生の哲学とは?

せい‐の‐てつがく【生の哲学】

《(ドイツ)Lebensphilosophie19世紀後半から20世紀初めにかけて、理性主義主知主義実証主義哲学唯物論などに反対し、生きている生、体験としての生の直接的把握目ざしヨーロッパで展開された一連の哲学的傾向。ショーペンハウアー・ニーチェを源流とし、ディルタイ・ジンメル・ベルクソンらによって代表される。


せい【生】 の 哲学(てつがく)

ドイツ Lebensphilosophie訳語理性強調する合理主義実証主義哲学反対して、「体験としての生」を直接的にとらえようとする一九世紀後半から二〇世紀にかけての哲学の一潮流生きている生、つねに創造的な生の把握をめざして、非合理的直観的方法訴える。たとえば、生の本質権力への意志ととらえるニーチェ哲学、生の飛躍直観によってとらえようとするベルクソン哲学のたぐい、そのほかディルタイジンメルなど。


生の哲学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 02:27 UTC 版)

生の哲学(せいのてつがく、: Lebensphilosophie: philosophie de la vie: philosophy of life)は、19世紀以後の生物学革命、とりわけ進化論に呼応しつつ、生まれた哲学的潮流をいう。




「生の哲学」の続きの解説一覧



生の哲学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生の哲学」の関連用語

生の哲学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生の哲学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生の哲学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS