筮竹とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > 筮竹の意味・解説 

ぜい‐ちく【×筮竹】

占い用いる、50本の細い竹の棒。竹製のめどぎ。


ぜい‐ちく【筮竹】

〔名〕 うらない用いる竹製の細い棒。竹製のめどぎ。ふつう、五〇本とする。

落語ちきり伊勢屋(1893‐94)〈禽語楼小さん〉「算木筮竹(ゼイチク)を取上げて易を立てれば」


ぜいちく 【筮竹】

易占占筮)に使う細い竹製の棒。ふつう五〇本。元来長命多年植物メドハギマメ科ハギ属)のが使われたが、のち竹で代用した。筮の字は巫があるように、メドハギが神と人との仲介をすることを表している。昔は易占を筮といった。

筮竹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/11 14:09 UTC 版)

筮竹(ぜいちく)とは、易占において使われる50本の竹ひごのようなものである。長さは35cmから55cm程度のものが多く、両手で天策と地策に分けるときに扇形に開きやすいよう、手元に当たる部分をやや細く削ったものもある。算木とともに、易者シンボルとして知られている。竹でないものもすべて含めて(めどき)と呼ぶ。




「筮竹」の続きの解説一覧



筮竹と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「筮竹」の関連用語

筮竹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



筮竹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの筮竹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS