受容とは?

じゅ‐よう【受容】

[名](スル)受け入れてとりこむこと。「外国文化を受容する」


じゅ‐よう【受容】

〔名〕

受け入れること。取り入れること。容受

古事談121215頃)一「但尊号及封等事、更不受容

埋葬1971)〈立原正秋〉一「母方祖父は、死を単なる自然現象として受容していた」

鑑賞基礎をなす作用で、芸術作品などを感性受け入れ味わい楽しむこと。

古典と現代文学(1955)〈山本健吉柿本人麻呂「受容するものの豊かさによって自己示現するところ個性である」


うけ‐い・れる【受入・受容】

〔他ラ下一〕 [文]うけい・る 〔他ラ下二

① 受けて容器などに入れる。また、受けて包み入れる。

書紀720仁徳即位前(前田本訓)「夫れ天の下(した)に君として万民(たみ)を治むるは、(うたきおほ)ふこと天の如く、容(ウケイルル)こと地の如く

② 人や物を身に引き取る迎え入れる

羅葡日辞書(1595)「Admitto〈略〉vqe(ウケ) iruru(イルル)、キョヨウ スル

③ 人の意見要求などを認め採用する。聞き入れる容認する。

クローディアスの日記(1912)〈志賀直哉〉「自分にはそれを其儘には承け入れ兼ね事がある


受容

作者浅田

収載図書賢治先生がやってきた
出版社新風舎
刊行年月2006.11
シリーズ名新風舎文庫


アクセプタンス

(受容 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/10 14:47 UTC 版)

私たちに変えられないものを受け入れる心の平穏を与えて下さい。
変えることのできるものを変える勇気を与えて下さい。
そして、変えることのできるものとできないものを見分ける賢さを与えて下さい。




  1. ^ Acquiesce - Define Acquiesce at Dictionary.com”. Dictionary.com. 2017年3月1日閲覧。
  2. ^ 「生は苦なり、老は苦なり、病は苦なり、死は苦なり」初転法輪, 南伝大蔵経
  3. ^ Dr Paul O, "The big book of Alcoholics Anonymous" P449, 3rd ed or P417, 4th ed.
  4. ^ Lewis, Bernard Ellis; Churchill, Buntzie Ellis (2009). Islam: The Religion and the People. Pearson Education Inc.. p. 8. https://books.google.com/books?id=IVyMAvW9slYC&pg=PA8&dq=surrender+to+will+of+God+islam#v=onepage&q=surrender%20to%20will%20of%20God%20islam&f=false 
  5. ^ admin. “What does ISLAM mean?”. The Friday Journal. qaem.org. 2011年3月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年4月13日閲覧。


「アクセプタンス」の続きの解説一覧

受容

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 09:45 UTC 版)

名詞

じゅよう

  1. うけいれる受け容れる)こと。認めて、取り容れること。

類義語

対義語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
受容-する
他人の生と労作との成果をただ受容してすまそうとするのは怠惰な態度である。」[1]
「従って大多数人類ウィルソン提議現れたような正大思想を、何の凝滞ぎょうたい)も曲解反抗もなしに、空気を吸いを飲むように、安々肯定し、受容し、味解することの出来程度達していないのであることを思わせます。」[2]

翻訳




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「受容」の関連用語

受容のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



受容のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアクセプタンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの受容 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS