騎士鉄十字章とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 評価・級 > 栄典 > 勲章 > ドイツの勲章 > 騎士鉄十字章の意味・解説 

騎士鉄十字章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/16 00:25 UTC 版)

騎士鉄十字章:Ritterkreuz des Eisernen Kreuzes)は第二次世界大戦中にナチス・ドイツにより制定された鉄十字章の一種である。日本では「騎士鉄十字章」と訳されることが多いが[1][2]、正確には「鉄十字章の中の騎士十字章」である[3]




  1. ^ a b c d e f g h 後藤(2000)、p.106
  2. ^ a b c 『欧州戦史シリーズVol.5 北アフリカ戦線』学研(1998)、p.107
  3. ^ a b c ウィリアムソン(1995)、p.9
  4. ^ a b ウィリアムソン(1995)、p.10
  5. ^ a b c d e f g 『欧州戦史シリーズVol.5 北アフリカ戦線』学研(1998)、p.106
  6. ^ 後藤(2000)、p.43
  7. ^ ウィリアムソン(1995)、p.5
  8. ^ a b c ウィリアムソン(1995)、p.17
  9. ^ a b ウィリアムソン(1995)、p.19
  10. ^ 後藤(2000)、p.108
  11. ^ a b ウィリアムソン(1995)、p.19-20
  12. ^ ウィリアムソン(1995)、p.13
  13. ^ a b 後藤(2000)、p.137
  14. ^ 後藤(2000)、p.99
  15. ^ a b c ウィリアムソン(1995)、p.11
  16. ^ 山下(2011)、下巻p.118
  17. ^ 山下(2011)、下巻p.116, 122
  18. ^ ウィリアムソン(1995)、p.13-15
  19. ^ 山下(2011)、下巻p.116
  20. ^ ヴァッカー(2007)、p.289, 291
  21. ^ a b c ウィリアムソン(1995)、p.16
  22. ^ ウィリアムソン(1995)、p.31
  23. ^ 階級は授与時のもの
  24. ^ 英語版のList of foreign recipients of the Knight's Cross of the Iron Cross(外国人の騎士鉄十字章受章者の一覧)
  25. ^ a b c d 後藤(2000)、p.110
  26. ^ ウィリアムソン(1995)、p.22
  27. ^ a b ウィリアムソン(1995)、p.25
  28. ^ 後藤(2000)、p.113
  29. ^ ウィリアムソン(1995)、p.26
  30. ^ ウィリアムソン(1995)、p.181
  31. ^ ウィリアムソン(1995)、p.27
  32. ^ 後藤(2000)、p.115
  33. ^ Dietrich Maerz (2007). The Knights Cross of the Iron Cross. B&D Publishing. ISBN 978-0-9797969-0-6.
  34. ^ ウィリアムソン(1995)、p.172
  35. ^ a b c d 後藤(2000)、p.117
  36. ^ a b c ウィリアムソン(1995)、p.28
  37. ^ ウィリアムソン(1995)、p.29
  38. ^ a b c 後藤(2000)、p.130
  39. ^ 山下(2011)、下巻p.122-123
  40. ^ a b 山下(2011)、下巻p.123


「騎士鉄十字章」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「騎士鉄十字章」の関連用語

騎士鉄十字章のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



騎士鉄十字章のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの騎士鉄十字章 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS