悪人正機とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 悪人正機の意味・解説 

悪人正機

読み方:アクニンショウキ(akuninshouki)

浄土真宗開祖親鸞教え特徴を表す言葉


あくにんしょうき 【悪人正機】

浄土教教えを示す語。阿弥陀仏の願は、自力で悟ることのできない悪人を救うのが目的だから、悪人こそ往生するのにふさわしい人間(機という)であるとの意。法然親鸞が説いた。親鸞の『歎異抄』に「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」とあり、同義の語が法然にもある(醍醐本『法然上人伝記』)。だが、これは仏の慈悲心をいったもので、人間が自ら犯罪者になってはいけない。ために法然は「好みて悪をつくること、これ仏の弟子にはあらず」(『十二箇条問答』)といい、親鸞も「あればとて毒を好むべからず」(『歎異抄』)と諭した。→ 浄土教

悪人正機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/19 04:24 UTC 版)

悪人正機(あくにんしょうき)は、浄土真宗の教義の中で重要な意味を持つ思想で、「“悪人”こそが阿弥陀仏本願他力本願)による救済の主正の根機である」という意味である。




  1. ^ 衆生…生きとし生けるすべての者。有情とも。
  2. ^ 一切の群生海、無始よりこのかた、乃至今日今時に至るまで、穢悪汚染にして清浄の心なし、虚仮諂偽にして真実の心無し。(教行信証信巻)
  3. ^ 一切平凡小一切時の中に、貪愛の心常に能く善心を汚し、瞋憎の心常に能く法財を焼く。急作急修して頭燃をはらうが如くすれども、すべて「雑毒・雑修の善」と名け、また「虚仮虚仮・諂偽の行」と名く。「真実の業」と名けざるなり。(教行信証信巻)
  4. ^ 浄土真宗教学編集所 浄土真宗聖典編纂委員会 編纂 『<浄土真宗聖典>顕浄土真実教行証文類 -現代語版-』 本願寺出版社、2000年、P.29より引用。
  5. ^ 決定して自身は、現にこれ罪悪生死の凡夫、曠劫よりこのかた、常に沈し常に流転して出離の縁有る事無しと深信す(教行信証信巻)
  6. ^ 「親鸞一人のためであった」…『歎異抄』の意訳。原文は、「親鸞一人がためなりけり」
  7. ^ 恵谷隆戒「新羅元暁の遊心安楽道は偽作か」『印度學佛教學研究』第23巻第1号、日本印度学仏教学会、1974年、 16-23頁、 doi:10.4259/ibk.23.16NAID 1300040234262018年12月22日閲覧。
  8. ^ 『昭和新修法然上人全集』p454
  9. ^ 日本仏教思想史論考』p431-438
  10. ^ 「三心料簡および御法語」の問題点について
  11. ^ 浄土宗全書検索システム
  12. ^ 大意:善人尚以往生況悪人乎について (※文書化できない口伝が別にある) 内部向けに語ることだが、阿弥陀仏の誓われた本願は、自力で生死を続ける存在から離脱する(仏になる)手段を持てるような善人に向けてではない。極重悪人のなんら手段のない連中を哀れに思い誓いをたてられた。それなのに、菩薩聖人も善人型人間もこの本願にたよって往生するのだから、まして劣悪な人間が他力の手段に頼るのはより当然のことだ、などと言っている。間違った理解であり誤りの見解に留まってはならない。譬えば中国文献にも本来対象が凡夫で、副次的に聖人にも兼用、とあるように、よくよく理解しなさい。
  13. ^ 『日本思想全史』141頁


「悪人正機」の続きの解説一覧

悪人正機

出典:『Wiktionary』 (2009/08/21 09:02 UTC 版)

成句

あくにんしょうき

  1. 悪人救済することこそが、阿弥陀仏真の目的であるということ

関連語

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「悪人正機」の関連用語

悪人正機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



悪人正機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの悪人正機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの悪人正機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS