クリーンサープラス関係とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > クリーンサープラス関係の意味・解説 

クリーンサープラス関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/13 07:24 UTC 版)

クリーンサープラス関係(クリーンサープラスかんけい)とは、損益計算書で計算された期間損益と、貸借対照表における純資産の増減額(資本取引による増減額は除く)が等しくなる関係をいう。現在、日本の制度会計における財務諸表は、クリーンサープラス関係が崩れたものとなってしまっている。これは、近年における日本の会計ビッグバンにより、国際的調和を考慮して資産負債アプローチを取り入れる一方、依然として収益費用アプローチも重視した日本の必然的な結果である。その代表的な例として、「その他有価証券」の評価額にかかる会計処理があげられることが多い。




「クリーンサープラス関係」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クリーンサープラス関係」の関連用語

クリーンサープラス関係のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クリーンサープラス関係のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクリーンサープラス関係 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS