ワークフローとは? わかりやすく解説

ワークフロー【workflow】

読み方:わーくふろー

企業における業務の一連の流れ。または、ビジネス上の手続き処理手順フローチャートまとめたもの。


ワークフロー

【英】workflow

ワークフローとは、企業における一連の業務手続きの流れのこと、あるいは、その一連の流れ図式化したもののことである。一般的にワークフローといえばおおむね図式のほうを指す。

図式化には業務の効率化生産性の向上もしくは業務手続き円滑化などが目的とされる業務理ないしは伝票理に際して行われる手続き一部始終を流れ図などにおおまかに書き出し、これを分析することで、非効率や無駄、ならびに改善の余地見出すことが容易になる。あるいはガイドライン策定による人為的ミス削減にもつながる。ワークフローの図式用いて作業分析し見直作業を、特にワークフロー分析と呼ぶ場合もある。

また、ワークフローの図式事務処理流れとしてコンピューター組み入れたものは、特にワークフローシステム呼ばれる。ワークフロースステムはグループウエア機能のひとつとして、稟議書決算報告などの電子文書化され書面一定の順をたどって回覧され場合などに用いられる


ワークフロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/24 00:26 UTC 版)

ワークフロー: workflow)は、リソース(資源)を体系的に組織化した反復可能な業務活動のパターンである。ワークフローは、物質の加工、サービスの提供、情報の処理など、何らかの具体的意図をもって設計される。ワークフローは、例えば、操作の列、個人またはグループの定まった作業、従業員の組織、複数の機械の機構などで表現しうる。




「ワークフロー」の続きの解説一覧

ワークフロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 06:36 UTC 版)

iDempiere」の記事における「ワークフロー」の解説

iDempiereは WfMC にもどつく標準化されたワークフローエンジンをもち、ビジネス文章承認フローBPM必要とされる要件管理する事ができます

※この「ワークフロー」の解説は、「iDempiere」の解説の一部です。
「ワークフロー」を含む「iDempiere」の記事については、「iDempiere」の概要を参照ください。


ワークフロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/24 07:43 UTC 版)

ERP5」の記事における「ワークフロー」の解説

ERP5はZope2由来ワークフローシステムを持っている。どんなデータも一つまたは複数のワークフローで管理できる。ワークフローの状態を使ってそのデータ正当性を示すことになっているため、データ入力チェックユーザ入力ではなく、ワークフローの状態を内容正当であることを示す状態に遷移させるときに行う。

※この「ワークフロー」の解説は、「ERP5」の解説の一部です。
「ワークフロー」を含む「ERP5」の記事については、「ERP5」の概要を参照ください。


ワークフロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/23 12:59 UTC 版)

文書管理システム」の記事における「ワークフロー」の解説

文書人から人へ渡される場合、そのフローはどうあるべきか。

※この「ワークフロー」の解説は、「文書管理システム」の解説の一部です。
「ワークフロー」を含む「文書管理システム」の記事については、「文書管理システム」の概要を参照ください。


ワークフロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/23 12:59 UTC 版)

文書管理システム」の記事における「ワークフロー」の解説

ワークフローは複雑な問題であり、文書管理システムによってはワークフロー・モジュールが組み込まれている。ワークフローにはいくつかの種類があり、EDM適用される環境によってワークフローが異なる。手動ワークフローは、ユーザー文書見てそれを誰に送るかを判断するルールベースのワークフローは、管理者フロー規定するルール作成する例えば、請求書決済プロセス経て支払い部門送られる各部門ルール作成して固有のワークフローを構築できるものもある。例えば、送られてきた請求書金額によって最終的な送付先変えるなどのルール考えられる

※この「ワークフロー」の解説は、「文書管理システム」の解説の一部です。
「ワークフロー」を含む「文書管理システム」の記事については、「文書管理システム」の概要を参照ください。


ワークフロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/05 21:18 UTC 版)

GitHub Actions」の記事における「ワークフロー」の解説

設定ファイル基本単位イベント起きたときに実行する理を記述しておく。

※この「ワークフロー」の解説は、「GitHub Actions」の解説の一部です。
「ワークフロー」を含む「GitHub Actions」の記事については、「GitHub Actions」の概要を参照ください。


ワークフロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/08 18:19 UTC 版)

ペンシラー」の記事における「ワークフロー」の解説

通常コミックブックペンシラー編集者との密な連携の下で作業行い編集者ライター依頼したスクリプトペンシラー伝える。 コミックブックスクリプト形式さまざまであるライターの中でアラン・ムーアなどは、ページごとに精緻な長文による完全な梗概作成する逆にプロット概略しか伝えないライターは、重要なシーン短く描写するだけで、セリフ断片的だったり書かないこともある。後者形式は、マーベル・コミック編集長長く務めたスタン・リー好んでいたことからマーベル・メソッドという名で知られるようになったライターやほかのアーティストアートディレクターなど)がスクリプトに「ブレークダウン」と呼ばれるコマ割り案を付け場合があり、ペンシラーはそれにならってシーン描き方決める。ブレークダウンなければ、各ページコマ割りを、たとえばコマの数や形と配置決定するのはペンシラー役目となる。スクリプト作画細部指定していても、ペンシラーがもっといい構図取り方があると感じスクリプト無視することがある。ただしそれには編集者ライターとの協議必要なのが一般的である。

※この「ワークフロー」の解説は、「ペンシラー」の解説の一部です。
「ワークフロー」を含む「ペンシラー」の記事については、「ペンシラー」の概要を参照ください。


ワークフロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/07 15:03 UTC 版)

Transifex」の記事における「ワークフロー」の解説

利用者プロジェクト作成後、翻訳チーム作成する管理者指定するプロジェクト作成者管理者ファイルアップロードした時点で翻訳開始準備整い翻訳完了後手動ダウンロードするか、クライアント側機能用いて出力できる。

※この「ワークフロー」の解説は、「Transifex」の解説の一部です。
「ワークフロー」を含む「Transifex」の記事については、「Transifex」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ワークフロー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ワークフローのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ワークフローのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリワークフローの記事を利用しております。
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2022 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワークフロー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのiDempiere (改訂履歴)、ERP5 (改訂履歴)、文書管理システム (改訂履歴)、GitHub Actions (改訂履歴)、ペンシラー (改訂履歴)、Transifex (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS