CRUDとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > CRUDの意味・解説 

CRUD

フルスペル:Create, Read, Update, Delete
読み方クラッド

CRUDとは、データベース管理システム(DBRS)に必要とされる4つ主要な機能、「作成Create)」「読み出しRead)」「更新Update)」「削除Delete)」をそれぞれ頭文字表したもののことである。

例えSQLにおいては、「作成」に「INSERT」のコマンドが、「読み出し」に「SELECT」、「更新」に「UPDATE」、「削除」には「DELETE」コマンドそれぞれ対応している。CRUDのそれぞれの機能網羅していることは、データベースシステム完全性備えるために必須の要素であるとされている

なお、CRUDの頭文字のうち「R」には「Retrieve」が、同じく「D」には「Destroy」の語が充てられることもある。またCRUDと同様コンセプト持った言葉としてBREADBrowse, Read, Edit, Add, Delete)などもある。

データベースのほかの用語一覧
SQL言語:  WHERE句
データベース:  アプローチ  Bento  CRUD  DB2  GLR  Microsoft Access

CRUD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/29 14:48 UTC 版)

CRUD(クラッド)とは、ほとんど全てのコンピュータソフトウェアが持つ永続性[1]の4つの基本機能のイニシャルを並べた用語。その4つとは、Create(生成)、Read(読み取り)、Update(更新)、Delete(削除)である。ユーザインタフェースが備えるべき機能(情報の参照/検索/更新)を指す用語としても使われる。




  1. ^ REST and CRUD: the Impedance Mismatch InfoWorld、2007年1月29日
  2. ^ Kilov, H (1990) From semantic to object-oriented data modeling、First International Conference on System Integration, 1990. 385 - 393.
  3. ^ Haim Kilov (1998) Business Specifications: The Key to Successful Software Engineering、Prentice Hall、ISBN 0-13-079844-4


「CRUD」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

CRUDのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CRUDのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCRUDの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCRUD (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS