ファーストアルバムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ファーストアルバムの意味・解説 

ファーストアルバム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/16 16:04 UTC 版)

ヴァレイ・オブ・ザ・ダムド」の記事における「ファーストアルバム」の解説

2003年発売されアルバム。既にこの段階でバンド名現在のドラゴンフォース変更している。 Invocation Of Apocalyptic Evil - 0:13 Valley Of The Damned - 7:12 Black Fire - 5:46 Black Winter Night - 6:30 Starfire - 5:53 Disciples Of Babylon - 7:16 Revelations - 6:52 Evening Star - 6:38 Heart Of A Dragon - 5:22 Where Dragons Rule - 5:49日本語盤のみのボーナストラック

※この「ファーストアルバム」の解説は、「ヴァレイ・オブ・ザ・ダムド」の解説の一部です。
「ファーストアルバム」を含む「ヴァレイ・オブ・ザ・ダムド」の記事については、「ヴァレイ・オブ・ザ・ダムド」の概要を参照ください。


ファーストアルバム(1973)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/06 00:58 UTC 版)

アルビオン・バンド」の記事における「ファーストアルバム(1973)」の解説

ハッチングスこれらのミュージシャンから常設バンド作りたい考えており、最初の試みとしてロイストン・ウッド、スティーヴ・アシュリー、スー・ドラハイムをメンバーに加えたが、グループはうまく機能せず、マーティン・カーシー、ジョン・カークパトリック、スー・ハリス、ロジャー・スワロー、サイモン・ニコルを第2バンド迎え入れたバンド壊れやすく1973年8月解散したが、1976年アイランド・レコードから "Battle of the Field" というタイトルアルバムリリースされた。 このラインナップ録音され他の素材は、後のCD "BBC Sessions" (1998)に収録されている。

※この「ファーストアルバム(1973)」の解説は、「アルビオン・バンド」の解説の一部です。
「ファーストアルバム(1973)」を含む「アルビオン・バンド」の記事については、「アルビオン・バンド」の概要を参照ください。


ファースト・アルバム (1999年 - 2000年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/02 01:43 UTC 版)

グラスジョー (バンド)」の記事における「ファースト・アルバム (1999年 - 2000年)」の解説

1999年バンドロス・ロビンソン(アット・ザ・ドライヴインリンプ・ビズキットコーンスリップノット)をプロデューサー迎えて1stアルバムである『エヴリシング・ユー・エヴァー・ウォンテッド・トゥ・ノウ・アバウト・サイレンス』をレコーディングする為にカリフォルニア州マリブのインディゴ・ランチのスタジオ入ったロス契約交わした際の出来事を、ベックはこう語る。「ロス俺たち練習している時に現れた。そして俺たちが曲を演奏し始めると、彼は立ち上がって、手を振りこう言った。」「終わった遂に終わった!これだよ!契約しよう!」これに関してロス・ロビンソンはこう述べる。「そのアルバムでの私たち目的は“アディダス・ロック”を駆逐することだったんだ。」これは、当時興隆極めていたニュー・メタルムーヴメントに属する、彼がプロデュースしたアディダススポンサーとなっていた一部バンド(コーンリンプ・ビズキット)に対するある種自己卑下的な姿勢である。バンドの音楽性攻撃的激しいものであったが、その反面「When One Eight Becomes Two Zeros」「Her Middle Name is Boom」「Piano」といった叙情的な側面を持つ曲も収録されており、その流れを汲む大作Everything You Ever Wanted to Know About Silence」は更にパルンボ自身のクローン病について歌われ個人的なものである。だが、基本的なバンドのスタイルパルンボ出会った人間に対する苦々しい怒り溢れた感情を、彼の喉を切り裂かんばかり力強叫びユニーク且つメロディアスな歌声にのせるというものだった。このアルバムポスト・ハードコアに於ける画期的な作品だと評価されたが、その評価に反してレーベルアルバムプロモーションに殆ど力入れずバンドロードランナー・レコードに対する不信募らせた。そして問題は更に悪化することになる。ツアー中パルンボクローン病発作起こし彼の激しいパフォーマンススタイルでは致命的な段階至りかねないにもかかわらずレーベルは彼が残りツアーの日程消化せずに休息をとるのは許されない主張したのだ。 このツアーでは、デフトーンズ帯同する期間とソウルフライとの六週間ヨーロッパツアーの期間で、ラリー・ゴーマンがドラム担当したバンドのラインナップは、マニュエル・カーレロがツアーの日程に不満を持っているという理由だけでロードランナー・レコードによってバンドから外され以来変わり続けていた。

※この「ファースト・アルバム (1999年 - 2000年)」の解説は、「グラスジョー (バンド)」の解説の一部です。
「ファースト・アルバム (1999年 - 2000年)」を含む「グラスジョー (バンド)」の記事については、「グラスジョー (バンド)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ファーストアルバム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ファーストアルバム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ファーストアルバム」の関連用語

ファーストアルバムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ファーストアルバムのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴァレイ・オブ・ザ・ダムド (改訂履歴)、アルビオン・バンド (改訂履歴)、グラスジョー (バンド) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS