会話分析とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 会話分析の意味・解説 

会話分析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/19 01:48 UTC 版)

会話分析(かいわぶんせき、: conversation analysis)は、1960年代のカリフォルニアで始まった、社会学の研究領域のひとつである。ハーヴィ・サックスによって切り拓かれ、エマニュエル・シェグロフ、ゲイル・ジェファーソンらによって大きく展開された。私たちが「会話をおこなう」ことそのものが、きわめて組織だったさまざまな手続きによって成立している現象であることに着目し、実際の会話の音声を詳細に書き起こした上で、そうした手続きの観察・分析をおこなう。


  1. ^ : sequence organization
  2. ^ : preference
  3. ^ : epistemics
  4. ^ : recipient design
  5. ^ : epistemic status
  6. ^ : territory of knowledge
  7. ^ : epistemic stance
  8. ^ : formulation; word selection
  9. ^ : recipient design
  10. ^ : action formation
  11. ^ : recognizable
  12. ^ : prosody
  13. ^ : participation framework
  14. ^ : engagement framework




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「会話分析」の関連用語

会話分析のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



会話分析のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの会話分析 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS