RC版とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > OSS用語 > RC版の意味・解説 

リリース候補版

読み方リリースコウホバン
略称:RC版
【英】:Release Candidate

製品などの最終状態にきわめて近いテストバージョン。
ベータテストなどのあとに、評価テスト(特に利用者環境でのテスト)を目的に、製品とほぼ同等の状態のバージョン配布されることがあり、そのときバージョンこのように呼ぶ。
ベータテストのあとに、RC版を複数配布する場合は、リリース回数に応じて「RC1」、「RC2」などの番号振られることもある。
企業などでは、独自の環境設定や、独自のソフトウェアなどを利用しており、新しバージョンOS導入前に十分なテスト評価を行う必要があるが、そのためには評価対象製品とほぼ同等なければならないこのため多少バグなどは許容して、仕様的に確定したRC版の試験導入が行われる。
関連見出し
アルファ版
ベータ版

RC版

読み方アールシーばん
【英】Release Candidate version

RC版とは、ハードウエアソフトウエア開発段階のひとつで、製品候補としてのテスト工程に入ったもののことである。

評価段階として関係者などに提供されるベータ版段階終了し、より出荷段階に近づいた、出荷候補release candidate)となるものがRC版であり、さらに改訂作業が進められることとなる。改訂段階に応じてRC 1、RC 2、とバージョン分けされる場合も多い。RC版がテスト終了すれば、製品出荷RTM)版として、製造工程移行されてゆく。


OSどのように強い影響力をもつソフトウエアなどでは、最終的評価テストとして、ユーザー一部にRC版が配布される場合少なくない。これによってユーザー実際に用いる環境での性能検証することもでき、あるいは、マーケティングの手法として有効な販促効果期待できるからである。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「RC版」の関連用語

RC版のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



RC版のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2020
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリRC版の記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS