スキーマとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > スキーマ > スキーマの意味・解説 

スキーマ【schema】

読み方:すきーま

データベース構造データの種類大きさ、他のデータとの関連など、定義した仕様設計を指す。


スキーマ Schema

心理学用語で、ある対象出来事に関してまとまって記憶されている情報知識ということ意味する広告1つ目的は、商品ブランドに関するまとまり持った知識伝達することで、その記憶内容がブランドスキーマである。同じよう消費者自身について理想自分像(自己スキーマ)や、ニーズ購買行動との関係についての知識問題解決スキーマ)なども、広告伝達すべき目標となりうる。

スキーマ

お化け出たどうしよう・・・」とビクビクしている時に何でもないものが幽霊見えたりまた、友人同士会話途中から加わった場合に、話の内容を全く勘違いして受け答えしてしまったりという経験は、誰にでもあると考えられるこのようなまちがい聞きちがいは、人間が、自分のすでに持っているイメージそれまでの話の流れ文脈)に基づいて入手した情報判断しているために起こる。心理学分野では、人々持っているこのようなイメージ文脈知識記憶の‘まとまり’のことをスキーマ(Schema)という。「スクリプトScript)」、「フレームFrame)」ということもある。

スキーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/13 01:27 UTC 版)

スキーマ英語: schema)、シェーマドイツ語: Schema)、シェマフランス語: schéma)とは、もともとや図式や計画のことを指す言葉で、今では様々な分野で広く用いられる言葉である。




「スキーマ」の続きの解説一覧

スキーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/07 13:51 UTC 版)

データジャケット」の記事における「スキーマ」の解説

データジャケットは、データセット自体移植しないメタデータ形式の非技術言語記述されデータセットに関するダイジェスト情報構成されます。 情報ダイジェストすると、特定のフィールド専門家でなくても説明理解できますデータセットコンテンツ含まないメタデータのみになったら、データへのアクセス開始する前に共有条件検討しデータセットをプライベートストレージに保存してストレージメンテナンスコスト削減またはゼロにすることができます同様にCDショップCDジャケットは、アクセス可能なCDに関する関連情報提供しますが、CD店内保管されます。 強盗可能性から安全になり、保管容易になりますデータジャケットは、潜在的なユーザー関連する可能性のあるデータセットに関する貴重な情報作成者整理できるように、半構造化されています。

※この「スキーマ」の解説は、「データジャケット」の解説の一部です。
「スキーマ」を含む「データジャケット」の記事については、「データジャケット」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スキーマ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「スキーマ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



スキーマと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スキーマ」の関連用語

スキーマのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スキーマのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2024 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2024 Microsoft.All rights reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2024 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスキーマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのデータジャケット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS