英国王室とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 英国王室の意味・解説 

英国王室


イギリス王室

(英国王室 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/28 15:23 UTC 版)

イギリス王室(イギリスおうしつ、: British Royal Family)は、イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)の君主および王族の総称。


  1. ^ a b c 君塚直隆「ヨーロッパ王室における「譲位」の現状」『中央公論』2016年9月号 p.46
  2. ^ Succession”. royal.uk. 2021年8月4日閲覧。
  3. ^ a b “Who's who in the House of Windsor: Queen Elizabeth II's line of succession”. CNN. (2021年6月7日). https://edition.cnn.com/2020/02/14/world/royal-family-line-of-succession-whos-who/index.html 2020年8月4日閲覧。 
  4. ^ The Line Of Succession”. www.debretts.com. 2021年8月4日閲覧。
  5. ^ The Royal Family”. royal.uk. 2021年8月3日閲覧。
  6. ^ Lord Chamberlain's Diamond Jubilee Guidelines”. 2013年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月11日閲覧。
  7. ^ “Just How Rich Are Queen Elizabeth And Her Family?”, Forbes , (2011年4月22日), http://www.forbes.com/sites/luisakroll/2011/04/22/just-how-rich-is-queen-elizabeth-and-her-family/ 2011年9月3日閲覧。 
  8. ^ Annual Reports of Duchy of Lancaster, Duchy of Lancaster, http://www.duchyoflancaster.com/management-and-finance-2/accounts-annual-reports-and-investments/ 2011年8月14日閲覧。 
  9. ^ Annual Reports of Duchy of Cornwall, Duchy of Cornwall, http://www.duchyofcornwall.org/managementandfinances_finances_analysis.htm 2011年8月14日閲覧。 
  10. ^ 字下げ(インデント)は子の世代を表す。
  11. ^ Cassell Bryan-Low, Alistair MacDonald, Jeanne Whalen (2011年4月29日). “結婚式で節目迎える英国「王室株式会社」”. WSJ日本版. オリジナルの2011年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110501234225/http://jp.wsj.com/Life-Style/node_230012 2020年3月11日閲覧。 



英国王室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 16:02 UTC 版)

ジェニー・シリーズ」の記事における「英国王室」の解説

エリザベス2世 英国女王ジェニー能力惚れ込んでおり、事あるごとに難題持ち込んでジェニー困らせたり怒らせたりしている。また女王にとってジェニー本音で話が出来相手一人らしく、何かと口実作って自邸呼んでいる。 アーサー 英国王太子長男であり、女王の孫。女王溺愛されていたジェニー惚れており、ジェニー酔い潰して一夜共にするという暴挙に出る。その後ジェニー心を無視して身体奪ったことを謝罪した上で改め求婚しジェニー赴任先であるアフガニスタンまで追いかけてきてしまう。 妊娠していたジェニー戦線離脱した後、兵士としての責任をとるためにアフガニスタンに残るもマスコミから逃れるために本来1期だった任期3期伸びてしまう。 その後ゲリラからの襲撃受けた際、巻き込まれた親子助けようとして死亡したジェニー女性として愛していると思い込んで戦場まで追いかけてきたが、実は傭兵達同類でありジェニーの"炎"に魅せられた一人だったと、死の直前自覚しフレドにもそう告げたフレデリック・ジョン・ヘンリー 愛称フレド女王もう一人の孫。 ジェニー惚れたアーサーサポートしていたが、アフガニスタンまで行ってしまった時には流石に焦りレッドたち傭兵護衛として雇い入れた。リズ・ローズにマザコンゆえの恋心を抱くもそれを疎んだ彼女に嵌められ亡き前夫兄の娘に引き合わされ結婚させられそうになるが、完結巻でグラストン男爵令嬢レベッカ出会う当初は彼女をイモ娘と嫌悪したが、牧場仕事等をテキパキとこなす彼女に次第惹かれ愛し合うようになり、結婚して長男フランシス儲けた

※この「英国王室」の解説は、「ジェニー・シリーズ」の解説の一部です。
「英国王室」を含む「ジェニー・シリーズ」の記事については、「ジェニー・シリーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「英国王室」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「英国王室」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「英国王室」の関連用語

英国王室のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



英国王室のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイギリス王室 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジェニー・シリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS