あるいはとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > あるいはの意味・解説 

ある‐い‐は【×或いは】

読み方:あるいは

動詞「あり」の連体形副助詞「い」係助詞「は」から。本来は、「ある人は」「ある場合は」などの意の主格表現となる連語

【一】[副]

同類事柄列挙していろいろな場合あることを表す。一方では。「—歌をうたい、—笛を吹く

ある事態起こ可能性があるさま。ひょっとしたら。「—私がまちがっていたかもしれない」「明日は—雨かもしれない

【二】[接]同類物事の中のどれか一つであることを表す。または。もしくは。「みりん、—酒を加える」

[補説] 歴史的仮名遣いで「あるひは」と書習慣誤り

[用法] あるいは・また——「多くの主婦が、外で働き、あるいは(または)学習励んでいる」「明日あるいは(または)雪になるでしょう」のように、二つのうちのどちらかということを表す場合は、「あるいは」「または」の両方使える。◇「会議五時終了予定だが、あるいは、三〇分ほど延びるかもしれないのようなもしかすると」の意の副詞用法では、「または」は使えない。◇類似の語に「それとも」がある。「それとも」は「進学するか、それとも就職するか、まだ決めていない」のように疑問の形の文をつなぐときに用いる。この場合、「あるいは」も「または」も使えるが、「それとも」が最も話し言葉的である


あるいは

作者星新一

収載図書ありふれた手法
出版社新潮社
刊行年月1990.11
シリーズ名新潮文庫


あるいは

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 14:09 UTC 版)

接続詞

あるいはいは】

  1. 同類物事内のどれか一つであることを指すまたはそれらを接ぐ語。でなければまたはもしくは

関連語

翻訳

副詞

あるいはいは】

  1. もしかすると。ひょっとしたら
  2. 同類事柄列挙してそれらすべてを含むことを指す。一方では

「あるいは」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

あるいはのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あるいはのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのあるいは (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS