた。「あなたが最高の綿つみだってことを忘れないで」、モーゼスを送るエドナ言葉には愛す家族を失う悲しみが充ち充ちていた。(コロムビア映画配給*1時間51分)

プレイス・イン・ザ・ハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/25 14:23 UTC 版)

プレイス・イン・ザ・ハート』(Places in the Heart)は、1984年公開のアメリカ映画




  1. ^ Places in the Heart (1984)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月20日閲覧。
  2. ^ 『アカデミー賞のすべて』 362頁、共同通信社、2007年。
  3. ^ The 57th Academy Awards (1984) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2017年9月10日閲覧。
  4. ^ Berlinale: 1985 Prize Winners”. ベルリン国際映画祭. 2017年9月10日閲覧。
  5. ^ 『アカデミー賞のすべて』 390頁。
  6. ^ New York Film Critics Circle Awards NYFCC 2017年9月10日閲覧。
  7. ^ 『アカデミー賞のすべて』 389頁。


「プレイス・イン・ザ・ハート」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「プレイス・イン・ザ・ハート」の関連用語

プレイス・イン・ザ・ハートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



プレイス・イン・ザ・ハートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプレイス・イン・ザ・ハート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS