部とは?

ぶ【部】

[音](呉) [訓]べ

学習漢字3年

[一]〈ブ〉

全体いくつかの範囲分けたうちの一つ。「部位部品部分一部下部外部各部患部局部後部細部市部上部深部全部東部頭部内部腹部

役所会社団体などでの組織区分。「部下部隊部長学部幹部支部本部民部編集部

物事整理するための種類分け。「部首部門部類

同類人々集団。「部族

クラブ活動をする団体。「部活野球部

出版物の一まとまり。「部数残部大部

[二]〈べ〉古代職業ともにする人々集団。「語部(かたりべ)・品部(しなべ・ともべ)」

名のり]きつ・もと

難読部曲(かきべ)・倶楽部(クラブ)・服部(はとり)・部屋(へや)


ぶ【部】

【一】[名]

物事いくつか区分した、その一区分。「昼の部」「上(じょう)の部」

著作などをいくつか区分した、その一区分。「春の部」「三部作

官庁会社などの業務組織区分の一。一般に「課」の上。「新設の部」「総務部

会社学校などで、同好の者が作るスポーツ文化関係の団体クラブ。「サッカー部

【二】接尾助数詞書物新聞などを数えるのに用いる。分冊のものは一揃い一部とする。「五〇〇印刷する」「一部五冊からなる


べ【部】

大化の改新以前大和政権に属した人々集団朝廷皇族豪族支配のもとに労力貢物を提供した。朝廷属す品部(しなべ)は馬飼(うまかい)部などのように職能名をつけてよばれ、皇族属す名代(なしろ)・子代(こしろ)や豪族属す部曲(かきべ)は、それぞれ穴穂部蘇我部どのように皇族名や豪族名をつけてよばれた。改新後に部の制度廃止されたが、一部品部雑戸(ざっこ)として存続した。とも。


ぶ【部】

1⃣ 〔名〕

① 一まとまり内容をもつ著作書物冊数巻数などに関係なくいう。

紫式部日記1010頃か)寛弘五年一一月一七日「つくりたる御冊子ども、古今後撰集拾遺抄、そのふどものは五帖につくりつつ」

書物分野範囲

神皇正統記(1339‐43)下「寛平群書治要をさしての給ける、部せばきに似たり

書物区分けしたそれぞれの部分部立

五音曲条々(1429‐41頃)「連歌一座にも、哀傷の部は、はや絶たる分也」

集団組織区分けしたもの会社役所などの業務組織では、普通、局の下で課の上

*航米日録(1860)五「部を分ち、毎部一正首領、一副首領或は数副首領を置き」

(5) 物事を、評価などを基準として区分けしたもの種類部類

草枕(1906)〈夏目漱石〉二「鏡に対ふときのみ、わが頭の白きを喞(かこ)つものは幸の部に属する人である」

(6) 学校などで、正規授業のほかに、運動・学芸などをする団体区分けしたもの。「柔道部」「音楽部」「部活

(7) 大学学部

アメリカ科学ソ連科学(1957)〈茅誠司設備の立派なソ連大学「あの雀ガ岡に新しモスコー大学ができて、そこに自然科学の部が置いてある」

2⃣ 〔接尾(一)①を数えるのに用いる。現代では、雑誌新聞にもいう。書物場合同種異種に関係なく数えるのには「冊(さつ)」を用いるが、「部」は同種のものを数えるときに限られる。

落窪(10C後)三「経一部一日あてて、九部なんはじめたりける」〔杜預春秋左氏伝序〕


べ【部】

〔名〕

令制前、さまざまな職能をもって大和政権奉仕した集団多く伴造(とものみやつこ)に統率されていた。特定の物品貢納するもの(山部土師部など)、宮に出仕して労役奉仕するもの馬飼部鍛冶部など)、服属した地方首長らが差出すもの(舎人部靫負部など)がある。これらは七世紀後半解体したが、その遺制令制中に組み込まれている。→品部(しなべ)・品部(ともべ)。

書紀720雄略七年是歳(前田本訓)「新(いなき)の漢(あや)の陶部(すゑつくりヘ)高貴

令制前、王族管理屯倉(みやけ)、豪族管理田荘(たどころ)に居住耕作従事した農民。→田部(たべ)。

令制前、王族管理民である子代名代の民(白髪部小泊瀬部など)、また、豪族管理民である部曲(かきべ)(=蘇我部大伴部など)。前者には王族の名を、後者には豪族の名を冠する

書紀720允恭一一年三月「則ち諸国の造らに科せて、衣通郎姫為に藤原部(べ)を定む


とも【友・朋・伴・部・侶・共】

〔名〕

[一] 同じ仲間人々ともがら

① (多く連体修飾語を受けて) その仲間である人をさしていう。

(イ) ある同質人々集団連中

万葉(8C後)一・五三藤原大宮仕へ生(あ)れつくや処女(をとめ)が友(とも)は羨(とも)しきろかも」

(ロ) 令制前、伴造(とものみやつこ)に管掌されて、一定の職能をもって大和王権仕え集団貢納奉仕により大王仕えた。→伴緒(とものお)・伴部(とものみやつこ)。

古事記(712)中・歌謡「島つ鳥 養(うかひ)が登母(トモ) いま助(す)けに来ね」

② その者・物と同質で同じ集団構成する要員をさしていう。仲間。つれ。

伊勢物語(10C前)八「あづまの方に行き住み所求むとて、ともとする人ひとりふたりして行きけり」

親しく交わる相手友人友だちまた、一般に、生活行動いっしょにするもの、慰めとなる対象などをさしていう。

書紀720雄略七年是歳(前田本訓)「盛りに稚媛を朋友(トモ)に称(ほめかた)りて曰はく

源氏100114頃)明石「ただゆくへなき空の月日の光ばかりを故郷(ふるさと)の友とながめ侍に」

[二] (共) いっしょ同一また、同じ性質であること。→共に。

巷談本牧亭(1964)〈安藤鶴夫梅雨また…「紺のレイン・コートに、とものベレ・ハンティングをあみだにかぶった男が入ってきた」

[三] ⇒とも(共)〔語素


読み方:ベ(be

大化前代朝廷豪族集団として支配されていた人たち。


ベ 【部】

大和朝廷時代官人人民集団に付せられた呼称。「とも」ともいう。百済の部制をまねたものらしい。部には祖神があり(忌部太玉命祖神とする如く)、それを守護神と仰いだ。部は大化改新廃止神道では五部神定めて諸神の長とする。→ 天孫降臨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/08 07:32 UTC 版)

部分のことを指し、次の意味がある。




「部」の続きの解説一覧

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



部と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「部」に関係したコラム

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

  • 資産バリュー株の見つけ方

    資産バリュー株とは、企業の資産価値から見て株価の安い、いわゆる割安株のことを指します。資産バリュー株は、資産の数値だけで見つけることは困難で、資産を用いた指標などから見つけるのが一般的です。資産を用い...

  • 収益バリュー株の見つけ方

    収益バリュー株とは、企業の純利益から見て株価の安い、いわゆる割安株のことを指します。収益バリュー株は、純利益の数値だけで見つけることは困難で、純利益を用いた指標などから見つけるのが一般的です。純利益を...

  • FXやCFDのチャートクラフト方式とは

    FXやCFDのチャートクラフト方式とは、ポイントアンドフィギュアでトレンドラインを引く方法のことです。チャートクラフト方式は考案者のコーエンの名をとって、コーエン方式ともいいます。チャートクラフト方式...

  • 株式投資を1000円から始めるには

    株式投資は、10万円、100万円単位のお金が必要というイメージがありますが、実は、わずか1000円から始めることができます。株式投資を1000円から始めるには、いくつかの条件があります。まず、株式の売...

  • 為替の変動要因となる経済指標の一覧

    世界各国の発表する経済指標は、為替の変動要因の1つとされています。その中でもアメリカ合衆国やEU諸国など、主要国と呼ばれる国々の発表する経済指標は、米ドル、ユーロなどの主要通貨に影響を及ぼすことがあり...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「部」の関連用語

1
72% |||||

2
70% |||||

3
70% |||||

4
70% |||||

5
70% |||||

6
70% |||||

7
70% |||||

8
70% |||||

9
70% |||||

10
70% |||||

部のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



部のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS