師とは? わかりやすく解説

し【師】

読み方:し

[音](呉)(漢)

学習漢字5年

兵士集団軍隊。「師団王師出師(すいし)」

多くの人々集まる所。「京師(けいし)」

人を教え導く人。先生。「師事師匠師弟師範恩師教師講師(こうし・こうじ)・先師祖師導師法師牧師老師

専門技術をもつ人。「医師絵師技師仏師山師(やまし)・猟師漁師

名のり]かず・つかさ・のり・みつ・もと・もろ

難読師走(しわす・しはす)・塗師(ぬし)・香具師(やし)


し【師】

読み方:し

【一】[名]

学問技芸教授する人。師匠先生。「―の教え

僧・神父・牧師などを敬っていう語。

中国周代軍制で、5旅(りょ)すなわち2500人の称。転じて軍隊。「征討の―を起こす

【二】接尾

技術技芸などを表す語に付いて、その技術専門家であることを表す。「医―」「理髪―」

僧侶神父などの姓氏に付けて尊敬の意を表す。「ホメイニ―」


地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒379-1306  群馬県利根郡みなかみ町師

名字 読み方
もろ
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

読み方
もろ
もろさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 00:50 UTC 版)

日印」の記事における「師」の解説

日印8歳文永8年(1271年)、佐渡ヶ島佐渡国現在の新潟県佐渡市)へ流される途上で越後国寺泊来ていた日蓮会ったことがあるという。そこで日蓮摩訶一丸の名を授けられた。摩訶一丸後に僧となり、正し仏法求めて日本の諸国巡った時、既に日蓮他界した知ったそのため、日印日蓮の弟子六老僧一人である日朗に師事した。そこで法華経の教え極め学識得た

※この「師」の解説は、「日印」の解説の一部です。
「師」を含む「日印」の記事については、「日印」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 08:20 UTC 版)

片山良庵」の記事における「師」の解説

藤原惺窩儒学の師。 渋江正真兵法小幡景憲より学び良庵伝えた、あるいは、北条氏長からその著である兵法書「師鑑」を伝えられ良庵にこれを伝えたという。渋江多数弟子のうち、良庵は「第一の者」であったとされる渋江門人戸田実縄は、対馬府中藩仕え、この学統は同藩にて続いたが、戸田実縄の子孫・戸田暢明が記した本家兵法来歴』によると、この系統においては北条氏長の『師鑑抄』を中心に良庵の『高名穿鑿帳』なども伝書として伝授の対象とされた。 北条氏長甲州流軍学大成した小幡景憲弟子で、北条流軍学の祖。良庵氏長弟子という。良庵は、小幡景憲北条氏長両者の編になる『高名穿鑿帳』を補遺している。

※この「師」の解説は、「片山良庵」の解説の一部です。
「師」を含む「片山良庵」の記事については、「片山良庵」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 02:50 UTC 版)

双星の陰陽師」の記事における「師」の解説

参照

※この「師」の解説は、「双星の陰陽師」の解説の一部です。
「師」を含む「双星の陰陽師」の記事については、「双星の陰陽師」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 04:44 UTC 版)

フェルディナント・リース」の記事における「師」の解説

フランツ・アントン・リース(1755年 - 1846年) 父。少年期ヴァイオリンピアノの師。 ベルンハルト・ロンベルク1767年 - 1841年少年期チェロの師。のちに北欧ロシアを共に巡演する。 ヨハン・ティルマン・フォン・ペルツァー(Johann Tilmann von Peltzer, 1739年生まれドイツのオルガニストペーター・ヴィンター1754年 - 1825年ドイツの作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン1770年 - 1827年ピアノの師。 ヨハン・ゲオルク・アルブレヒツベルガー1736年 - 1809年音楽理論作曲の師。

※この「師」の解説は、「フェルディナント・リース」の解説の一部です。
「師」を含む「フェルディナント・リース」の記事については、「フェルディナント・リース」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 23:48 UTC 版)

村正」の記事における「師」の解説

「#合作刀」も参照 前述した通り(#起源および活動時期)、初代村正美濃関出身とする古伝美濃赤坂出身とする古伝がある。関は当然のこと赤坂孫六兼元関物刀工在住していた地である(赤坂赤坂千手院派もいた一大生産地だった)。村正刃文には関伝の影響が濃いことが昔からよく知られていて、さらに表「兼永」裏「於関村正」の銘の刀があるなど、末関との繋がり相当に強いと考えられる。この兼永と村正合作刀は、村正が関の兼永を訪ねて打ったもので、地鉄鑢目などほぼ関風刃文だけが村正風という作品になっている裏銘は「打関村正」であるとも言われる)。また、村正の「正」の字は、坂倉関の一派正吉正善正利など)と酷似し関係があると言われている。小笠原信夫は、村正和泉守兼定技術的交流があったのではないか、としている。和泉守兼定側が村正弟子だったとする説もある(#その他の弟子)。 また、平安城長吉にも師事したとする説がある。京の長吉建武から承和にかけて六角京極菅原長吉」と銘を切った刀工初代とし、二代以降は平安城長吉」と切り、三条吉則の子永正(1504–1521)頃に五代長吉襲名、京から度々出向して奈良三河伊勢に駐したことがある小城藩鍋島氏伝わ妙法村正1513年)の倶利伽羅彫刻は、長吉一派彷彿とさせる優れた出来栄えであり、佐藤寒山ここからそういう説が生じたであろう考えている。『如手引抄』は長吉村正師事したとするが、福永酔剣は事実はその逆で村正側が五代長吉師事したであろうという。日本刀博物技術研究財団は、村正一派長吉一派には継続的な技術交流があり、ある代の長吉初代村正師事しその後二代村正別の代の長吉師事したのだとしている。 広く流布した説として、初代村正相州五郎入道正宗門人であったとする伝説室町時代末期から既にあり、講談を通して一般に信じられる至ったが、余りに年代開き有り過ぎて事実とは考えられず、完全な創作である。また、仮に村正正宗師事していたとしたら、師の「正」字を名前の下に置くのは偏諱慣例からして侮辱にあたり、到底有り得ないことである。村正特徴的なタナゴ腹と呼ばれるは、相州伝にも多く見られるもので、そこから伝説作られた可能性はある。

※この「師」の解説は、「村正」の解説の一部です。
「師」を含む「村正」の記事については、「村正」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 04:21 UTC 版)

周易上経三十卦の一覧」の記事における「師」の解説

師(し、shī)は六十四卦第7番目の卦。内卦(下)が坎、外卦(上)が坤で構成される通称地水師」。師は軍隊の意味であり、序卦伝によると、あらそいがあると大衆立ち上がるので、訟の次に置かれるという。

※この「師」の解説は、「周易上経三十卦の一覧」の解説の一部です。
「師」を含む「周易上経三十卦の一覧」の記事については、「周易上経三十卦の一覧」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 23:46 UTC 版)

高松寿嗣」の記事における「師」の解説

前述の通り高松には3人の師がいた。水田太郎忠房からは高木楊心流を、石谷松太郎隆景からは高木楊心流九鬼神伝流義鑑流を、戸田真竜軒正光からは神伝不動流や戸隠流玉心流雲隠流虎倒流玉虎流を、それぞれ習った

※この「師」の解説は、「高松寿嗣」の解説の一部です。
「師」を含む「高松寿嗣」の記事については、「高松寿嗣」の概要を参照ください。


?師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 22:37 UTC 版)

ワールド・デストラクション」の記事における「?師」の解説

貴。既にモルテ殺害されているため詳細不明

※この「?師」の解説は、「ワールド・デストラクション」の解説の一部です。
「?師」を含む「ワールド・デストラクション」の記事については、「ワールド・デストラクション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「師」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/12/03 12:59 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. 自分教え導いてくれる人。
    と仰ぐ。

関連語

接尾辞

  1. 師匠宗教指導者などにつける敬称

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「師」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「師」に関係したコラム

  • 株式分析の酒田五法の見方

    株式分析の酒田五法は、江戸時代の相場、本間宗久によって考案された投資術です。酒田五法には、「三山」、「三川」、「三空」、「三兵」、「三法」の5つの法則があります。▼三山三山は、チャートの高値圏に出現...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「師」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||

4
100% |||||


6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

師のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



師のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2022 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日印 (改訂履歴)、片山良庵 (改訂履歴)、双星の陰陽師 (改訂履歴)、フェルディナント・リース (改訂履歴)、村正 (改訂履歴)、周易上経三十卦の一覧 (改訂履歴)、高松寿嗣 (改訂履歴)、ワールド・デストラクション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS