しゃかいとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > しゃかいの意味・解説 

しゃ かい [0] 【射界】

射撃できる範囲
光の届く範囲

しゃ かい [0] 【沙界】

〘仏〙 インドガンジス川の砂のように,無数にある世界

しゃ かい -くわい [1] 【社会】

生活空間共有したり,相互に結びついたり,影響与えあったりしている人々まとまり。また,その人々の相互の関係。 「 -を形成する」 「 -の一員」 「全体-」
同種の生物個体間の相互関係や,それらのまとまり。 「ニホンザルの-」
同じ傾向性質,あるいは目的をもつ人々まとまり。 「上流-」 「都市-」
自立して生活していく場としての)世の中世間。 「学校卒業して-に出る」
社会科」の略。 〔「同集落住民集まり」の意で中国の「近思録」(1176年)にある。英語 society訳語として用いたのは福地桜痴とされ,「哲学字彙」(1881年)にも載る

しゃ かい [0] 【遮戒】

〘仏〙 世間から非難を受けるような行為を禁じた戒律飲酒戒(おんじゆかい)など。 → 性戒しようかい



しゃかいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「しゃかい」の関連用語

しゃかいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



しゃかいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2019 Weblio RSS