運動競技とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 運動 > 運動競技の意味・解説 

うんどう‐きょうぎ〔‐キヤウギ〕【運動競技】

読み方:うんどうきょうぎ

一定の規則に従って身体の運動にかかわる技能などを競うもの。スポーツ

「運動競技」に似た言葉

運動競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/20 03:22 UTC 版)

ジョン・デュポン」の記事における「運動競技」の解説

デュポン母の死により受け継いだニュートンスクウェアにある440エーカーものリスターホール農場を、高度な設備レスリング施設変え、アマチュアレスラーに開放した彼は父が持っていた競走馬にちなんで、私的なレスリングチームを「フォックスキャッチャー」と名付けたデュポンオリンピック目指す水泳レスリングトレーニングセンター作りそれらの競技大会スポンサーにもなった。また、オリンピック金メダリストであるレスリング選手兄弟、デイヴ・シュルツ、マーク・シュルツ、そしてデイヴの妻に敷地内住居提供したシュルツチームフォックスキャッチャー」のコーチ務めたデュポンレスリング水泳トラック競技近代五種スポンサーとなった近代五種各競技ランニング水泳射撃それぞれ宣伝するイベント開いたりもした。自身競技を行うことにも興味示し高校生時に少しやったきりであるレスリング競技50代になってから取り組んだりもした。55歳ときには競技大会にも出始め1992年コロンビアカリ開かれたシニア世界大会出場したのを皮切りに1993年1994年1995年大会にも出場した

※この「運動競技」の解説は、「ジョン・デュポン」の解説の一部です。
「運動競技」を含む「ジョン・デュポン」の記事については、「ジョン・デュポン」の概要を参照ください。


運動競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/14 16:06 UTC 版)

パシフィック大学 (オレゴン州)」の記事における「運動競技」の解説

パシフィック大学の運動競技プログラムは、北西部協議会Northwest Conference)のNCAA Division III属する。パシフィック大学1926年の同カンファレンス設立時設立メンバーの1校であった20競技種目プログラムがある。男子では野球バスケットボールクロスカントリーアメリカンフットボールゴルフ、サカー、水泳テニス陸上レスリングがあり、女子バスケットボールクロスカントリーゴルフラクロスソフトボールサッカー水泳テニス陸上バレーボールレスリングである。2009年5月22日大学2010年よりアメリカンフットボールプログラムを再び提供する通達した。 パシフィック大学女子レスリングプログラムは、アメリカ国内大学による資金援助を受けている僅か5つ代表チーム一つ数えられている。同チームは、2007年始まった国立大学レスリング連盟女子区分所属している。 フォレストグローブ・キャンパスの他の建物と同様に、パシフィック大学運動施設もここ10年大きな改築変化見た大学の主要運動施設である「パシフィック運動競技センター」は2000年大規模な改築工事行った2008年には「リンカーンパーク運動競技複合施設」が完成パシフィック大学とフォレストグローブ市がパートナーシップを組むこの施設は、フィールドターフ呼ばれるサッカー・ラクロス場、9つレーン有するトラック新し野球スタジアム、ソフトボールスタジアムを収めている2008年10月には、キャンパス北東部に「プレクシペーブ」と呼ばれる6面テニスハードコート建設工事開始された(4月までに完成予定)。

※この「運動競技」の解説は、「パシフィック大学 (オレゴン州)」の解説の一部です。
「運動競技」を含む「パシフィック大学 (オレゴン州)」の記事については、「パシフィック大学 (オレゴン州)」の概要を参照ください。


運動競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/07 14:35 UTC 版)

コーバン大学」の記事における「運動競技」の解説

コーバン大学運動チームWarriorsとして知られているスクールカラ濃紺と金色である。コーバン大学National Association of Intercollegiate Athleticsの加盟校として、13チーム大学競技参加している。NAIAの中でCascade Collegiate Conference所属し野球ソフトボールバレーボールバスケットボールサッカーゴルフトラック&フィールドクロスカントリー出場している。

※この「運動競技」の解説は、「コーバン大学」の解説の一部です。
「運動競技」を含む「コーバン大学」の記事については、「コーバン大学」の概要を参照ください。


運動競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/07 01:31 UTC 版)

ジェームズ・マディソン大学」の記事における「運動競技」の解説

ジェームズ・マディソン大学の全スポーツチームは「デュークス」というチーム名使用し紫色の肩マント王冠に身を包んだ灰色ブルドッグである、「デューク・ドッグ」が大学マスコットである。なお、「デューク」という名称は2代目学長であったサミュエル・ペイジ・デュークに因み名づけられたものである大学スポーツチーム全米大学体育協会(略称:NCAA, National Collegiate Athletic AssociationディビジョンIアメリカン・フットボールチームディビジョンI-AA)に参加している他、植民体育協会アメリカ東部体育協会、またアメリカン・フットボールチームはアトランティック・テン・カンファレンスに参加している。学生それぞれアメリカン・フットボールバスケットボールサッカー水泳ダイビングアーチェリーフェンシング体操バレーボールレスリング野球女子ラクロスフィールドホッケートラック&フィールドソフトボール等の競技参加している。

※この「運動競技」の解説は、「ジェームズ・マディソン大学」の解説の一部です。
「運動競技」を含む「ジェームズ・マディソン大学」の記事については、「ジェームズ・マディソン大学」の概要を参照ください。


運動競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/14 00:16 UTC 版)

リンフィールド・カレッジ」の記事における「運動競技」の解説

リンフィールド・カレッジのアメリカンフットボールチーム「ワイルドキャット」は、全レベルNCAAの中でも最も長い連勝記録保持するチームである。2009年現在、同チーム54シーズンの連勝達している。リンフィールドこれまでにアメリカンフットボールで4回の全米制覇NCAA Division III: 2004, NAIA Division II: 1982, 1984, 1986)、ならびに野球で2回を全米制覇NAIA Division II: 1966, 1971)を達成した2007年5月リンフィールドのソフトボールチームは2007年度NCAA Division IIIのソフトボールチャンピオンシップで優勝した2009年では、リンフィールドのアメリカンフットボールチームが12-1成績収め、第33カンファレンス・チャンピオンとなった。同チームその後NCAA Division IIIの上位4傑として準決勝戦進出したリンフィールド多くの選手スポーツ界輩出している。野球界では元ニューヨーク・ヤンキーススコット・ブロシアスがいる。ブロシアスは現在、リンフィールド野球ヘッドコーチ務めている。また、アメリカンフットボール界では元サンディエゴ・チャージャーズのブレット・エリオットもリンフィールド卒業生で、在学中2004年チャンピオンシップ出場チームクオーターバック務めた。元マイアミ・ドルフィンズ総括マネージャーのランディ・ミュラーは、リンフィールド在学中1982年度NAIAチャンピオンシップ出場チームクオーターバック務めていた。 リンフィールド・カレッジは、野球男子バスケットボール女子バスケットボールクロスカントリーアメリカンフットボール男子ゴルフ女子ゴルフ女子ラクロス女子サッカー男子サッカーソフトボール水泳女子テニス男子テニス陸上女子バレーボール大学スポーツチーム擁する。 リンフィールド・カレッジ・ワイルドキャット・チャンピオンシップ リンフィールド・スポーツ統計 年度 スポーツ種目 コーチ 開催地 協会部門 1966 野球 ロイ・ヘルザー NAIA Division II 1971 野球 アド・ラッチマン NAIA Division II 1982 アメリカンフットボール アド・ラッチマン オレゴン州マクミンビル市 マクスウェル・フィールド NAIA Division II 1984 アメリカンフットボール アド・ラッチマン オレゴン州マクミンビル市マクスウェル・フィールド NAIA Division II 1986 アメリカンフットボール アド・ラッチマン オレゴン州マクミンビル市マクスウェル・フィールド NAIA Division II 2004 アメリカンフットボール ジェイ・ローシー バージニア州セイラムNCAA Division III 2007 ファストピッチ・ソフトボール ジャクソン・ヴォーン バージニア州セイラム市モイヤー・スポーツ・コンプレックス NCAA Division III

※この「運動競技」の解説は、「リンフィールド・カレッジ」の解説の一部です。
「運動競技」を含む「リンフィールド・カレッジ」の記事については、「リンフィールド・カレッジ」の概要を参照ください。


運動・競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 20:52 UTC 版)

「唐」の記事における「運動・競技」の解説

狩猟盛んで遊牧民族文化の影響強く、唐の皇帝狩猟を好むものが多かったそのため、皇族貴族大勢率いて狩猟出かけた皇帝狩猟には宮女同行し女性のみの集団で狩猟を行うこともあった。鷹狩りのための捕り飼育する技術大い向上していた。 ポロは、「打毬戯」と呼ばれ中国では唐代ら行われた。皇帝貴族文官武官女性までが行い、楽しんでいた。皇帝では、玄宗親王時代から長じ宣宗僖宗皇帝時に楽しんでいる。唐と吐蕃とでチーム組まれ勝負することもあった。宮中の庭では毬場が作られ貴族官僚邸宅の庭にポロの毬場をもつ者もいて、地方都市にも地方官管理のもとに毬場が作られた女性ロバ乗ったり徒歩で行うことが多かったポロ春によく行われ軍人に好まれすぐれた技芸を誇るものあった。 蹴鞠は「打毬」とも呼ばれ古来から行われ地面浅く掘らずに、塀で囲まれ専用の毬場がつくられた。春にしばしば遊ばれ二人で遊ぶものを「白打」、会として行うものを「員社」と呼んだ妓女にも優れた技量を持つものがいた。 綱引きは抜河と呼ばれ古来から伝わり、主に正月15日の上元節に行事として行われたが、後に期日定めず競技として行われるようになった。綱に直接手をかけるのでなく、小さい綱を大きな綱に結んで引き、勝敗決めた宮廷高官宮女加わって行うこともあった。玄宗時代にしばしば行われ、長安では千人上が集まって競うこともあった。 ブランコ(蕩鞦韆)は、女性や子供に好まれ髪飾りが落ちるほどの高さを競って遊んだ宮中にはブランコ作られ宮女が遊ぶ風景見て玄宗空を飛ぶ仙人なぞらえて半仙戯」と名付けた。これは民間にも伝わり半仙戯」と呼ばれるようになった角觝は、「角力」、「相撲」とも呼ばれる格闘技である。古来から伝わり唐代でも軍人の間などで見物客の前で行われ宮中にも皇帝仕え名手がいて、何百人の弟子を持つものもいた。角觝は、散楽含まれ見せ物娯楽にもなった。

※この「運動・競技」の解説は、「唐」の解説の一部です。
「運動・競技」を含む「唐」の記事については、「唐」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「運動競技」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「運動競技」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



運動競技と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「運動競技」の関連用語

運動競技のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



運動競技のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジョン・デュポン (改訂履歴)、パシフィック大学 (オレゴン州) (改訂履歴)、コーバン大学 (改訂履歴)、ジェームズ・マディソン大学 (改訂履歴)、リンフィールド・カレッジ (改訂履歴)、唐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS