罵声とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音声 > > 罵声の意味・解説 

ば‐せい【罵声】

口ぎたなくののしる声。「罵声を浴びせる


やじ

(罵声 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/27 14:53 UTC 版)

やじ(ヤジ、野次、弥次、英語: jeering ; heckling)は、相手の話を聞いていて、対象の僅かな隙に一瞬疑問系の言葉を浴びせかけること、およびその言葉である。動詞化させやじると用いられる[注 1][1][2][3]議会スポーツ試合、劇場公演など様々な場で発言の合間を縫うように瞬間的に発せられるが、内容や場の礼儀によってしばしば批判され問題とされる。更には、混同されやすいものの行為者が一人であっても継続的に大声を出し続けることで他の人々が聞きに来たのに全く話している内容が聞こえないような状況にする場合、集団でシュプレヒコールを繰り返すことで視聴している周囲を阻害するような場合は「やじ」とは言わずに罵声と呼ばれ、悪意のある妨害行為だとして強く非難される[1][4][5]


注釈

  1. ^ 毎日新聞は野球の試合を例に、マウンドにいる相手の投手に対して投げる前に「キャッチャーまでボールが届くかな?!」と浴びせかけるのを「野次」、自身や味方が死球を受けた際にが投手に対して「おい、お前どこ見て投げとんじゃ!!!この○○!!」と浴びせかけるのは「罵声」としている。

出典

  1. ^ a b “「野次」と「罵声」の違い” (jp). Mainichi Daily News. (2014年7月28日). https://mainichi.jp/articles/20140728/mul/00m/040/00600sc 2020年9月1日閲覧。 
  2. ^ や‐じ【野次/弥次】 デジタル大辞泉
  3. ^ やじ・る【野次る/弥次る】 デジタル大辞泉
  4. ^ 「田中角栄の「経営術教科書」」,小林吉弥, 2016年8月8日,主婦の友社
  5. ^ 「政界往来 第31巻第5-8号」p157,1965年,政界往来社
  6. ^ 首相のヤジ―敵意むき出し華もなし”. 朝日新聞 (2015年2月22日). 2015年2月24日閲覧。
  7. ^ オバマ大統領にやじの共和党議員にけん責決議、米下院”. AFP (2009年9月16日). 2015年2月23日閲覧。
  8. ^ 都議よりさらに酷い国会議員のお下劣ヤジ”. フライデー (2014年7月8日). 2016年4月10日閲覧。
  9. ^ 「日教組!」安倍首相が突然ヤジ 衆院予算委、自民委員長も困惑”. withnews (2015年2月19日). 2015年2月23日閲覧。
  10. ^ 民主議員へのヤジ理由、首相「正確性欠く」と訂正”. TBSニュース (2015年2月23日). 2015年2月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月23日閲覧。
  11. ^ 松本内閣府副大臣が辞表=本会議場のやじに批判”. 時事通信 (2018年1月26日). 2018年1月26日閲覧。
  12. ^ 副大臣「何人死んだ」米軍事故 志位質問に暴言ヤジ”. しんぶん赤旗 (2018年1月26日). 2018年1月26日閲覧。
  13. ^ 地方選挙の記錄 p10.東京都選挙管理委員会 - 1975
  14. ^ 「イタリア:サッカー選手に人種差別的やじ 非難の声広がる」『毎日新聞』2013年1月6日
  15. ^ a b 歌舞伎の掛け声「大向こう」、飛び入りしていい?”. 日本経済新聞 (2013年2月9日). 2015年2月24日閲覧。
  16. ^ 「ヤジに怒った主演歌手、ミラノ『スカラ座』を途中退場」『読売新聞』2006年12月12日


「やじ」の続きの解説一覧



罵声と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「罵声」の関連用語

罵声のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



罵声のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのやじ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS