歎異抄とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > > 歎異抄の意味・解説 

たんいしょう -せう 【歎異抄】

たんにしょう(歎異抄)

たんにしょう たんいせう 【歎異抄】

一巻唯円とされる親鸞没後成立親鸞法語を記し、異端説を批判して、親鸞本来の信仰あり方を説こうとしたもの

歎異抄

読み方:タンニショウ(tannishou)

鎌倉時代仏教書。親鸞述。

別名 歎異鈔


歎異抄

主名称: 歎異抄
指定番号 2514
枝番 00
指定年月日 2000.06.27(平成12.06.27)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 蓮如書写奥書
員数 2巻
時代区分 室町
年代
検索年代
解説文:  『歎異抄』は、親鸞しんらん】(一一七三一二六二年)の直弟子常陸国河和田村住の唯円ゆいえん】(一二二-八九年)の著述書である。序文によれば親鸞没後に、その所説でない異義広める者が多く他力信心を乱す者があるので、直接親鸞から聞いたところに基づいて異義批判して、真実信心明らかにしようとしたものである。
 内容は、前半一〇章の師訓篇と後半八章の異義からなり、師訓篇は親鸞法語抄出し、異義篇は唯円見聞した異義歎き批判している。師訓篇第三章には、「善人ナヲモテ往生ヲトク、イハンヤ悪人ヲヤ」で著名な悪人正機説みられる。その成立時期は、親鸞没後二〇-三〇年後の鎌倉時代中期ころと推定されているが、原本不明である。
 『歎異抄』の写本法然一門流罪記録有無によって二系統大別される。流罪記録のある永正十六年(一五一九)書写の端ノ坊本真宗大谷学園)と、流罪記録のない永正十三年書写専精寺本などが知られる。本書は諸写本中の現存最古写本で、端ノ坊本親本にあたる。
 本書は現在上・下巻からなる巻子装であるが、料紙の綴穴跡などから、本来は袋綴冊子本であったことが知られる。本文料紙には楮紙を用い、半六行に楷書にて書写されている。本文片仮名交り文にて、まま漢字に墨振仮名施している。首題「歎異抄」から始まり、「ナツケテ歎異抄トイフヘシ、外見アルヘカス、ト」までの本文と、法然親鸞等の流罪に関する記録および奥書を完存している。上巻には一八章中の一三章が、下巻には残りの五章および流罪記録収められている。上巻巻頭には、見返白紙があり、次いで「歎異抄一通」(中央)、「蓮如之」(右下)と墨書する原表紙がある。外題の「一通」は追筆である。下巻本文流罪記録との間には白紙が入っている。流罪記録内容は、親鸞についての記載等からみて、浄土真宗にふさわしいものになっている下巻巻末には、本願寺第八蓮如れんにょ】(一四一五-九九年)自筆にて「右斯聖教者、為當流大聖教也、於無宿善機、無左右不可許之者也、釈蓮如花押)」との奥書がある。書写年代はないものの、蓮如花押形態書風などからみて、室町時代中期書写されたと考えられている。

歎異抄

読み方:タンニショウ(tannishou)

分野 仏教

年代 鎌倉中期

作者 唯円


歎異抄

読み方:タンニショウ(tannishou)

作者 野間宏

初出 昭和44年

ジャンル 評論


歎異抄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/24 03:09 UTC 版)

歎異抄』(たんにしょう)は、鎌倉時代後期に書かれた日本仏教書である。作者は、親鸞に師事した唯円とされる。書名は、その内容が親鸞滅後に浄土真宗の教団内に湧き上がった異義・異端を嘆いたものである。『歎異鈔』とも。




  1. ^ 金子大栄 校注『歎異抄』、岩波文庫、1999年8月5日 第93刷、 pp.28-29
  2. ^ 左右無く…「むやみ」にの意。
  3. ^ 松本志郎『新訳 歎異抄』p.12-13
  4. ^ 末木文美士『仏典をよむ』p.241
  5. ^ 『めでたき仏の御ちかいのあればとて、わざとすまじきことどもをもし、おもうまじきことどもをもおもいなんどせば、よくよく、この世のいとわしからず、身のわるきことをもおもいもしらぬにてそうらえば、念仏にこころざしもなく、仏の御ちかいにもこころざしのおわしまさぬにてそうらえば、念仏せさせたまうことも、その御こころざしにては、順次の往生もかたくやそうろうべからん。』(親鸞聖人御消息集(広本)(三))


「歎異抄」の続きの解説一覧



歎異抄と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「歎異抄」の関連用語

歎異抄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



歎異抄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歎異抄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS