脱工業化社会とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 社会 > 脱工業化社会の意味・解説 

だつ こうぎょうかしゃかい -こうげふくわしやくわい [8] 【脱工業化社会】

エネルギー基礎とする工業に代わって、知識情報・サービスなどにかかわる産業が重要な役割を果たす社会。 D =ベルらによって提唱された語。

脱工業化社会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/10 17:30 UTC 版)

脱工業化社会(だつこうぎょうかしゃかい、: post-industrial society)とは、工業化を経た産業社会(工業社会)がさらに発展し、産業構造において情報知識サービスなどを扱う第三次産業の占める割合が高まった社会のこと。「脱工業社会」、あるいは「脱産業(化)社会」、「ポスト工業(化)社会」とも呼ばれる。


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 著書では「農業革命」(英語原文における“agrarian revolution”の訳)となっているが、これは18世紀における農業生産の飛躍的向上に付随した農業革命のことではなく、新石器時代に人類が初めて農耕を開始したことに伴い、それまでの狩猟採集社会から社会構造を大変革させ、その後の文明の形成にまで波及した農耕革命(新石器革命)を指している。

出典



「脱工業化社会」の続きの解説一覧



脱工業化社会と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「脱工業化社会」の関連用語

脱工業化社会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



脱工業化社会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脱工業化社会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS