ついにとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ついにの意味・解説 

つい‐に〔つひ‐〕【終に/遂に/×竟に】

[副]

長い時間ののちに、最終的にある結果達するさま。とうとう。しまいに。「—優勝を果たした」「—完成した」「疲れ果てて—倒れた」

多く打消しの語を伴って用いる)ある状態が最後まで続くさま。とうとう。「—現れなかった」「作品は—日の目を見なかった」

「終(つい)ぞ」に同じ。

其の後は—ない存外御無沙汰をいたしました」〈円朝怪談牡丹灯籠

[用法] ついに・とうとう——「苦心の末、ついに(とうとう)完成の日を迎えた」「海外旅行の夢がついに(とうとう)実現した」など、結果現れることを表す意では、相通じて用いられる。◇「とうとう」が長い時間を要してある結果が生じるという意味合いを持つのに対して、「ついに」には長い時間の後、最終的時点新しい何かが実現した、またはしなかったという意味合いがある。また、口頭語としては「とうとう」が多く用いられ、「ついに」は文語的である。◇類似の語に「結局」がある。「結局」には、いろいな経過があったが、という意味合いがある。「ずいぶん頑張ったが、結局成功しなかった」


つい‐に つひ‥ 【終━・遂━】

〔副〕 (名詞「つい(終)」に助詞「に」がついてできたもの)

一つ行為や状態が、ずっと最後まで持続するさまを示す。どこまでもいつまでも。最後まで。

古事記(712)下・歌謡「汝が御子(みこ)や 都毘邇(ツヒニ)知らむと 雁(かり)は卵(こ)産(む)らし」

源氏100114頃)若菜上「いかならん折にか、その御心ばへほころぶべからむと、世の人おもむけ疑ひけるを、つゐに忍び過ぐし給ひて」

行為や状態が、最終的実現するさまを示す。最後に。とうとう。結局。いよいよ。

万葉(8C後)九・一七四〇「息さへ絶えて 後遂(つひに) 命死にける」

徒然草1331頃)四九「耳をふたぎて念仏して、つひに往生を遂けり」

③ (下に打消伴って一つ行為や状態を、今まで経験したことがないと、否定的かえりみる気持表わすいまだかつて。まだ一度も。ついし。ついしか。ついぞ。

*虎明本狂言末広がり室町末‐近世初)「終に都へのぼった事が御ざらぬ」


ついに

作者ジャメイカ・キンケイド

収載図書川底に
出版社平凡社
刊行年月1997.4
シリーズ名新しい「世界文学シリーズ


ついに

出典:『Wiktionary』 (2020/05/03 02:08 UTC 版)

語源

古典日本語「つひに」 < 「つひ」(終)

副詞

ついにに、に、に】

  1. 長い時間ののちにある状態するさま。ようやく。やっと。
  2. (文語) ある物事実現しない状態が最後まで続くさま。結局

発音

つ↘いに

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ついに」の関連用語

ついにのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ついにのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのついに (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS