はしとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > はしの意味・解説 

はし【橋】


はし【端】

《「はじ」とも》

中央中心からいちばん離れ部分

細長いものの先端末端。「棒の端」「行列の端」

㋑ある場所や空間内の周辺に近い部分。「手紙の端に書き添える」「部屋の端に寄せる」

物を切り離したうちの、小さい方。切れはし。「革の端」

物事の、核心から遠い部分。重要でない部分また、全体の中の一部分。「言葉の端をとらえる」

物事初め部分順序の1番目。「問題端から解く」「聞いた端から忘れる」

建築物で、外に面した所。表に面した部屋出入り口や廂(ひさし)・縁側簀子(すのこ)など。

「—に出でゐて、…頭かい梳(けづ)りなどしてをり」〈大和・一四九

書物などの冒頭また、序文

「—に書くべきことを奥に書き」〈賀茂女集〉

物事のおこりはじめ。端緒また、とっかかり

逢ひ見むと言ひ渡りしは行く末物思ふことの—にぞありける」〈千載・恋四〉

中途半端の意で、自分地位身分などを謙遜していう語。はしくれ

「木にもあらずにもあらぬ竹のよの—に我が身はなりぬべらなり」〈古今・雑下〉

端女郎(はしじょろう)」の略。

「あの太夫の—へ下りるは間のないこと」〈浮・万金丹・一〉

10 (「端に」の形で接続助詞的に用いて)…する間に、一方では。…するかたわらで。

「うち嘆き萎(しな)えうらぶれ偲(しの)ひつつ争ふ—に木の暗(くれ)の四月立てば」〈・四一六六〉


はし【×嘴/×觜】

《「端(はし)」と同語源》くちばし。「鶍(いすか)の—」

「まがりたる—を開きて」〈鴎外文づかひ


はし【波斯】


はし【橋】

道路鉄道水路などを、川や谷、また他の交通路の上などに通す際、その通路としてかける構築物橋梁(きょうりょう)。

[補説] 書名別項。→橋

[下接語] 浮き橋大橋掛け橋(かささぎ)の橋・唐(から)橋・反り橋八つ橋(ばし)石橋板橋一本橋仮橋木橋(けた)橋・桟橋思案橋太鼓橋綱橋釣り橋・土(ど)橋・どんどん橋縄橋跳ね橋・船(ふな)橋・丸木橋眼鏡橋廊下橋


はし【階/×梯】

(階)庭から建物上がる階段きざはし

「—を三段登る」〈鴎外山椒大夫

)はしご。かけはし


はし【箸】

食物などを挟むのに用いる2本で一対の細い棒。木・竹象牙(ぞうげ)などで作る

[下接語] (ばし)一本箸祝い箸移り箸苧殻(おがら)箸・金(かな)箸・香(こう)箸・(さい)箸・挵(せせ)り箸・雑煮箸竹箸・床(とこ)箸・取り箸握り箸塗り箸火箸太箸惑い箸柳箸利休箸渡り箸割り箸


は・し【愛し】

[形シクいとしい愛すべきである。かわいらしい。

「み吉野玉松(え)は—・しきかも君がみ言を持ちて通はく」〈万・一一三


は‐し

係助詞「は」に副助詞「し」が付いたもの体言を受け、そのことをとり立てて強調する。

万葉(8C後)一二二九八五「梓弓末者師(はシ)知らず然れどもまさかは吾に寄りにしものを」


はし【嘴・觜】

〔名〕 (「はし(端)」と同語源) くちばし

伊勢物語(10C前)九「白き鳥のはしと脚と赤き」


し【愛】

〔形シク

いとおしい。かわいらしい。慕わしい。→はしきやし

万葉(8C後)三・四七四「昔こそよそにも見しか吾妹子奥つ城と思へば波之吉(ハシキ)佐宝山

美しい。

邪宗門(1909)〈北原白秋魔睡邪宗門秘曲「かの美(ハ)しき越歴機の夢は」

[補注]ウルハシのハシ同根か。平安時代以後は①の意ではカナシ、ウツクシが栄えた。現代語カワイイ連なるカハユシは中世以後見られる


はし【橋】

〔名〕

主として水流や谷に、また他の交通路の上架設して、通路などとするもの。橋梁

書紀720皇極二年二月図書寮本訓)「大臣の橋(ハシ)を渡る時」

殿舎をつなぐ、①状の渡殿橋廊

(10C終)一四二「はしの板を踏み鳴らして、声あはせて舞ふほどもいとをかしきに」

宮中清涼殿から紫宸殿通ず渡り廊下長橋(ながはし)。

後二条師通記永保三年(1083)正月二日雪降、拝間天晴、如常率馬、右大臣橋下一度

④ 能の舞台楽屋をつなぐ通路初期歌舞伎舞台にもあったが、後に名だけが残った橋掛(がか)り。

花鏡(1424)時節当感事「凡、橋がかりは、はしを三分一ほど行き残して、一声をば出すべし」

(5) 両者の間に立ってなかだちをすること。仲介。→橋を渡す

(6) 「はし(階)」のあて字

今昔1120頃か)二七「橋の許に寄来て跪(ひざまづき)て居たり」


はし【波斯】

中国六朝・隋・唐時代におけるササン朝ペルシア呼称。のちにペルシア地方汎称波斯国。〔管蠡秘言(1777)〕


し【疾】

〔形シク速い勢いがよい。とし。

万葉(8C後)一二・三〇二五「石ばしる垂水水の早敷(はしき)やし君に恋ふらく吾が情(こころ)から」


はし【端】

〔名〕 (「はじ」とも)

物事の末の部分

(イ) 細長い物の末の部分また、平らな物などの周辺部分。へり。ふち。さき。

書紀720)一五・顕宗元年二月寛文版訓)「縄の端(ハシ)に鐸(ぬりて)を懸けて

源氏100114頃)空蝉「このきはに立てたる屏風はしのかたおしたたまれたるに」

(ロ) 特に、畳のへり。また、敷物などの縁。

(10C終)二七八「畳一ひらをながさまにはしをはしにして、長押(なげし)の上敷きて」

(ハ) 物を切り離した、小さいほうの部分切れっぱし断片

蜻蛉(974頃)上「脛を布のはしして引きめぐらしたるものども

(ニ) 多くある物の中の一部分また、ひとつのまとまりをなしているものの一部分

蜻蛉(974頃)上「おほかたふるものがたりのはしなどをみれば」

(ホ) 同じ種類物の中の末梢的事柄取るに足りない存在だが、一応はその部類にはいっている人や物。はしくれ

今昔1120頃か)五「其に我もの端也」

(ヘ) 物事の大切でない部分枝葉末節

平家13C前)四「僉議はしおほし。夜のふくるに、いそげやすすめ」

② ある場所を中心としてその周辺部分

(イ) 中心からはずれた隅の方の場所。末端の方の場所。

*虎明本狂言雁盗人室町末‐近世初)「けんくゎのうちに、こなたの御手がたなのはしへまいったを見ましたが」

(ロ) 家屋中央や奥に対して外側周辺の所。また、その部屋寝殿造りでは、廂の間簀子(すのこ)などをさす。

大和(947‐957頃)一四九「はしにいでゐて、月のいといみじうおもしろきに、頭かい梳(けづ)りなどしてをり」

(ハ) 家屋出入り口のほう。玄関など。

うたたね1240頃)「ただ今も出でぬべき心地して、やをらはしを開けたれば、晦日比の月なき空に雨雲さへたち重なりて」

物のはじめ部分

(イ) 書物のはじめの部分。序。また本文冒頭部分

中右記長治二年(1105)九月五日禁中殿上人御書所第一令書写、第一巻端二枚主上宸筆令書写御也」

(ロ) 文書手紙などの右端左端を奥というのに対していう。

平家13C前)三「奥よりはしへよみ、端より奥へ読けれ共」

物事の起こるはじめ。物事の起ころうとするしるし。いとぐち。きざし。端緒兆候

源氏100114頃)若菜下「などか、なのめにて、なほ、この道を通はし知るばかりのはしをば知りおかざらむ」

太平記14C後)一一「御泪の故(もと)と成し山雲海月の色、今は龍顔悦ばしむる端(ハシ)と成て」

(5) (「間」の字をあてることがある) ある物事が行なわれたちょうその折。…する間に一方で。あいだ。きわ。まぎわ。

万葉(8C後)一九・四一六六「うち嘆き しなえうらぶれ しのひつつ あらそふ波之(ハシ)に」

(6) いいかげんに扱われるような、つまらないもの。また、二つのものの中間的存在どっちつかず中途半端なこと。

万葉(8C後)一四・三四〇八「新田山嶺には着かなな我(わ)に寄そり波之(ハシ)なる児らしあやに愛(かな)しも」

(7) 中心ではない、ちょっとした部分。ちょっと表われ部分

浄瑠璃曾根崎心中(1703)「のちに知らるることばのはし

(8)はしじょろう端女郎)」の略。

浮世草子好色訓蒙図彙(1686)上「端は、局に立給ふ御方也、端居の儀也」


はし【箸・筯】

〔名〕 物をはさみ取るのに用い二本の細い棒。ふつう、食物をはさむものをいい、木、竹、象牙などで作るまた、火などをはさみ取る金属製のものなどもある。

古事記(712)上「此の時箸(はし)其の河より流れ下りき」


はし【階・梯】

〔名〕

① (階) 庭から屋内上る通路として設け階段きざはしきだはしあがりだん。〔十巻本和名抄(934頃)〕

古今著聞集(1254)五「式部はしのかたをみいだしてゐたりけるに」

② () はしご。かけはし

書紀720垂仁七年二月熱田本訓)「神庫(ほくら)高しと雖も能く神庫為に(ハシ)を造(たて)る」

大鏡(12C前)二「もののすすけてみゆるところの有ければ、はしにのぼりてみるに」


派し

読み方:はし

サ行変格活用動詞派する」の連用形

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

はし 【橋】

原始人初め倒木などの自然が造った橋を渡ったが、新石器時代頃から人工丸木橋などが見られるようになった中世ヨーロッパの橋は宗教思想とからんで装飾多くなるが、ローマ教皇正式名称であるPontifexmaximus(最高の司教)のPontifexは〈橋を架ける人〉の意であり、これは古代ローマ橋架け人が国家祭祀上の重要人物であるところから、それが国家長の名称となり、教皇もその称号用いようになったのだという。橋はまた地上から天国に至る道とも考えられていた。日本では急流が多いので架橋工事に困難が伴い人柱の話などが伝えられている。橋のたもと女神祀る風から橋姫伝説生まれた。また水神祀る。橋を渡らずに引き返し戻り橋の話などもあるが、橋のところで死者蘇生たとする蘇生譚に由来している。橋は境界としての意味も強いので、橋占の風も生まれた(橋のほとりで往来人の言葉聞き、それで吉凶を占う)。→ 橋姫伝説

はし 【箸】

箸の使用は、物を手でつかむことを忌んだ宗教的理由原因一つではないかといわれる中国にもあるが、日本では食事用のほかに、晴れの儀や行事に用いる。平安時代には大嘗祭宮廷儀式竹箸用い誕生祝食初節句などには柳箸供えられ、月見宴にはの箸を用いた。正月年男の箸を使い、旧六月末に新箸の祝い青箸年取り、などといっての箸を供える地方もある。

盤の端。1筋と9筋のこと。
端角」は、▲9七角などとのぞいた端にいる角のこと。「端玉」は、1筋や9筋に追われた玉のこと。

はし


はし

  1. ポケット。端についているところより。〔不〕

分類


ハシ

読み方:はし

  1. 拘留

分類 ルンペン大阪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

土師

読み方
土師はし

波止

読み方
波止はし

読み方
はし

読み方
はし

読み方
はし

読み方
はし

読み方
はし

読み方
はし

はし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/29 00:31 UTC 版)

はし(ハシ)

  • - 通行のために、道路などの両側を結んでかけわたした構築物。
  • - 食べ物を挟み取って食べるのに用いる、一対の棒。象牙などで作る。
  • - 細長い物の先の方。へり。ふち。きわ。はじ。
  • - はしご。高い所へ登るための道具。二本の長い材に足掛かりとなる横木を何本もとりつけたもの。
  • - くちばし鳥類口器。上下のが突き出して角質でおおわれたもの。
  • - からに上がる階段。きざはし。

関連項目

  • Wikipedia:索引 はし#はし


はし

出典:『Wiktionary』 (2021/12/01 04:32 UTC 版)

名詞:橋

はし

  1. (交通) 谷などの低地水路の、両端比較的高くなっている箇所を結んで、低地降りずに渡るための構築物、又はそのような状態にあるもの。

発音

類義語

翻訳

名詞:箸

はし

  1. 東アジア地域起源とし、現在もその地域中心に広く用いられる食物移動させるのに用い食器一種で、二本一組用いられる棒。

発音

翻訳

名詞:端

はし(「はじ」とも) 

  1. 先んじるものや続くものがない位置始まり終わりかのどれか。

発音

関連語

名詞:嘴・喙・觜

はし

  1. 鳥類くちばし

成句

名詞:梯

はし

  1. はしご

派生語

名詞:土師

はし

  1. 古代土器埴輪製作する職人土師はにしといい、「はにし」が音変化はし, はじ, はぜと呼ばれるようになり、現代日本地名にその名を残している。

関連語

名詞:端

はし

  1. 先端末端
  2. (家の) 外側そとがわちかいところ。
  3. きっかけ
  4. 断片はし
  5. 中途半端

発音

二拍名詞一類(?)

名詞:階

はし

  1. 階段きざはし
  2. 梯子はしご
  3. 位階

名詞:嘴

はし

  1. くちばし

名詞:橋

はし

  1. (交通) かわなどにわたした通路
  2. 御殿御殿とをむす渡り廊下

発音

二拍名詞二類(?)

形容詞:愛し

はし

  1. かわいらしいいとしい

活用

基本形 語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用種類
はし -しく -しく -し -しき -しけれ シク活用
-しから -しかり -しかる -しかれ


関連語











※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



はしと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「はし」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

はしのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



はしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
将棋タウン将棋タウン
Copyright (c)1999-2022 Shogitown. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのはし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのはし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS