アクチビンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > アクチビンの意味・解説 

アクチビン

分子式C27H34O3
その他の名称:アクチビン、ズラボール、ズラボリン、ストラボレン、ナンドロリン、スペラナボロン、ナンドロロンフェンプロピオナート、Activin、Durabol、Durabolin、NSC-23162、Nandrolin、Strabolene、Superanabolon、Nandrolone phenpropionate、17β-(1-Oxo-3-phenylpropoxy)estr-4-en-3-one、19NTPP、ナンドロロンフェニルプロピオナート、フェンボリン、ノルアンドロステノロンフェニルプロピオナート、ノルテストステロンフェニルプロピオナート、ノルアンドロロンフェニルプロピオナート、ネロビル、Nerobolil、Phenobolin、NPP、Nerobil、Nortestosterone phenylpropionate、NTPP、Norandrostenolone phenylpropionate、Norandrolone phenylpropionate、フェノボリン、Nandrolone phenylpropionate、Fenobolin、ネロボリル、17β-Hydroxyestr-4-en-3-one (3-phenylpropionate)、17β-(3-Phenylpropionyloxy)estr-4-en-3-one、19-Nortestosterone 3-phenylpropionate、フェニルプロピオン酸ナンドロロン
体系名:17β-ヒドロキシエストラ-4-エン-3-オン(3-フェニルプロピオナート)、17β-(1-オキソ-3-フェニルプロポキシ)エストラ-4-エン-3-オン17β-(3-フェニルプロピオニルオキシ)エストラ-4-エン-3-オン19-ノルテストステロン3-フェニルプロピオナート


アクチビン

英訳・(英)同義/類義語:Activin

動物ペプチド性ホルモンで、視床下部から分泌され、下垂体前葉からのろ胞子劇ホルモン分泌促進する。

ろ胞刺激ホルモン分泌促進タンパク質

同義/類義語:ろ胞刺激ホルモン放出ホルモン, アクチビン
英訳・(英)同義/類義語:FSH releasing protein, activin

動物ペプチド性ホルモンで、視床下部から分泌され、下垂体前葉からのろ胞刺激ホルモン分泌促進する。
「生物学用語辞典」の他の用語
酵素タンパク質モチーフなど:  ろ胞ホルモン  ろ胞刺激ホルモン  ろ胞刺激ホルモン受容体  ろ胞刺激ホルモン分泌促進タンパク質  アイソザイム  アクチニン  アクチビン

アクチビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/01 19:48 UTC 版)

アクチビン (activin) は卵胞刺激ホルモン (FSH) の合成分泌を促進し、月経周期を調節する役割を持ったペプチドである。インヒビンとは逆の作用を持つ。性腺下垂体胎盤や他の臓器で産生される。






「アクチビン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アクチビン」の関連用語

アクチビンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アクチビンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアクチビン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS