フランクフルト学派とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > たち > フランクフルト学派の意味・解説 

フランクフルトがくは [8] 【フランクフルト学派】

1930年代以降フランクフルト社会研究所に拠って活躍した一群思想家たち。マルクス主義精神分析学アメリカ社会学などの影響の下に批判理論を展開。ホルクハイマー・アドルノ・ベンヤミン・マルクーゼ・フロム・ノイマンらがいる。

フランクフルト学派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/15 13:07 UTC 版)

フランクフルト学派(フランクフルトがくは、Frankfurter Schule)はルカーチグラムシの理論をベースにマルクス主義を進化させ、これにヘーゲル弁証法フロイト精神分析理論の融合を試みた、批判理論によって啓蒙主義を批判する社会理論や哲学を研究したグループの他称。道具的理性という概念を提唱し、社会の近代化によって人間が自然(人間を含む)を支配し、搾取することを批判した。




  1. ^ 横井邦彦「フランクフルト学派」(「プロメテウス」34号)
  2. ^ 山口 1984
  3. ^ 横井前掲論文。


「フランクフルト学派」の続きの解説一覧



フランクフルト学派と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フランクフルト学派」の関連用語

フランクフルト学派のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フランクフルト学派のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフランクフルト学派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS