自己実現理論とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 自己実現理論の意味・解説 

欲求5段階説

読み方:よっきゅうごだんかいせつ
別名:欲求五段階説マズローの欲求5段階説マズローの欲求五段階説、自己実現理論

人間には5つの基本的欲求があり、1つ欲求を満たせば次の欲求求めながら成長していくものである、という説。アメリカ合衆国心理学者であるアブラハム・マズロー提唱した。

欲求5段階説は、生理的欲求、安全欲求社会的欲求尊厳欲求自己実現欲求の5つの段階分かれている。人間はまず、生きていくための食欲睡眠欲などの生理的欲求を満たそうとする生理的欲求を満たせば、次に安全な生活、危険を回避したいという安全欲求を満たそうとするこのように順番欲求を満たしていくと、最後に自己実現欲求たどり着く

欲求5段階説の最後段階である自己実現欲求は、自己の持つ能力最大限引き出し行動をしたいという欲求である。

なお、アブラハム・マズロー晩年に、自己実現欲求次の段階に「自己超越」があると発表している。

自己実現理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/24 02:46 UTC 版)

自己実現理論(じこじつげんりろん、: Maslow's hierarchy of needs)とは、アメリカ心理学者アブラハム・マズローが、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものである。




  1. ^ 佐藤剛史『大学で大人気の先生が語る 恋愛と結婚の人間学』岩波書店、2015年、74頁。
  2. ^ アブラハム・マズロー、(編集)ロジャー・N・ウォルシュ、フランシス ヴォーン、(訳編)吉福伸逸 「メタ動機:価値ある生き方の生物学的基盤」『トランスパーソナル宣言-自我を超えて』 上野圭一訳、春秋社、1986年、225-244頁。ISBN 978-439336003。 BEYOND EGO, 1980.
  3. ^ 岡野守也 『トランスパーソナル心理学』 青土社、2000年、増補新版、83頁。ISBN 978-4791758265


「自己実現理論」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「自己実現理論」の関連用語

自己実現理論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

あけぼの

トラコ・ハチェット

4ストローク

821T

消防活動二輪車

クラレット・ジャグ

John Tyler

排水性舗装機能回復車





自己実現理論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自己実現理論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS