releaseとは? わかりやすく解説

release

別表記:リィリィース

「release」とは、解放公開することを意味する英語表現である。

「release」とは・「release」の意味を詳しく解説

「release」とは、動詞で「解放する」「離す」「公開する」「発散させる」などを意味している。また名詞では「解除」「解放」「発散」「公開」「譲渡」を表わす物事を内から外へ向かって発したり、元ある場所から移動したりする場合用い言葉である。例え音楽作品映像作品発売する時にリリースする」という使い方をする。

「release」の発音・読み方

「release」の発音記号は「rilíːs」と表わし、「リィリィース」と読む。イギリス英語場合rili:s」と発音することもあるが、実際それほど大きな違いはない。

「release」の活用変化一覧

「release」の活用変化を以下にまとめる。

現在形:release(releases)※3人称単数のみreleases
過去形released
未来形:will release
現在完了形:have(has) released3人称単数のみhas
過去完了形:had released
未来完了形:will have released
現在進行形be動詞(am,is,are) releasing※1人称単数am、3人称単数is、それ以外全てare
過去進行形be動詞過去形(was,were) releasing※1人称単数3人称単数was、それ以外全てwere
未来進行形:will be releasing
現在完了進行形:have(has) been releasing3人称単数のみhas
過去完了進行形:had been releasing
未来完了進行形:will have been releasing

名詞:release(releases)※複数形releases

「release」の語源・由来

「release」の語源は、もともと古期フランス語で「解放する」という意味の「relaschier」から来ている。その「relaschier」を構成する「laschier」は「解き放つ」を意味する言葉だったが、ラテン語で「緩める」という意味の「laxo」となり、「lease」へと進化する。さらに「re-」と合わせて「再び緩める」「再び動けるようになる」という意味合い発展し現在の「release」となった

「release」を含む英熟語・英語表現

「release」を含む英熟語英語表現として以下が挙げられる

「be released」とは


be released」とは、「解き放たれる」「免除される」「釈放される」などを意味する。また音楽作品映像作品など発表する場合に「リリースされる」という意味で使われる

「online release」とは


online release」とは、音楽作品映像作品などCDDVDといった記録媒体発売するではなくWeb上で音楽配信動画配信することを表わす用語である。

「new release」とは


new release」とは、作品商品の「新作」「最新版」「新発売」などを意味する。また広報活動目的とした公式文書や資料など総称であり、「プレスリリース」とも言う。

「no release」とは


「no release」とは、作品などを「発表しない」「リリースしない」ことを表わすほか、「解放しない」「釈放しない」といった意味もある。

「本リリース」とは


一般公開する前の報道機関向けた情報告知発表などを「プレスリリース」というのに対し一般に向けて公開あるいは発売することなどを「本リリースと言う

「release」を含むその他の用語の解説

「release」を含む用語について以下で解説していく。

「RELEASE THE SPYCE」とは


RELEASE THE SPYCE」とは、Lay-duce制作によるオリジナルテレビアニメである。女子高生主人公としたスパイアクションとなっており、2018年10月から12月にかけて放送された。略してリリスパ」とも言う。

「release notes」とは


release notes」とは、ソフトウェア製品新たにリリースする際に旧版からの改善点修正点などをまとめた文書資料など表わす利用者購入するための判断基準とするのが主な目的である。簡易的記述されており、それ自体仕様書マニュアル役割成していない。

「release date」とは


「release date」とは、作品商品の「公開日」「発売日」などを表わすほか、情報の「公表日時」などでも用いる。

「release candidate」とは


release candidate」とは、ソフトウェア製品正式にリリースされる前の試作最終段階のものを表わす販売前から期待値が高いものの場合一般に出回ることもあるが製品ではないのでサポートを受けることができないリリース候補版RC版とも言う。

「release」の使い方・例文

・He immediately released the fish he had caught.彼は釣った直ぐに放した
The third album will be released next month.3目のアルバムが来月発売される予定だ。
・The suspect in that case has already been released.あの事件容疑者はすでに釈放された。2300

リリース【release】

読み方:りりーす

[名](スル)

束縛解いて放つこと。解放すること。「釣ったを—する」

音楽アルバムアプリケーションソフトなどを発売すること。情報記事など発表すること。「公演ライブ盤が—される」「プレス—」

コンピューターマウス操作で、押したままの状態にあるマウスボタンから指を放すこと。プレス・ドラッグと組み合わせた操作により、アイコン移動文字列画像範囲指定を行う。


レリーズ【release】

読み方:れりーず

カメラシャッター開閉遠隔操作する器具一般的には、ぶれを防ぐのに用いケーブルレリーズを指す。リモートレリーズ


開放

読み方かいほう
【英】release

開放とは、あるプログラムによって確保されていたメモリー領域を、他のプログラムでも使用できるように、空けることである。


レリーズ

英語 release

切り離すこと。クラッチトランスミッションギヤ選択シフトするときや、変速するときに切る。切れが悪いと、ギヤ入りにくくなり、チェンジレバー操作重くなる。また、レリーズという言葉は、クラッチ部品名称として多く使われている。レリーズレバー、レリーズベアリング、レリーズフォーク、レリーズシリンダーなど。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

5-クロロ-3-メチル-4-ニトロ-1H-ピラゾール

分子式C4H4ClN3O2
その他の名称レレアーセ、Release、5-Chloro-3-methyl-4-nitro-1H-pyrazole、CMNP
体系名:5-クロロ-3-メチル-4-ニトロ-1H-ピラゾール


放出

英訳・(英)同義/類義語:release

一般的にある物質貯蔵組織(庫)から、積極的に外部出されること。
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  接合型  接合子  接着因子  放出  放卵  放射性崩壊  日周期活動

リリース[release]


リリースタイム [release]

鍵盤放してから完全に音が消えるまでの時間を表す。

リリース release

全体 ★★★☆ 60歳以上 ★★☆☆

凡例

発表

久しぶりに自ら手がけた楽曲リリース発表した。

意味説明

作品情報などを発表すること

公開 発売 封切り

プレスリリース報道発表


リリース

(release から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/13 12:59 UTC 版)

リリース英語:release)




「リリース」の続きの解説一覧

Release!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/06 09:51 UTC 版)

Inedo」の記事における「Release!」の解説

イネドは2014年カードゲーム「Release!」を発売した。 「ソフトウェアとそれを開発する人々についての簡単なカードゲーム」として販売された。 キックスターターページは1週間足らず目標額がサポートされ、完全に資金提供されました。

※この「Release!」の解説は、「Inedo」の解説の一部です。
「Release!」を含む「Inedo」の記事については、「Inedo」の概要を参照ください。


Release(旅立たせる)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 07:34 UTC 版)

ブッククロッシング」の記事における「Release(旅立たせる)」の解説

ブッククロッシングゾーンまたは誰かが拾ってくれる場所に本を置く。もしくは直接友人に本を手渡す本のリリース情報本のリリース場所や時間)をHPリリースノート書き込むと他の会員本の所在地検索できる

※この「Release(旅立たせる)」の解説は、「ブッククロッシング」の解説の一部です。
「Release(旅立たせる)」を含む「ブッククロッシング」の記事については、「ブッククロッシング」の概要を参照ください。


Release(余韻)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/16 15:13 UTC 版)

ADSR」の記事における「Release(余韻)」の解説

演奏終了した鍵盤の鍵を離した時点から、音が鳴り終わるまでの時間設定するパラメータピアノなどの生楽器でのSustain相当する

※この「Release(余韻)」の解説は、「ADSR」の解説の一部です。
「Release(余韻)」を含む「ADSR」の記事については、「ADSR」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「release」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「release」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「release」の関連用語

releaseのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



releaseのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ開放の記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2024 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2024 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリリース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのInedo (改訂履歴)、ブッククロッシング (改訂履歴)、ADSR (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS