トランザクション処理とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > トランザクション処理の意味・解説 

トランザクション処理

別名:tp
【英】transaction processing

トランザクション処理とは、データベース利用するシステムにおいて、処理の一貫性保証するために、関連する一連の処理全体一個の処理単位として管理する仕組みのことである。

業務用途で用いられるデータベースシステムでは、複数の処理が関連するため、個々小さな処理単位成功失敗管理するだけでは不十分な場合がある。例えば、ある銀行口座から別の銀行口座振り込む処理を考えると、送金元の銀行口座では金額を減らす、資金移動情報送金先の銀行通知する、送金先の銀行口座金額増やす、など複数の処理が関係している。ところが、例えば、資金移動情報通知する、という処理が失敗したままにしておくと、送金元の口座では金額が減っているのに、送金先の銀行口座では金額が変わらず、処理結果矛盾したままになってしまう。このような事態が生じることを防ぐため、トランザクション処理は、一連の処理において一部失敗した場合関連する全ての処理を元の状態に戻すという考え方用いている。

トランザクション処理において、データベースシステムは、処理ごとに、その結果、状態、履歴などを永続的データとして記録していく。途中で処理が失敗した場合関連したデータ同士矛盾起こすこともあり得るため、適切にエラー処理を行うことが重要となる。一連の処理をまとめて管理する場合、最も単純明解方法が、トランザクション考え方で、「あったか、なかったかどちらかにする」という方法である。なお、トランザクション処理を実現するソフトウェアTPモニタ呼ばれており、トランザクション一連の関連する処理の状態を監視し、全体として成功しているか否か管理する役割担っている。また汎用コンピュータシステムにおいて、ネットワーク接続された端末からトランザクション要求ホストコンピュータ送信し、ホストコンピュータトランザクション結果を各端末通知するような形態は、オンライントランザクション処理OLTP)と呼ばれている。

トランザクション処理が備えるべき特性表現した言葉に、「ACID」(ACID特性)がある。これは、Atomicity(原子性)、Consistency一貫性)、Isolation独立性)、Durability永続性からなる頭字語である。

データベースのほかの用語一覧
トランザクション処理:  ダーティーリード  ディレードオンライン処理  データベースサーバー  トランザクション処理  トランザクション
リレーショナルデータベース:  DBMS  外部キー

トランザクション処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/17 09:02 UTC 版)

トランザクション処理(トランザクションしょり、Transaction Processing)とは、トランザクションと呼ばれる不可分な操作から構成される情報処理の形態。




  1. ^ A transaction groups a set of actions that transform the database from one consistent state to another.


「トランザクション処理」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トランザクション処理」の関連用語

トランザクション処理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トランザクション処理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリトランザクション処理の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトランザクション処理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS