アンネの日記とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > アンネの日記の意味・解説 

アンネのにっき 【アンネの日記】 〔原題 オランダ Het Achterhuis(うしろの家の意)〕


アンネの日記

読み方:アンネのにっき
別名:Het Achterhuis
英語:The Diary of a Young GirlThe Diary of Anne Frank

ユダヤ人少女アンネ・フランクが、1942年から1944年にかけて執筆した日記を基にした文学作品アンネ・フランク一家ナチス・ドイツによる迫害逃れ亡命先のオランダアムステルダム潜伏生活を行う中で書かれた。アンネの日記は、第二次世界大戦終戦後1947年に、アンネの父、オットー・フランクによって出版された。

アンネ・フランク1942年6月12日から日記書き続けていたが、1944年8月4日に、密告により秘密警察ゲシュタポ)に逮捕され、日記その時点で中断された。アンネベルゲン・ベルゼン強制収容所移送され、そこでチフスにより死亡した。オットー・フランク移送先のアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所終戦まで生き延びたのち、アムステルダム娘の日記受け取り翻訳編集を行ったのちに出版を行った。

「アンネの日記」の初版1947年出版され、世界中2500部を超えるベストセラーとなった。アンネの日記は、ナチス・ドイツによる人種差別政策ホロコースト様子後世伝え文学作品として、教科書などでしばしば取り上げられている。また、アンネの日記を基にした演劇映画数多く上演上映された。

なお、オットー・フランクはアンネの日記の一部記述削除しているが、のちに削除箇所増補され、「完全版」と銘打って出版された。

アンネの日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/07 16:00 UTC 版)

アンネの日記』(アンネのにっき、オランダ語: Het Achterhuis)とは、ユダヤ系ドイツ人の少女アンネ・フランクによる日記様の文学作品。




  1. ^ Bellis, Mary. “About ballpoint pens”. About.com. 2014年2月閲覧。
  2. ^ Netherlands Institute for War Document:The Diary of Anne Frank:The Revised Critical Edition. Doubleday, Amsterdam 2003, p. 167, ISBN 9780385508476
  3. ^ kurier.at:Anne Franks Tagebuch ist UNESCO-Welterbe (Kurier, 31. Juli 2009)
  4. ^ 「アンネの日記」、ユネスコが世界記憶遺産に登録 (AFPBB News, 2009年07月31日)
  5. ^ 名著36 「アンネの日記」 NHK





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アンネの日記」の関連用語

アンネの日記のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アンネの日記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンネの日記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS