ファーストインパクトとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ファーストインパクトの意味・解説 

ファーストインパクト

最初衝撃、といった意味の語。物理的心理的または社会的大きな衝撃与え出来事のうち、最初に起こったことを指す。2番目に生じたものをセカンドインパクトという。

ジャイアント・インパクト説

(ファーストインパクト から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/06 06:20 UTC 版)

ジャイアント・インパクト説(ジャイアント・インパクトせつ、英語: giant-impact hypothesis)とは、地球衛星であるがどのように形成されたかを説明する学説。巨大衝突説とも呼ばれる。この説においては、月は原始地球と火星ほどの大きさの天体が激突した結果形成されたとされ、この衝突はジャイアント・インパクトGiant Impact、大衝突)と呼ばれる。また、英語ではBig SplashTheia Impact と呼ばれることもある。原始地球に激突したとされる仮想の天体はテイア(Theia)と呼ばれることもある。




  1. ^ a b Edward Belbruno, J. Richard Gott III (2004). "Where Did The Moon Come From?". arXiv:astro-ph/0405372
  2. ^ “国立天文台・天文ニュース (235) ジャイアント・インパクトは普通の事件”. 国立天文台. (1999年1月28日). http://www.nao.ac.jp/nao_news/mails/000235 2009年10月19日閲覧。 
  3. ^ a b “月の起源、「巨大衝突」ではなかった? 定説覆す論文発表”. AFP通信. (2017年1月10日). http://www.afpbb.com/articles/-/3113531 2017年1月10日閲覧。 
  4. ^ Binder, A. B. (1974). “On the origin of the Moon by rotational fission”. The Moon 11 (2): 53–76. Bibcode1974Moon...11...53B. doi:10.1007/BF01877794. 
  5. ^ Halliday, Alex N (November 28, 2008). “A young Moon-forming giant impact at 70–110 million years accompanied by late-stage mixing, core formation and degassing of the Earth”. Philosophical transactions. Series A, Mathematical, physical, and engineering sciences (Philosophical Transactions of the Royal Society) 366 (1883): 4163–4181. Bibcode2008RSPTA.366.4163H. doi:10.1098/rsta.2008.0209. PMID 18826916. http://rsta.royalsocietypublishing.org/content/366/1883/4163.full. 
  6. ^ Hartmann, W. K.; Davis, D. R. (1975). “Satellite-sized planetesimals and lunar origin”. Icarus 24 (4): 504-515. doi:10.1016/0019-1035(75)90070-6. 
  7. ^ a b “国立天文台・天文ニュース (132) 月形成のシミュレーション”. 国立天文台. (1997年10月9日). http://www.nao.ac.jp/nao_news/mails/000132 2009年10月19日閲覧。 
  8. ^ 月の誕生について、巨大衝突説(ジャイアントインパクト説)は本当に正しいのでしょうか?その根拠はどのようなものなのでしょうか?月探査情報ステーション
  9. ^ 大衝突による月の誕生を支持する新たな論文(続報)アストロアーツ公式サイト
  10. ^ “大衝突による月の誕生を支持する新たな論文(続報)”. AstroArts. (2000年2月23日). http://www.astroarts.co.jp/news/2000/02/23moonimpact/index-j.shtml 2009年10月19日閲覧。 
  11. ^ a b Raluca Rufu, Oded Aharonson & Hagai B. Perets (2017), "A multiple-impact origin for the Moon", Nature Geoscience.
  12. ^ “SwRI scientist: Pluto-Charon origin may mirror that of Earth and its Moon”. Southwest Research Institute. (2005年1月27日). http://www.swri.org/9what/releases/2005/pluto.htm 2009年10月19日閲覧。 


「ジャイアント・インパクト説」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ファーストインパクト」の関連用語

ファーストインパクトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ファーストインパクトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャイアント・インパクト説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS