Suchmosとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > Suchmosの意味・解説 

Suchmos

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/21 07:53 UTC 版)

Suchmos(サチモス)は、日本の男性ロックバンド。2013年結成。バンド名の由来は、ルイ・アームストロング(ジャズミュージシャン)の愛称サッチモから。ロックソウルジャズヒップホップなどから影響を受けた音楽性を持つ[1]


注釈

  1. ^ ある時、イングランド代表の試合を見ていた際に、スティーブン・ジェラードに興味を持ち、調べたところ、ビートルズが生まれた街のクラブ・リバプールに所属していることが分かり、それからファンになった[11]
  2. ^ 収録曲の「WIPER」が、Billboard Japan Hot 100で最高7位を記録[124]

出典

  1. ^ a b c d e Suchmos(サチモス)の情報まとめ”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2021年2月5日閲覧。
  2. ^ a b c d “Suchmos、渋谷の某ライブハウスでシークレット・ギグ開催決定。”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2015年7月1日). https://www.barks.jp/news/?id=1000117224 2021年2月5日閲覧。 
  3. ^ 河西洋介 YONCE (solitaire_man/) - Instagram
  4. ^ “SuchmosのYONCE いまだに地元・茅ヶ崎に住み続ける理由”. 太田出版. (2016年3月18日). http://www.ohtabooks.com/qjkettle/news/2016/03/18114800.html 
  5. ^ a b “元町在住YONCEさん バンドでアルバムリリース”. タウンニュース 茅ヶ崎版. (2015年7月31日). http://www.townnews.co.jp/0603/i/2015/07/31/293947.html 
  6. ^ 高岡洋詞「エッジな人々」『SPA! 2月14日・21日合併号』、扶桑社、2017年2月、 149頁。
  7. ^ “松任谷由実×Suchmosの対談が実現!YONCE初ライブはユーミンと明かし「もうブチ喰らってしまって…」”. E TALENTBANK. (2017年7月12日). https://e-talentbank.co.jp/news/39139/ 
  8. ^ a b c YONCE (2015年7月7日). Suchmos、男としての生き様をブラックミュージックに込める. インタビュアー:金子厚武. CINAR NET.. http://www.cinra.net/interview/201507-suchmos 2018年4月16日閲覧。 
  9. ^ a b 板子淳一郎 2017, p. 17.
  10. ^ OLD JOE. thaleia対談vol.4OLD JOE. インタビュアー:みひ、えりこ. 対談のぺーじ.. http://thaleia-taidan.tumblr.com/post/51005262894/thaleia対談vol4-old-joe 2018年4月16日閲覧。 
  11. ^ a b 板子淳一郎 2017, p. 20,21.
  12. ^ a b c d e 三宅玲子「表紙の人」『AERA』第30巻第30号、朝日新聞出版、2017年7月3日、 9頁。
  13. ^ a b c 板子淳一郎 2017, p. 33.
  14. ^ a b Suchmosに新メンバー2人加入&7月に初のフルアルバム”. 音楽ナタリー (2015年5月27日). 2016年5月31日閲覧。
  15. ^ HumanCry”. Audioleaf. 2017年2月1日閲覧。
  16. ^ a b c d 板子淳一郎 2017, p. 51.
  17. ^ a b “SuchmosのHSUとOKがベース・マガジン、リズム&ドラム・マガジンの表紙に登場!リズム隊が、黒いグルーヴに染まる。” (プレスリリース), 株式会社インプレスホールディングス, (2017年2月13日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001538.000005875.html 2021年10月15日閲覧。 
  18. ^ 【MV】もう実家帰りなよ - SANABAGUN - YouTube
  19. ^ a b c d 板子淳一郎 2017, p. 23.
  20. ^ a b “Suchmos「Miree」はアルバイトで生まれた!?”. J-WAVE NEWS. (2016年6月4日). http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/suchmosmiree.html 
  21. ^ “SPURMAGAZINE”. SPUR. (2017年2月25日). https://spur.hpplus.jp/spurgram/spurmagazine/201702/25/JBEYWGU/ 
  22. ^ a b 二木信「「すごい若者たち」Suchmosの音楽的な魅力」『ミュージック・マガジン』第49巻第2号、ミュージック・マガジン、2017年2月、 41頁。
  23. ^ a b c 板子淳一郎 2017, p. 37.
  24. ^ “TAIHEI(氷見出身・キーボード)が所属 バンド「Suchmos」人気上昇中”. 北日本新聞. (2016年2月20日). http://webun.jp/item/7330010 
  25. ^ a b Suchmos (2016年2月2日). Suchmos『LOVE&VICE』インタビュー. インタビュアー:高木“JET”晋一郎. NEOL.. http://www.neol.jp/culture/37499/ 2018年4月16日閲覧。 
  26. ^ “卒業生情報”. 洗足学園音楽大学/大学院音楽・音響デザインコース. (2016年12月2日). http://webun.jp/item/7330010 2018年4月16日閲覧。 
  27. ^ a b 板子淳一郎 2017, p. 47.
  28. ^ サチモスのHSUさん急死「戸惑い悲しんでおります」19年に腫瘍手術”. デイリースポーツ online (2021年10月15日). 2021年10月15日閲覧。
  29. ^ お知らせ”. 株式会社スペースシャワーネットワーク・F.C.L.S.. 2021年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月15日閲覧。
  30. ^ Suchmos (2016年2月2日). Suchmos『LOVE&VICE』インタビュー. インタビュアー:高木“JET”晋一郎. NEOL.. http://www.neol.jp/culture/37499/3/ 2018年4月16日閲覧。 
  31. ^ a b 小杉隼太さんの自己紹介 - Facebook
  32. ^ a b c d “Suchmos バンド名で仲間割れ? 決着は半年後か”. J-WAVE NEWS. (2016年4月8日). http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/suchmos.html 
  33. ^ YONCE (2016年2月15日). 【インタビュー:Suchmos】1月に2nd E.P.『LOVE & VICE』をリリースしたSuchmos。ボーカルであり、フロントマンのYONCEにバンドのバックグラウンドや現在の意識を訊いた。. インタビュアー:Amy Nonaka. FLYING POSTMAN PRESS 関西版.. http://flying-postman.com/kansai/musics/7480.html 2018年4月16日閲覧。 
  34. ^ a b YONCE、TAIKING (2015年7月18日). 【interview前半】 ラフに遊んでいる友達から、Suchmosは始まった. インタビュアー:まりりん. BELONG Media.. https://belongmedia.net/2015/07/18/%e3%80%90interview%e5%89%8d%e5%8d%8a%e3%80%91suchmos%e3%81%8c%e8%aa%9e%e3%82%8b%e3%80%81%e3%83%87%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%a0%e3%80%8ethe-bay%e3%80%8f/ 2018年4月16日閲覧。 
  35. ^ a b c d e f g 森健、三宅玲子 (2016年2月15日). “「おれたちには音楽しかなかった」Suchmosのバックストーリー”. Yahoo!Japanカルチャー. https://news.yahoo.co.jp/feature/733 2018年4月16日閲覧。 
  36. ^ 金子悟. なぜSuchmosはブレイクできた?マネージャー・金子悟が語る. インタビュアー:金子厚武. CINRA.NET.. http://www.cinra.net/interview/gyoukairetsuden/vol7-kanekosatoru?page=2 2017年4月14日閲覧。 
  37. ^ a b Suchmos (2016年2月2日). Suchmos『LOVE&VICE』インタビュー. インタビュアー:高木“JET”晋一郎. NEOL.. http://www.neol.jp/culture/37499/4/ 2018年4月16日閲覧。 
  38. ^ “『フジロック』最終発表でROOKIE A GO-GO含む22組追加、全211組出揃う”. CINRA.NET. (2014年7月3日). http://www.cinra.net/news/20140703-fujirockfestival 2018年4月16日閲覧。 
  39. ^ “横浜発のスケーター4人組バンドSuchmos、デビューシングルは『Essence』”. CINRA.NET. (2015年2月25日). http://www.cinra.net/news/20150225-suchmos 2018年4月16日閲覧。 
  40. ^ “Suchmos、デビューシングル『Essence』より「Fallin’」MV公開&リリパにAunbeatz、DATS”. DIGGITY. (2015年3月20日). http://diggity-jp.net/news/16132/ 2018年4月16日閲覧。 
  41. ^ “目標は「横浜スタジアム」ーーSuchmos、メロウでソウルフル、アーバンな新作EPをハイレゾ配信”. OTOTOY. (2016年1月27日). http://ototoy.jp/feature/20160127 2018年4月16日閲覧。 
  42. ^ 小山守「仲のいい友達が集まって始めた、ラフで自由なスタンス-Suchmosの歩み」『ミュージック・マガジン』第49巻第2号、ミュージック・マガジン、2017年2月、 37頁。
  43. ^ “Suchmosに新メンバーが加入&1stアルバム「THE BAY」のリリースが決定”. MUSICman-NET. (2015年5月27日). https://www.musicman-net.com/artist/47191.html 2018年4月16日閲覧。 
  44. ^ “THE BAY/Suchmos”. オリコン. http://www.oricon.co.jp/prof/644776/products/1131378/1/ 2018年4月16日閲覧。 
  45. ^ THE BAY / Suchmos”. Billboard Japan (2015年). 2017年1月20日閲覧。
  46. ^ J-WAVE、2015年7月19日付のTOKIO HOT 100]のチャート
  47. ^ “Apple Music Best of 2015発表、ベストアルバムは三代目JSB「PLANET SEVEN」”. MUSICman-NET. (2015年12月11日). http://www.musicman-net.com/business/52510.html 
  48. ^ “Suchmos、初自主企画のゲストにSOIL&”PIMP” SESSIONS”. BARKS. (2015年12月11日). https://www.barks.jp/news/?id=1000119641 
  49. ^ “Suchmos、初の自主企画を開催 SOIL&”PIMP”SESSIONSをゲストに迎える”. RealSound. (2015年9月11日). http://realsound.jp/2015/09/post-4519.html 
  50. ^ 佐藤穣太「BEHIND THE BAND LOGO DESIGN」『SWITCH』第35巻第2号、スイッチ・パブリッシング、2017年2月、 24,25。
  51. ^ “Suchmos、2nd EP『LOVE&VICE』リリース&初の全国ツアー開催決定”. DIGGITY. (2015年12月12日). http://diggity-jp.net/news/26562/ 
  52. ^ LOVE&VICE”. オリコン (2016年). 2017年1月24日閲覧。
  53. ^ 音楽ナタリー、2016年1月26日Suchmos×ヨギー×ネバヤン「NO MUSIC, NO LIFE.」に3組そろって登場
  54. ^ J-WAVE、2016年1月24日付のTOKIO HOT 100のチャート
  55. ^ Suchmos「STAY TUNE」が Honda「VEZEL」新CM曲に決定!”. SPACE SHOWER MUSIC (2016年9月9日). 2016年11月7日閲覧。
  56. ^ 【エンタがビタミン♪】Suchmosが歌うホンダのCM曲に反響 イントロで「電撃が走った」”. Techinsight (2017年1月15日). 2017年1月24日閲覧。
  57. ^ a b “Billboard Japan Hot 100”. Billboard Japan. (2017年1月16日). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=hot100&year=2017&month=01&day=16 
  58. ^ Suchmos、新作リリース+初の全国ツアーが決定”. BARKS (2015年12月12日). 2017年1月24日閲覧。
  59. ^ Suchmos、待望の新作『MINT CONDITION』リリース決定!”. Qetic (2016年4月23日). 2017年1月24日閲覧。
  60. ^ a b A.G.I.T.”. スペースシャワーTV (2016年). 2017年1月11日閲覧。
  61. ^ Suchmos、3rd E.P.「MINT CONDITION」のリード曲「MINT」のMV公開&東名阪ワンマンツアー発表”. MUSICman-NET (2016年6月24日). 2017年1月24日閲覧。
  62. ^ a b “MINT”. Billboard Japan. http://www.billboard-japan.com/chart_insight/detail?kind=h100&date=2016-07-25&main=101381#graph_sort=chartin&rank_or_point=rank&show_week=30 
  63. ^ “MTV VMAJ 2016 最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞にSuchmos「MINT」のMVが受賞!”. SPACE SHOWER MUSIC. (2016年10月3日). http://spaceshowermusic.com/ds/news/61787/ 2017年1月11日閲覧。 
  64. ^ Suchmos、ワンマン・ツアー"TOUR MINT CONDITION"追加公演を11/1に横浜Bay Hallにて開催決定”. Skream! (2016年8月22日). 2017年1月24日閲覧。
  65. ^ チケット高額転売防止を求める声明、新たに56組のアーティストが賛同”. 音楽ナタリー (2016年9月11日). 2017年1月24日閲覧。
  66. ^ Suchmos、レギュラー番組「Suchmostyle」がスタート”. 音楽ナタリー (2016年10月14日). 2017年1月24日閲覧。
  67. ^ 「NO MUSIC, NO LIFE.」にSuchmos、オーラル、NONA REEVES、AIR JAM登場”. 音楽ナタリー (2017年1月20日). 2017年1月24日閲覧。
  68. ^ “【ビルボード】AKB48『サムネイル』674,033枚を売り上げアルバム・セールス1位に”. Billboard Japan. (2017年1月30日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/46900/2 2017年1月31日閲覧。 
  69. ^ “【オリコン】AKB48、7作目のアルバム首位 初週60万枚超え”. オリコン. (2017年1月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2085237/full/ 2017年1月31日閲覧。 
  70. ^ “【ビルボード】Suchmos『THE KIDS』、累計10万枚に到達、僅差を覆しアルバム・セールス1位に”. Billboard JAPAN. (2017年2月6日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/47194/2 2017年2月9日閲覧。 
  71. ^ a b “ペトロールズのトリビュート盤にオリラブ、Suchmos、SOIL、デリコNAOKIら”. 音楽ナタリー. (2017年2月13日). http://natalie.mu/music/news/220495 
  72. ^ Suchmos、2ndアルバムリード曲「A.G.I.T.」MV公開 全国15カ所18公演ツアー開催も”. Real Sound (2017年1月11日). 2017年3月2日閲覧。
  73. ^ Suchmos全公演ソールドのツアー、新木場コースト2DAYS追加”. 音楽ナタリー (2017年2月13日). 2017年3月2日閲覧。
  74. ^ “Suchmosが全国ツアーファイナル公演で新レーベル『F.C.L.S.』ローンチを発表”. Billboard Japan. (2017年4月28日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/50428/2 
  75. ^ “Suchmos、新レーベル「F.C.L.S.」設立を発表「広い海を見に行こう」”. オリコン. (2017年4月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2089925/full/ 
  76. ^ “所属アーティスト「Suchmos(サチモス)」がソニー・ミュージックレーベルズとレーベル契約し新レーベル『F.C.L.S.』を2017年4月より発足”. スペースシャワーネットワーク. (2017年4月28日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000876.000002929.html 
  77. ^ “若手6人組バンド「Suchmos」と契約!同時に、新レーベル『F.C.L.S.』を発足!”. ソニーミュージックグループ. (2017年4月28日). https://www.sme.co.jp/s/SME/pressrelease/detail/NEWS00496 
  78. ^ “Suchmos「バンドマンよりかっこいい生き方はない」”. AERA. (2017年7月1日). https://dot.asahi.com/aera/2017062900049.html 2017年7月12日閲覧。 
  79. ^ “ワンオクツアーにCrossfaith、9mm、Aimer、ミスチル、ReN、モンパチ、Suchmos”. 音楽ナタリー. (2017年2月10日). http://natalie.mu/music/news/220211 
  80. ^ “Suchmos、自主レーベルより7月に第1弾作品リリース”. 音楽ナタリー. (2017年6月5日). http://natalie.mu/music/news/235429 
  81. ^ “Suchmos、7・5自主レーベル第1弾 新ビジュアル公開”. オリコン. (2017年6月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2091895/full/?ref_cd=tw_pic 
  82. ^ “Suchmos、ショートフィルム公開”. BARKS. (2017年6月24日). https://www.barks.jp/news/?id=1000143732 2017年6月23日閲覧。 
  83. ^ 山田健人の2017年6月23日7時15分のツイート2017年6月24日閲覧。
  84. ^ “Suchmos ショートフィルムを公開! ジャーナリスト森 健によるライナーノーツも”. Billboard Japan. (2017年7月11日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/52508/2 2017年6月23日閲覧。 
  85. ^ “Suchmos、新レーベル「F.C.L.S.」設立を発表「広い海を見に行こう」”. オリコン. (2017年4月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2089925/full/ 
  86. ^ “Suchmosレーベル旗揚げ野音公演がスペシャで生中継、放送前後も大特集”. 音楽ナタリー. (2017年6月8日). http://natalie.mu/music/news/236011 
  87. ^ “Suchmos、10月より全国ツアー開催。本日の野音ワンマンにて発表”. ロッキング・オン. (2017年7月3日). https://rockinon.com/news/detail/163146 
  88. ^ “Suchmos、ソニーWEBムービー出演 YONCEが湘南で音楽に没入”. オリコン. (2017年10月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2098275/full/ 
  89. ^ “Suchmos、2万人規模の自身初ホールツアー「YOU'VE GOT THE WORLD TOUR」開催”. ロッキング・オン. (2018年1月15日). https://rockinon.com/news/detail/172047 
  90. ^ Suchmos、本日リリース新曲がHonda新CMソングに”. 音楽ナタリー (2018年2月15日). 2018年2月15日閲覧。
  91. ^ Suchmos、ワールドカップ盛り上げる「VOLT-AGE」MV公開”. 音楽ナタリー (2018年6月1日). 2018年6月4日閲覧。
  92. ^ “Suchmos、Nine Inch Nails、マイク・シノダら韓国ペンタポートフェス出演”. 音楽ナタリー. (2018年6月1日). https://natalie.mu/music/news/284935 
  93. ^ “Suchmos、J-WAVEの30周年記念ソング「WATER」を本日先行配信”. 音楽ナタリー. (2019年1月25日). https://natalie.mu/music/news/317350 
  94. ^ “Suchmos、全国7都市を巡るアリーナツアー決定”. 音楽ナタリー. (2018年11月1日). https://natalie.mu/music/news/306084 
  95. ^ “Suchmosキャリア初アジアツアーで6都市巡る”. 音楽ナタリー. (2019年3月29日). https://natalie.mu/music/news/325964 
  96. ^ “Suchmos初のアジアツアー、HSU緊急入院で全公演中止”. 音楽ナタリー. (2019年6月1日). https://natalie.mu/music/news/333848 
  97. ^ “Suchmos×HYUKOH、韓国でツーマンライブ”. 音楽ナタリー. (2019年3月21日). https://natalie.mu/music/news/324806 
  98. ^ “Suchmos、活動一時休止を発表「修行の時期を迎えるため」”. オリコン. (2021年2月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2183567/ 
  99. ^ https://www.suchmos.com/news/” (jp). 2021年10月15日閲覧。
  100. ^ “CMで話題、サチモスの音楽がただただカッコイイ”. JBPress. (2017年2月4日). http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49047?page=2 2017年2月6日閲覧。 
  101. ^ 松尾潔の2016年2月1日7時34分のツイート2017年2月6日閲覧。
  102. ^ a b 「Suchmos FIRST CHOICE LAST STANCE」『SWITCH』第37巻第2号、スイッチ・パブリッシング、2019年2月、 34,35。
  103. ^ “ディアンジェロ? ジャミロクワイ? J・ディラ? 横浜の郊外から産まれたアーバン・ソウルーーSuchmosが日本の音楽を変える!!”. OTOTOY. (2015年1月19日). http://ototoy.jp/feature/2015011905 2017年2月6日閲覧。 
  104. ^ 渡辺裕也 2017, p. 30.
  105. ^ “サチモス、リズムとサンプリングを学んだ一押しの名盤”. J-WAVE NEWS. (2016年5月24日). http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1614.html 2017年2月6日閲覧。 
  106. ^ “サチモスが「音の引き算」を参考にするアルバム”. J-WAVE NEWS. (2016年9月16日). http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/09/post-2361.html 2017年2月6日閲覧。 
  107. ^ a b “サチモス、曲作りの要素に欠かせないグループ”. J-WAVE NEWS. (2017年2月10日). http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2017/02/post-3214.html 2017年2月13日閲覧。 
  108. ^ “Suchmosが影響を受けた「アングラ」なバンド”. J-WAVE NEWS. (2016年10月20日). http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/10/suchmos-6.html 2017年2月6日閲覧。 
  109. ^ YONCE (2016年1月27日). Suchmos 2nd E.P.「LOVE&VICE」Interview. インタビュアー:猪又孝. musicshelf.. オリジナルの2017-9-4時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170904123829/http://musicshelf.jp/pickup/id18993/3/ 
  110. ^ YONCE (2015年7月7日). Suchmos、男としての生き様をブラックミュージックに込める. インタビュアー:金子厚武. CINRA.NET.. http://www.cinra.net/interview/201507-suchmos?page=2 2018年4月16日閲覧。 
  111. ^ a b 渡辺裕也 2017, p. 33.
  112. ^ 渡辺裕也 2017, p. 35.
  113. ^ a b c d 渡辺裕也 2017, p. 34.
  114. ^ 渡辺裕也 2017, p. 33,34.
  115. ^ YONCE. 【本誌未掲載部分を公開!】 SWITCH vol.35 No.2 INTERVIEW YONCE Suchmos. インタビュアー:板子淳一郎. スイッチ・パブリッシング.. http://www.switch-store.net/hpgen/HPB/entries/232.html 2018年4月16日閲覧。 
  116. ^ “Suchmos先生が初来校!「男子限定 掲示板相談室」!!”. SCHOOL OF LOCK!. (2016年8月16日). http://www.tfm.co.jp/lock/staff/index.php?itemid=8509 2017年2月7日閲覧。 
  117. ^ Suchmosのアルバム売上ランキング”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2019年4月3日閲覧。
  118. ^ THE BAY / Suchmos”. Billboard Japan (2015年). 2017年1月20日閲覧。
  119. ^ “Billboard JAPAN Top Albums Sales”. Billboard Japan. (2017年2月13日). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=top_albums&year=2017&month=02&day=13 2017年2月9日閲覧。 
  120. ^ レコ協 1月ゴールドディスク認定、SMAPのビデオがダブル・プラチナ”. MUSICMAN-NET (2017年2月10日). 2017年2月11日閲覧。
  121. ^ Billboard Japan Top Albums Sales”. Billboard Japan (2017年6月27日). 2018年6月29日閲覧。
  122. ^ “Billboard JAPAN Top Albums Sales”. Billboard Japan. (2017年2月13日). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=top_albums&year=2019&month=04&day=8 2019年4月6日閲覧。 
  123. ^ a b Suchmosのシングル売上ランキング”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2017年1月11日閲覧。
  124. ^ Billboard Japan Hot 100”. Billboard Japan (2017年7月13日). 2017年7月17日閲覧。
  125. ^ Billboard Japan Hot 100”. Billboard Japan (2018年2月26日). 2018年6月17日閲覧。
  126. ^ Billboard Japan Download Songs”. Billboard Japan (2018年2月26日). 2018年6月17日閲覧。
  127. ^ Billboard Japan Hot 100”. Billboard Japan (2015年7月20日). 2017年1月11日閲覧。
  128. ^ “レコ協 12月度有料配信認定、安室奈美恵「Fight Together」がダブル・プラチナ”. MUSICMAN-NET. (2018年1月19日). https://www.musicman-net.com/business/72743 
  129. ^ “Billboard Japan Hot 100”. Billboard Japan. (2017年1月23日). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=hot100&year=2017&month=01&day=23 
  130. ^ Billboard Japan Hot 100”. Billboard Japan (2018年6月27日). 2018年6月29日閲覧。
  131. ^ “Billboard Japan Radio Songs”. Billboard Japan. (2017年4月3日). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=radio_songs&year=2017&month=04&day=10 
  132. ^ Fallin'”. スペースシャワーTV (2015年). 2017年1月11日閲覧。
  133. ^ YMM”. スペースシャワーTV (2015年). 2017年1月11日閲覧。
  134. ^ GIRL feat. 呂布”. スペースシャワーTV (2015年). 2017年1月11日閲覧。
  135. ^ STAY TUNE”. スペースシャワーTV (2016年). 2017年1月11日閲覧。
  136. ^ MINT”. スペースシャワーTV (2016年). 2017年1月11日閲覧。
  137. ^ PINKVIBES”. スペースシャワーTV (2017年1月25日). 2017年3月16日閲覧。
  138. ^ Suchmos NEW LABEL "F.C.L.S." SHORT FILM(EDIT ver.)”. スペースシャワーTV (2017年7月5日). 2018年6月17日閲覧。
  139. ^ Suchmos NEW LABEL "F.C.L.S." SHORT FILM”. スペースシャワーTV (2017年7月5日). 2018年6月17日閲覧。
  140. ^ WIPER from「2017.07.02 Live at Hibiya Open -Air Concert Hall」”. スペースシャワーTV (2017年7月5日). 2018年6月17日閲覧。
  141. ^ 808”. スペースシャワーTV (2018年2月15日). 2018年6月17日閲覧。
  142. ^ Suchmos、ドラマーOKがディレクターを務めた映像作品公開”. ナタリー (2018年11月6日). 2018年11月12日閲覧。
  143. ^ Suchmos、3rdフルアルバム『THE ANYMAL』より「In The Zoo」MV公開”. Real Sound (2019年3月19日). 2019年3月30日閲覧。
  144. ^ “Suchmos、レギュラー番組「Suchmostyle」がスタート”. 音楽ナタリー. (2016年10月14日). http://natalie.mu/music/news/205489 2016年10月17日閲覧。 
  145. ^ 【速報】YMA ANNEX 新レギュラー決定!7月よりSuchmos、仮谷せいらが月イチコーナーを担当!”. YOKOHAMA MUSIC AWARD - Fm yokohama 84.7. 2015年6月30日閲覧。
  146. ^ 2015年09月10日のラジオ番組表(神奈川・ラジオ1)”. テレビ番組表の記録. 2015年9月10日閲覧。
  147. ^ 東海ラジオ×TSUTAYA新番組レギュラーにピエール中野、SEAMOら”. 音楽ナタリー (2015年9月16日). 2015年9月16日閲覧。
  148. ^ “Suchmos、J-WAVE「キンプレ」木曜ナビゲーターを担当”. 音楽ナタリー. (2016年3月23日). http://natalie.mu/music/news/180700 2016年3月23日閲覧。 
  149. ^ “サチモス「死ぬかと思った」新曲MV秘話”. J-WAVE NEWS. (2017年3月24日). http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2017/03/mv-6.html 2017年3月31日閲覧。 
  150. ^ “Suchmosが「Apple Music Best of 2015」のベストニューアーティストに選出!”. SPACE SHOWER MUSIC. (2015年12月10日). http://spaceshowermusic.com/lb/news/48158/ 2017年1月13日閲覧。 
  151. ^ “第8回CDショップ大賞2016、大賞は星野源『YELLOW DANCER』に決定。水曜日のカンパネラ、back number、米津玄師、夜の本気ダンス、Suchmosら各受賞作品も発表”. Skream. (2016年3月9日). http://www.skream.jp/news/2016/03/cd-shop-2016_result.php 2017年1月11日閲覧。 
  152. ^ “MTV VMAJ 2016 最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞にSuchmos「MINT」のMVが受賞!”. SPACE SHOWER MUSIC. (2016年10月3日). http://spaceshowermusic.com/ds/news/61787/ 2017年1月11日閲覧。 
  153. ^ “「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」24部門の受賞結果発表。最優秀アーティストはRADWIMPS”. BARKS. (2017年3月8日). https://www.barks.jp/news/?id=1000139278 2017年3月8日閲覧。 
  154. ^ “『第59回レコード大賞』各賞決定 大賞候補に乃木坂46&欅坂46ら”. BARKS. (2017年11月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2100716/full/ 2017年11月16日閲覧。 
  155. ^ “『ハイレゾ音源大賞』2017年ユーザー大賞はSuchmos/真空ホロウ/宇多田ヒカ!声優・飯田里穂選出の12月度大賞も”. Billboard Japan. (2017年12月26日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/58769/2 2017年12月30日閲覧。 
  156. ^ [高橋一生、ブレイクの1年振り返る “高橋一生、ブレイクの1年振り返る”]. モデルプレス. (2017年12月26日). 高橋一生、ブレイクの1年振り返る 2018年6月17日閲覧。 
  157. ^ “「CDショップ大賞2018」大賞は米津玄師『BOOTLEG』に決定”. ロッキングオン. (2018年3月8日). https://rockinon.com/news/detail/174001 2018年6月17日閲覧。 
  158. ^ “「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018」最優秀アーティストにゆず、主要賞に星野 源、平井堅、Hi-STANDARD、DAOKO”. Musicma-net. (2018年3月2日). https://www.musicman-net.com/artist/73944 2018年6月17日閲覧。 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Suchmos」の関連用語

Suchmosのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Suchmosのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSuchmos (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS