エンドルフィンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学物質 > エンドルフィン > エンドルフィンの意味・解説 

エンドルフィン【endorphin】

読み方:えんどるふぃん

脳・脳下垂体などに含まれ脳内モルヒネ受容体結合して鎮静作用を表す一群ペプチド


エンドルフィン


エンドルフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 16:23 UTC 版)

エンドルフィン(endorphin)は、内で機能する神経伝達物質のひとつである。内在性オピオイドであり、モルヒネ同様の作用を示す。特に、脳内の「報酬系」に多く分布する。内在性鎮痛系にかかわり、また多幸感をもたらすと考えられている。そのため脳内麻薬と呼ばれることもある。


  1. ^ モルヒネはペプチドではなく、動物内では分泌されず、いくつかの植物によってのみ生産される物質である。


「エンドルフィン」の続きの解説一覧

エンドルフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/29 02:50 UTC 版)

阿佐ヶ谷Zippy」の記事における「エンドルフィン」の解説

甲斐 史虎(かい ふみとら) 声 - 井上和彦 凄腕情報屋召喚師24歳血液型AB型Rh+通称ふーみん」。腕はいいが性質の悪い変態男性で、トオル罵倒されるのが生きがいトオルからホモと言われる自分同性愛者という事否定している)自他共に認めるドM」(身体的にはSらしいが)。 2年前からトオル依頼されて、一樹の母・美沙緒の殺害真相調べている。その際に緑川夫人左目奪われ一時的に日本にいられなくなってしまった。 トオルのことを大変気に入っており、熱烈にアピールしている(そのため、トオル一緒にいた女性同性愛者誤解された)も、その愛は報われておらず、むしろ一日一回トオル怒らせている。また、トオル重傷負った時、同じAB型だがRh因子異なるために輸血出来なかったことを非常に残念に思っている理由は、血液トオル一心同体にしようと思っていた)が、当のトオル珍し血液型本当に良かったとのこと。そしてその罵声聞くことが楽しみらしい(ただし、なんでもいいわけではなく犬丸罵声に対してキレていた。彼曰く犬丸罵声は「いぬのふぐり」で、トオル罵声は「ベルベットのような肌触り禁断花園咲き誇る淡いピンク可憐なバラの花」らしい)。そのためにトオルから昭和末期賞味期限切れた京都菓子渡されたこともある。終盤ではトオル両親本気でください」とまで言った彼の集め情報多岐に渡っており、個人弱点までなんでも調べつくしている。ただし、値段はかなり高額だが、初心者向け情報激安である。値段設定独断と偏見らしい。一応情報屋以外にも自らの店で退魔召喚に関する道具取り扱っている。 左目貼ったお札剥がすと、目から怪光線ふーみんビーム)を出す(しかも、トオルが「愛している」と言わない限り止めようとしないので、トオル気絶するまで殴った)。トオル曰くふーみんだけに「甲斐光線」。 たばこは中南海一日1箱。 人気投票では第8位にランクインする

※この「エンドルフィン」の解説は、「阿佐ヶ谷Zippy」の解説の一部です。
「エンドルフィン」を含む「阿佐ヶ谷Zippy」の記事については、「阿佐ヶ谷Zippy」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「エンドルフィン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「エンドルフィン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



エンドルフィンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エンドルフィンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エンドルフィンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエンドルフィン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの阿佐ヶ谷Zippy (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS