パラダイムシフトとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 局面 > パラダイムシフトの意味・解説 

パラダイムシフト

英語:paradigm shift

パラダイムシフトとは、パラダイムシフトの意味

パラダイムシフト(paradigm shift)とは、時代社会において、常識的考え方枠組みパラダイム)が、革命的劇的大きく転換シフト)すること。パラダイムシフトの語はもともと、科学学術分野において、革命的転換を意味する語として使われていたが、最近ではさまざまな分野で使われるようになってきた。

パラダイムシフトの語源

パラダイムシフトのパラダイムは、科学史科学哲学者のトマス・クーンが「科学革命の構造」で用いており、各時代科学者集団研究議論前提とする共通の考え方枠組みであると定義している。パラダイムなければ科学進歩あり得ないが、科学進歩伴ってこれまでのパラダイムでは説明つかない問題明らかになることがある。ここで以前のものとは全く異なパラダイム則って考えることで、これまで説明のつかなかった問題解決され、科学大きく前進することがあるこのような革命的転換をパラダイムシフトというようになった。

パラダイムシフトの事例

科学におけるパラダイムシフトの例として、コペルニクス地動説アインシュタイン相対性理論ダーウィンの進化論などが挙げられる。ビジネスシーンでは、「発想の転換」「常識覆す」「固定観念捨てる」などの言葉がパラダイムシフトに相当する。パラダイムシフトの最近の例としては、サブスクリプションが挙げられる。サブスクリプションは、人々物の消費性向変化よるものである。

パラダイムシフトの類語




パラダイムシフトの語の例文






パラダイム‐シフト【paradigm shift】


パラダイム‐シフト

〔名〕 (英 paradigm shift規範遷移思想枠組み変動


株式会社パラダイムシフト


パラダイムシフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/07 06:35 UTC 版)

パラダイムシフト: paradigm shift)とは、その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することをいう。パラダイムチェンジともいう。
科学史家トーマス・クーン科学革命で提唱したパラダイム概念の説明で用いられたものが拡大解釈されて一般化したものである。


  1. ^ James Clackson. Indo European Linguistics: An Introduction. Cambridge University. p. 53. ISBN 9780511808616 
  2. ^ ジョン・ヒック『もうひとつのキリスト教-多元主義的宗教理解』日本基督教団
  3. ^ ジョン・ヒック『神は多くの名前をもつ-新しい宗教的多元論』


「パラダイムシフト」の続きの解説一覧



パラダイムシフトと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パラダイムシフト」の関連用語

パラダイムシフトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パラダイムシフトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパラダイムシフト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS