サイエンスコミュニケーションとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > コミュニケーション > コミュニケーション > サイエンスコミュニケーションの意味・解説 

サイエンス・コミュニケーション

行政入力情報

団体名称 サイエンス・コミュニケーション
所轄 東京都
主たる事務所所在地 板橋区幸町45番25-103号
従たる事務所所在地
代表者氏名 富田 悟志
法人設立認証年月日 2003/12/15 
定款記載された目的
この法人は、科学研究者及び市民に対して両者双方向コミュニケーション促進するための事業、及び科学研究者市民社会に対して、更に貢献できる研究環境整備する事業を行うことにより、社会散在する「科学研究の知」を有効に活用する、知を駆動力とした社会システム構築することを目的とする。 
活動分野
保健・医療・福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日 2015年0210日 
解散理由 社員総会決議(法第31条1項1号

サイエンスコミュニケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/15 08:30 UTC 版)

サイエンス・コミュニケーション: science communication)とは、パブリック・コミュニケーションの一種で、非専門家に対して科学的なトピックを伝えることを指す。科学コミュニケーション科学技術コミュニケーションとも呼ばれる。多くは職業的な科学者が主体となる(アウトリーチ活動や科学普及活動と呼ばれる)が、現在ではそれ自体が一つの職業分野となっている。サイエンス・コミュニケーションの形としては、科学博覧会、科学ジャーナリズム科学政策英語版、メディア制作などがある。また学術雑誌などを通した科学者同士のコミュニケーションや、科学者と非専門家の間のコミュニケーションを指すこともある。後者は特に、科学を巡る公の討論や市民科学活動の中で見られる。


訳注

  1. ^ バウンダリーワーク。科学と非科学の間に境界線を引く試み。
  2. ^ Don't Be Such a Scientist: Talking Substance in an Age of Style
  3. ^ Society for the Diffusion of Useful Knowledge
  4. ^ lyceum(講堂)movement。19世紀半ばのアメリカで盛んだった成人教育運動。
  5. ^ Committee on the Public Understanding of Science

出典

  1. ^ a b c d e As summarised in Gregory, Jane & Steve Miller (1998) Science in Public: communication, culture and credibility (New York: Plenum), 11-17.
  2. ^ a b Hilgartner, Stephen (1990) ‘The Dominant View of Popularization: Conceptual Problems, Political Uses, Social Studies of Science, vol. 20(3): 519-539.
  3. ^ a b c d (October 23, 2009.) "Randy Olson - Don’t Be Such a Scientist." (Includes podcast). Pointofinquiry.org. Accessed May 2012.
  4. ^ a b c d Miller, Lulu (July 29, 2008)."Tell Me a Story." (Includes podcast). Radiolab.org. Accessed May 2012.
  5. ^ 背景と歴史:科学コミュニケーションについて知りたい”. 科学技術振興機構 科学コミュニケーションセンター. 2017年5月6日閲覧。
  6. ^ a b c d e 渡辺政隆「科学技術理解増進からサイエンスコミュニケーションへの流れ」、『科学技術社会論研究』第5号、2008年、 10-21頁。
  7. ^ 『科学・技術の現場と社会をつなぐ 科学技術コミュニケーション入門』 梶雅範、西條美紀、野原佳代子、培風館、2009年、111-126頁。
  8. ^ public understanding of science, PUS
  9. ^ Massimiano Bucchi (1998) Science and the Media (London & New York: Routledge).
  10. ^ Wynne, Brian (1992) ‘Misunderstood misunderstanding: Social identities and public uptake of science’, Public Understanding of Science, vol. 1 (3): 281-304. See also Irwin, Alan & Wynne, Brian (eds) (1996) Misunderstanding Science (Cambridge & New York: Cambridge University Press). 邦訳: Brian Wynne「誤解された誤解--社会的アイデンティティと公衆の科学理解[含 訳者解題]」、『思想』第1046巻、2011年、 64-103頁。
  11. ^ Please stop annoying this NASA scientist with your ridiculous Planet X doomsday theories”. The Washington Post. The Washington Post. 2017年12月18日閲覧。
  12. ^ Grushkin, Daniel (August 5, 2010). "Try acting like a scientist" The Scientist Magazine. Accessed May 2012.
  13. ^ a b Priest, Susanna Hornig (2009) ‘Reinterpreting the audiences for media messages about science’, in Richard Holliman et al (eds) Investigating Science Communication in the Information Age: Implications for Public Engagement and Popular Media (Oxford: Oxford University Press) 223-236.
  14. ^ for example, see Irwin, Alan & Michael, Mike (2003) Science, Social Theory and Public Knowledge (Maidenhead & Philadelphia: Open University Press). chapter 6
  15. ^ Einsiedel, Edna (2005) ‘Editorial: Of Publics and Science’, Public Understanding of Science, vol. 16(1): 5-6.
  16. ^ Martin Bauer, Nick Allum and Steve Miller, "What can we learn from 25 years of PUS survey research? Liberating and expanding the agenda", Public Understanding of Science, volume 16, 2007, pages 79-95.
  17. ^ 『サイエンス・コミュニケーション:科学を伝える人の理論と実践』 S. M. Stocklmayer, M. M. Gore, C. Bryant、佐々木勝浩他訳、丸善プラネット、2003年
  18. ^ Martin Bauer, Nick Allum and Steve Miller, "What can we learn from 25 years of PUS survey research? Liberating and expanding the agenda", Public Understanding of Science, volume 16, 2007, pages 80-81.
  19. ^ e.g. Durant, John, GA Evans & GP Thomas (1989) ‘The Public Understanding of Science’, Nature 340: 11–14.
  20. ^ (September 2008.) "Europeans’ attitudes towards climate change." European Parliament and European Commission (accessed in May 2012).
  21. ^ Nisbet, Matthew C. (2009). Communicating Climate Change: Why Frames Matter for Public Engagement. Environment (Online at http://www.environmentmagazine.org/Archives/Back%20Issues/March-April%202009/Nisbet-full.html, retrieved 20 October 2010).
  22. ^ Fiske, S. T., & Taylor, S. E. (1991). Social Cognition (2nd ed.). New York: McGraw-Hill.
  23. ^ Tversky, Amos; Kahneman, Daniel (1974年9月27日). “Judgment under Uncertainty: Heuristics and Biases” (英語). Science 185 (4157): 1124–1131. doi:10.1126/science.185.4157.1124. ISSN 0036-8075. PMID 17835457. http://science.sciencemag.org/content/185/4157/1124. 
  24. ^ Brossard, Dominique; Lewenstein, Bruce; Bonney, Rick (2005年1月1日). “Scientific knowledge and attitude change: The impact of a citizen science project”. International Journal of Science Education 27 (9): 1099–1121. doi:10.1080/09500690500069483. ISSN 0950-0693. https://doi.org/10.1080/09500690500069483. 
  25. ^ Scheufele, D. A. (2006). Messages and heuristics: How audiences form attitudes about emerging technologies. In J. Turney (Ed.), Engaging science: Thoughts, deeds, analysis and action (pp. 20-25). London: The Wellcome Trust.
  26. ^ Science Technology Timeline”. www.victorianweb.org (2002年). 2016年10月25日閲覧。
  27. ^ BAAS”. www.victorianweb.org (2002年). 2016年10月25日閲覧。
  28. ^ British Science Association History”. www.britishscienceassociation.org. British Science Association. 2017年3月23日閲覧。
  29. ^ Landow, George P. (2005年5月25日). “A Review of Aileen Fyfe's Science and Salvation: Evangelical Popular Science Publishing in Victorian Britain”. www.victorianweb.org. 2016年11月1日閲覧。
  30. ^ Fyfe, Aileen. “Science Publishing”. www.victorianweb.org. National University of Ireland. 2016年10月29日閲覧。
  31. ^ Ashton, Rosemary. “Society for the Diffusion of Useful Knowledge (act. 1826–1846)”. Oxford Dictionary of National Biography. Oxford University Press. 2016年11月2日閲覧。
  32. ^ Society for the Diffusion of Useful Knowledge (2012年). “The Penny Magazine of the Society for the Diffusion of Useful Knowledge”. archive.org. archive.org. 2016年11月1日閲覧。
  33. ^ About the University: Nineteenth and twentieth centuries”. University of Cambridge. University of Cambridge. 2016年10月31日閲覧。
  34. ^ Showing off: Scientific Lecturing in the 19th century”. The Dickinsonia History Project. Dickinson College. 2016年11月2日閲覧。
  35. ^ a b Fyfe, Aileen. “Science Publishing”. Brown University. 2017年3月23日閲覧。
  36. ^ Brown, Melinda (2015). Making "Nature": The History of a Scientific Journal. Chicago, USA: University of Chicago Press. ISBN 978-0226261454. 
  37. ^ a b c d e f g h Bultitude, Karen (2011年). “The Why and How of Science Communication”. 2016年10月25日閲覧。
  38. ^ a b c d Ipsos-MORI. “Public Attitudes to Science 2011”. 2016年10月27日閲覧。
  39. ^ a b c McCartney, Margaret (2016年1月25日). “Margaret McCartney: Who gains from the media’s misrepresentation of science?” (英語). BMJ 352: i355. doi:10.1136/bmj.i355. ISSN 1756-1833. PMID 26810502. http://www.bmj.com/content/352/bmj.i355. 
  40. ^ Shiju Sam Varughese.2017. Contested Knowledge: Science, Media, and Democracy in Kerala. Oxford University Press, New Delhi.
  41. ^ Shiju Sam Varughese. 2017. Contested Knowledge: Science, Media, and Democracy in Kerala. Oxford University Press, New Delhi
  42. ^ Science for All: Report and Action Plan from the Science for All Expert Group” (2010年2月). 2016年10月29日閲覧。
  43. ^ See the work of Peter Weingart, Simone Rodder and Martina Franszen. See Rödder, Simone, Martina Franzen, and Peter Weingart (eds). 2012. The Sciences’ Media Connection: Public Communication and Its Repercussions. Dordrecht, Heidelberg, London, and , New York: Springer.
  44. ^ ドロシー・ネルキンとマッシミアーノ・ブッチによる先駆的な研究も参照のこと。Dorothy Nelkin 1995. Selling Science: How the Press Covers Science and Technology, revised edition. New York: W.H. Freeman and Company; Massimiano Bucchi. 1998. Science and the Media: Alternative Routes in Scientific Communication. London and New York: Routledge.
  45. ^ Hagendijk, R.P. 2004. ‘The Public Understanding of Science and Public Participation in Regulated Worlds’. Minerva 42(1): 41–59.
  46. ^ a b c Ramasubbu, Suren (2016年9月12日). “Social Media in Science”. Huffington Post. 2018年1月18日閲覧。
  47. ^ a b Shaughnessy, Haydn (2012年1月17日). “How Could Twitter Influence Science (And Why Scientists Are on Board)”. Forbes. 2018年1月18日閲覧。
  48. ^ a b c Burt, Alison. “How to use social media for science - 3 views”. Elsevier. 2018年1月18日閲覧。
  49. ^ a b c Collins, Kimberley; Shiffman, David; Rock, Jenny (2016年10月12日). “How Are Scientists Using Social Media in the Workplace?”. PLOS ONE 11 (10): e0162680. doi:10.1371/journal.pone.0162680. ISSN 1932-6203. http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0162680. 
  50. ^ a b Dean, Signe. “An 8-Year-Old Bullied For Her Love of Bugs Just Got Her First Scientific Publication” (英語). ScienceAlert. https://www.sciencealert.com/an-8-year-old-bullied-for-her-love-of-bugs-just-got-her-first-scientific-publication 2017年12月12日閲覧。 
  51. ^ Morgan D. Jackson; Sophia Spencer (2017年). “Engaging for a Good Cause: Sophia's Story and Why #BugsR4Girls”. Annals of the Entomological Society of America 110 (5): 439–448. doi:10.1093/aesa/sax055. 
  52. ^ a b “Science News and Information Today” (英語). Pew Research Center's Journalism Project. (2017年9月20日). http://www.journalism.org/2017/09/20/science-news-and-information-today/ 2017年12月12日閲覧。 
  53. ^ “A scientist's guide to social media” (英語). Science | AAAS. (2017年11月14日). http://www.sciencemag.org/features/2014/02/scientists-guide-social-media 2017年12月12日閲覧。 
  54. ^ Underst, Public. “SciHashtag: Twitter hashtags for scientists”. Public Understanding of Science Blog. 2017年12月12日閲覧。
  55. ^ Gregory, Jane; Miller, Steven (2000). Science in Public. Ingram Digital. pp. 5-7. 
  56. ^ 水沢光 「英国における科学コミュニケーションの歴史」『科学コミュニケーション論』 藤垣裕子、廣野喜幸、東京大学出版会、2008年、3-20頁。ISBN 9784130032070
  57. ^ Short, Daniel (2013年). “The public understanding of science: 30 years of the Bodmer Report”. The School Science Review 95: 39–43. 
  58. ^ Bodmer, Walter (2010年9月20日). “Public Understanding of Science: The BA, the Royal Society and COPUS” (英語). Notes and Records of the Royal Society 64 (Suppl 1): S151–S161. doi:10.1098/rsnr.2010.0035. ISSN 0035-9149. http://rsnr.royalsocietypublishing.org/content/64/Suppl_1/S151. 
  59. ^ Science and Technology; Third Review”. parliament.uk. 2017年3月25日閲覧。


「サイエンスコミュニケーション」の続きの解説一覧



サイエンスコミュニケーションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サイエンスコミュニケーション」の関連用語

サイエンスコミュニケーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サイエンスコミュニケーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2019 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイエンスコミュニケーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS