収益認識とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 収益認識の意味・解説 

収益認識

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/20 09:14 UTC 版)

収益認識 (しゅうえきにんしき、revenue recognition) とは、企業会計において、収益を財務諸表に計上することを指す。会計学上、収益の計上をいつどのように行うかという収益認識基準が問題となる。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 企業会計基準第 29 号 「収益認識に関する会計基準」等の公表 (pdf)”. 企業会計基準委員会 (2018年3月30日). 2018年5月20日閲覧。
  2. ^ 「財務諸表監査における不正」(『監査基準委員会報告書』240、平成23年12月22日発表)第25、26項。


「収益認識」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「収益認識」の関連用語

収益認識のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



収益認識のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの収益認識 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS