資金の調達とは? わかりやすく解説

資金の調達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 09:00 UTC 版)

ベンチャー」の記事における「資金の調達」の解説

日本などでは、従来から資金調達が主に銀行などの間接金融限られるため、経験の少な個人や、失敗歴のある顧客との取引がされにくい。貸与され資金は、失敗すれば多額の借金背負うことになり、現在までそのスタイルほとんど変わらない

※この「資金の調達」の解説は、「ベンチャー」の解説の一部です。
「資金の調達」を含む「ベンチャー」の記事については、「ベンチャー」の概要を参照ください。


資金の調達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 09:45 UTC 版)

フリッツ・ハーバー」の記事における「資金の調達」の解説

ドイツの敗戦により、フリッツ研究所資金難陥っていた。これを解消するため、星一による星基金活用するなど、財政面での改善進めた。 さらに、賠償金の支払い苦しんでいたドイツの国家財政改善するために、海水から金を回収する計画を始めた。フリッツは、賠償金の支払いその後復興資金を得るためには50,000トン金が必要見積もった。そしてこの金を取りだすために、1920年、M研究室名付けた極秘研究室作り世界中の海から海水採取し調査した。しかし実験の結果海水含まれる金の量は、当時推定されていた値よりはるかに少なく採算が取れないことが明らかになった。そのためこの計画1926年中止された。 一方で1924年西回り世界一周の旅出て星一招待により、日本にも2か月滞在している。函館叔父ルートヴィヒLudwig Haber)の遭難50周年追悼行事参加したまた、妻のシャルロッテとは性格合わず1929年離婚したシャルロッテとの間には、子供2人(エヴァ・シャルロッテ、ルートヴィヒ・フリッツ)を残している。1920年代フリッツ精力的に活動続けたが、一方で鬱の症状現れ同僚のリヒャルト・ヴィルシュテッター宛てて、「私は自分の力削ぐ不眠症前妻からの経済的要求未来への不安、自分の人生大きな過失犯したという感情四つの敵と戦っている」と書き記している

※この「資金の調達」の解説は、「フリッツ・ハーバー」の解説の一部です。
「資金の調達」を含む「フリッツ・ハーバー」の記事については、「フリッツ・ハーバー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「資金の調達」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「資金の調達」の関連用語

資金の調達のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



資金の調達のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのベンチャー (改訂履歴)、フリッツ・ハーバー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS