中間投入とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 国民経済計算用語 > 中間投入の意味・解説 

中間投入(Intermediate Input)

 生産過程原材料光熱燃料間接費等として投入された非耐久財及びサービスをいう。耐用年数大幅に延ばすことのないよう固定資産維持補修研究開発調査等もこれに含まれる産出額から中間投入(額)を控除したもの付加価値(額)である。

中間投入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/12 09:48 UTC 版)

中間投入(ちゅうかんとうにゅう)とは経済学用語の一つ。生産の過程において非耐久財やサービスなどが投入されることを中間投入という。




「中間投入」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「中間投入」の関連用語

中間投入のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中間投入のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
内閣府内閣府
Copyright©2019 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中間投入 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS