アナウンスとは?

アナウンス【announce】

[名](スル)

放送によってニュース案内などを告げること。また、その放送。「到着時刻をアナウンスする」「場内アナウンス」

公表すること。正式に発表すること。「政府からのアナウンス」


アナウンス

作者赤松麟児

収載図書ゆきのまち幻想文学賞小品集 7
出版社NTTメディアスコープ
刊行年月1997.11


放送

(アナウンス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 09:04 UTC 版)

放送(ほうそう、: broadcasting)とは、ラジオテレビジョンを用いて番組情報などを伝えること[1]


  1. ^ [1]
  2. ^ あまりに一方向的すぎ、双方向性が欠如し、相互理解には程遠いので、「一方向」(一方的であること、視聴者の側から対等に発信ができない)という大きな欠点・弱点を補うために、たとえばラジオでは昔から「リスナーからのお手紙」の紹介や、スタジオとリスナーを電話で繋いでその会話をリアルタイムで放送に乗せたり、テレビでは視聴者をスタジオに招いて出演させたり、最近では視聴者のTwitterでのつぶやきを(テレビ局のスタッフがほぼリアルタイムに選別して)テレビ画面の下部に流す、などという努力も(一部で)行われている。それでもやはり放送というのは、学問的に分類する時は基本的には「一方向のコミュニケーション」に分類される性質のものである。
  3. ^ NHK放送文化研究所」 NHKオンライン、2000年10月1日
  4. ^ a b c d e f 原麻里子、柴山哲也編著『公共放送BBCの研究』ミネルヴァ書房、2011年、38頁
  5. ^ a b 原麻里子、柴山哲也編著『公共放送BBCの研究』ミネルヴァ書房、2011年、39頁
  6. ^ 放送法第93条第1項。
  7. ^ 放送法第126条第1項。
  8. ^ 放送法第133条第1項。
  9. ^ 平成7年郵政省告示第52号 一般放送事業者の行う超短波放送のうちの外国語放送を行う放送局の放送対象地域(総務省電波利用ホームページ 総務省電波関係法令集)
  10. ^ 基幹放送普及計画(昭和63年郵政省告示第660号)(総務省電波利用ホームページ)
  11. ^ 放送法第176条第1項、放送法施行規則第214条第1項。
  12. ^ 放送法第176条第2項及び第3項。
  13. ^ 博士も知らないニッポンのウラ』 30 「超天才Dr.苫米地英人の「洗脳」秘録 苫米地英人」


「放送」の続きの解説一覧

アナウンス

出典:『Wiktionary』 (2020/05/05 23:49 UTC 版)

語源

名詞

アナウンス

  1. (和製英語) 物事公式な形で多くの人へ知らせること。または、そのよう伝えられる知らせ、声、文章

類義語

複合語

翻訳

動詞

アナウンス-する

  1. (他動詞) 公式な形で多くの人へ知らせる。

活用

アナウンス-する 動詞活用日本語活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
アナウンス

する する すれ せよ
しろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 アナウンスしない 未然形 + ない
否定 アナウンスせず 未然形 + ず
自発受身
可能・尊敬
アナウンスされる 未然形 + れる
丁寧 アナウンスします 連用形 + ます
過去・完了・状態 アナウンスした 連用形 + た
言い切り アナウンスする 終止形のみ
名詞化 アナウンスすること 連体形 + こと
仮定条件 アナウンスすれば 仮定形 + ば
命令 アナウンスせよ
アナウンスしろ
命令形のみ

翻訳




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アナウンス」の関連用語

アナウンスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アナウンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアナウンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS