痛散湯とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 痛散湯の意味・解説 

痛散湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/06 03:53 UTC 版)

痛散湯(つうさんとう)は、再春館製薬所が販売する、一般名としては麻杏薏甘湯加防已(まきょうよくかんとうかぼうい)と称される一般用生薬製剤である[1]


[ヘルプ]
  1. ^ a b c 麻杏薏甘湯加防已の膝関節痛と慢性筋肉痛に対する効果の検討”. 順天堂大学大学院医学研究科. 2014年9月14日閲覧。
  2. ^ 「一般用生薬製剤 麻杏よく甘湯加防已の安全性と有効性 販売用電話コミュニケーションを用いた疫学調査」PROGRESS IN MEDICINE 基礎・治療 Vol.31 No.6(2011-6)
  3. ^ 痛散湯の痛み治療とは?膝や腰の痛みを本気で治したい方へQLife
  4. ^ 痛散湯ならではの「痛み治療」が支持される秘密とは?Slownet
  5. ^ 痛みの原因と漢方 株式会社再春館製薬所
  6. ^ 養生 株式会社再春館製薬所
  7. ^ a b 痛散湯 医薬品医療機器情報
  8. ^ a b 再春痛散湯エキス顆粒 医薬品医療機器情報
  9. ^ 「運動器疼痛性疾患に対する麻杏薏甘湯加防已の有効性と安全性の検討」第21回和漢医薬学会学術大会
  10. ^ グルコサミン研究9(グルコサミン研究会編)「麻杏薏甘湯加防已(痛散湯)の膝関節痛と慢性筋肉痛に対する改善効果」


「痛散湯」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「痛散湯」の関連用語

痛散湯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



痛散湯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの痛散湯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS