預り金とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > > 預り金の意味・解説 

あずかりきん あづかり- [0] 【預(か)り金】

他人から預かった金銭
借りた金。 「講中の-も、晦日にやあ揃へて/人情本辰巳

預り金

・預り金とは取引先従業員から一時的に預かった金額を処理するのに利用される勘定科目である。

例えば、企業従業員への給料支払の際に源泉徴収税を行うが、預り金とはこの源泉徴収従業員から預かった源泉所得税のことで、預り金勘定負債勘定)によって処理する。

預かり金には、源泉所得税の他、住民税社会保険料や、顧客からの営業保証金などが挙げられる。


預り金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/10/06 23:27 UTC 版)

預り金(あずかりきん)とは、企業会計複式簿記)における勘定科目のひとつ。




「預り金」の続きの解説一覧



預り金と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「預り金」の関連用語

預り金のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



預り金のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2019 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの預り金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS