マッチングサイトとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > マッチングサイトの意味・解説 

マッチングサイト

英語:matching sites

需要がある者と、供給が可能な者との間を仲立ちして結びつけるサービス提供するサイト。特にBtoBビジネスにおける需要と供給仲立ちする「ビジネスマッチング」を専門とするサイトを指すことが多い。

ビジネスマッチングの他にも、男女結婚恋愛仲立ちするマッチングサイトや、被災者支援者を結びつけるマッチングサイトなどがある。2011年3月東日本大震災発生した後には、どこの被災地で現在何が必要とされているかを適切に把握し、支援できる手段として、注目されている

出会い系サイト

(マッチングサイト から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/04 03:09 UTC 版)

出会い系サイト(であいけいサイト)とは、インターネットを通じた「出会い」を仲介するウェブサイトの総称である。1990年後半には存在が確認されている。


注釈

  1. ^ 連載エッセイをまとめたもの。2010 『パリ、娼婦の館』および2013『パリ、娼婦の街 シャン=ゼリゼ

出典

  1. ^ a b c 鹿島 2010, p. 277.
  2. ^ a b c 鹿島 2013, p. 98.
  3. ^ 酒井 1930, p. pp.96-97.
  4. ^ a b 鹿島 2010, p. 280.
  5. ^ 鹿島 2013, p. 101.
  6. ^ a b 酒井 1930, p. pp.107-108.
  7. ^ 鹿島 2013, p. pp.101-102.
  8. ^ 鹿島 2010, p. 282.
  9. ^ 鹿島 2013, p. 103.
  10. ^ 荻上 2011, pp. 14,18,24,27.
  11. ^ a b c d e 荻上 2013.
  12. ^ 荻上 & 2011, p. pp.52-56.
  13. ^ 荻上 2011, p. 55.
  14. ^ 荻上 2011, p. pp.62-65.
  15. ^ 荻上 2011, p. pp.70-72.
  16. ^ 荻上 2011, p. 90.
  17. ^ 三橋順子「日本女装昔話」第3回「1960年代の女装世界を語る雑誌『風俗奇譚』」。同誌にはゲイ同士の文通欄や1961年1月号からは女装者専用の交際欄「女装愛好の部屋」が設けられた。
  18. ^ オトコノコのためのボーイフレンド(1986年 少年社)。
  19. ^ インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律 第二条による
  20. ^ 荻上 2011, p. pp.90-91.
  21. ^ SNSを悩ます「出会い系」問題の深淵 非出会い系の被害児童数は最悪水準へ 日本経済新聞 2010年12月8日
  22. ^ 「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」第三章 インターネット異性紹介事業の規制
  23. ^ 警察庁広報資料「平成23年中の出会い系サイト等に起因する事犯の検挙状況について」
  24. ^ 行政処分受けた「出会い系サイト」 「女性のメール」ほとんど男のサクラ」 J-CASTニュース、2008年5月7日。
  25. ^ 第25回 架空請求・不当請求にご注意!/警察本部/とりネット/鳥取県公式サイト
  26. ^ a b c 栗林 2004, p. pp.32-33.
  27. ^ 栗林 2004, p. 36.
  28. ^ 栗林 2004, p. pp.32-42.


「出会い系サイト」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マッチングサイト」の関連用語

マッチングサイトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マッチングサイトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの出会い系サイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS