適応症とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > > 適応症の意味・解説 

てきおう‐しょう〔‐シヤウ〕【適応症】

読み方:てきおうしょう

ある療法によって、その治療の効果が期待できる病気症状


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/10/10 14:50 UTC 版)

歯槽骨除去手術」の記事における「適応症」の解説

歯周ポケット関連して骨吸収があり、その結果欠損起こりこの手術を行わない歯周ポケット除去ない場合

※この「適応症」の解説は、「歯槽骨除去手術」の解説の一部です。
「適応症」を含む「歯槽骨除去手術」の記事については、「歯槽骨除去手術」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/26 16:48 UTC 版)

ミダゾラム」の記事における「適応症」の解説

日本では、ドルミカムは 麻酔前投薬 全身麻酔導入および維持 集中治療における人工呼吸中の鎮静 ミダフレッサ静注0.1%は てんかん重積状態 である。 上部消化管内視鏡大腸内視鏡施行時鎮静用いられることもあるが、日本では保険適応はなされていないアメリカ合衆国では一般的に用いられている。日本でも用い施設増えつつある。内視鏡検査苦しみ多くの国々では我慢している。アメリカ合衆国では用いられるのが一般的である。 内視鏡検査ではミダゾラム成人男性では4mgを目処に投与することが多い。女性小柄な体格である場合減量し用いる。 2009年6月小児科領域でも痙攣重積状態に保険適用外で病院持ち出しで)使用されている実情があり、小児神経学会からも適応拡大要請なされている2009年9月16日社会保険診療報酬支払基金よりドルミカムを「痙攣重積状態を含むてんか重積状態」に対して処方した場合審査認め通知が行われた。 2011年9月社会保険診療報酬支払基金はドルミカムを「区域麻酔での鎮静」も審査認めると発表した

※この「適応症」の解説は、「ミダゾラム」の解説の一部です。
「適応症」を含む「ミダゾラム」の記事については、「ミダゾラム」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/29 20:28 UTC 版)

五虎湯」の記事における「適応症」の解説

感冒気管支喘息、急・慢性気管支炎気管支拡張症など喘鳴呼吸困難を伴う激しいせきで、口渇発汗認められるものに使用する

※この「適応症」の解説は、「五虎湯」の解説の一部です。
「適応症」を含む「五虎湯」の記事については、「五虎湯」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/28 01:26 UTC 版)

ノルレボ」の記事における「適応症」の解説

効能効果緊急避妊 効能効果関連する使用上の注意 投与により完全に妊娠阻止することはできない臨床成績の項を参照)。 本剤は、避妊措置失敗した又は避妊措置講じなかった性交後に緊急的に用いるものであり、通常の経口避妊薬のように計画的に妊娠回避するものではない。

※この「適応症」の解説は、「ノルレボ」の解説の一部です。
「適応症」を含む「ノルレボ」の記事については、「ノルレボ」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/28 06:04 UTC 版)

クリアアライナー」の記事における「適応症」の解説

顎関係に大きなズレがない状態(大臼歯関係classⅠ)で七番萌出しており軽度の叢生乱杭歯)、空隙のある歯列閉鎖矯正の治療の後戻りなど比較的歯の移動量の少なケース適応となる。

※この「適応症」の解説は、「クリアアライナー」の解説の一部です。
「適応症」を含む「クリアアライナー」の記事については、「クリアアライナー」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/13 19:55 UTC 版)

オキサシリン」の記事における「適応症」の解説

ペニシリン耐性菌による感染症用いる。

※この「適応症」の解説は、「オキサシリン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「オキサシリン」の記事については、「オキサシリン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 05:49 UTC 版)

アレムツズマブ」の記事における「適応症」の解説

再発または難治性慢性リンパ性白血病CLL日本では多発性硬化症臓器移植に対する適応はない。

※この「適応症」の解説は、「アレムツズマブ」の解説の一部です。
「適応症」を含む「アレムツズマブ」の記事については、「アレムツズマブ」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/22 17:44 UTC 版)

エンテカビル」の記事における「適応症」の解説

慢性B型肝炎 急性B型肝炎適応外であるが処方されることがある

※この「適応症」の解説は、「エンテカビル」の解説の一部です。
「適応症」を含む「エンテカビル」の記事については、「エンテカビル」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/04 01:47 UTC 版)

歯肉弁根尖側移動術」の記事における「適応症」の解説

歯周ポケット深く歯肉歯槽粘膜を超えている場合付着歯肉を得るために根尖側に歯肉弁を移動させることが可能な症例 歯周ポケット浅くても、付着歯肉の幅を必要とする場合

※この「適応症」の解説は、「歯肉弁根尖側移動術」の解説の一部です。
「適応症」を含む「歯肉弁根尖側移動術」の記事については、「歯肉弁根尖側移動術」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/28 07:31 UTC 版)

桔梗石膏」の記事における「適応症」の解説

咽喉腫れて痛む次の諸症:咳嗽あるいは化膿するもの。

※この「適応症」の解説は、「桔梗石膏」の解説の一部です。
「適応症」を含む「桔梗石膏」の記事については、「桔梗石膏」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/14 05:19 UTC 版)

プレガバリン」の記事における「適応症」の解説

神経障害性疼痛2013年2月28日中枢性・末梢性区別なく適応となった発売当初帯状疱疹後神経痛その後末梢性神経障害疼痛であった線維筋痛症に伴う疼痛2012年6月22日認可線維筋痛症診断は、米国リウマチ学会の分類診断基準等の国際的な基準に基づき慎重に実施し確定診断された場合にのみ投与すること。 日本人線維筋痛症おいても二重盲検試験有効性認められた日本初線維筋痛症治療薬

※この「適応症」の解説は、「プレガバリン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「プレガバリン」の記事については、「プレガバリン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/27 23:06 UTC 版)

メトカルバモール」の記事における「適応症」の解説

運動器疾患に伴う有痛性痙縮痛みを伴う骨格筋不随意的な異常緊張)。たとえば、腰背痛症、頸肩腕症候群肩関節周囲炎、変形性脊椎症など。

※この「適応症」の解説は、「メトカルバモール」の解説の一部です。
「適応症」を含む「メトカルバモール」の記事については、「メトカルバモール」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/25 18:25 UTC 版)

ミロガバリン」の記事における「適応症」の解説

末梢性神経障害疼痛peripheral neuropathic pain: PNP)(2019年1月日本を含むアジアにおいて実施した糖尿病性末梢神経障害疼痛(diabetic peripheral neuropathic pain: DPNP患者対象とした第3相臨床試験、および帯状疱疹後神経痛post-herpetic neuralgia: PHN患者対象とした第3相臨床試験結果に基づき承認取得2019年4月15日発売

※この「適応症」の解説は、「ミロガバリン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「ミロガバリン」の記事については、「ミロガバリン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/04 07:28 UTC 版)

ベンズブロマロン」の記事における「適応症」の解説

日本においては下記の場合における高尿酸血症改善適応がある。 痛風 高尿酸血症を伴う高血圧症 なお、アロプリノール(尿酸合成阻害剤)にくらべ、臨床試験研究進んでいないため世界的に第1選択薬ではないが、日本人尿酸排泄低下型の高尿酸血症が多いため、ベンズブロマロンによる治療合理的との意見もある。

※この「適応症」の解説は、「ベンズブロマロン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「ベンズブロマロン」の記事については、「ベンズブロマロン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 22:42 UTC 版)

アザチオプリン」の記事における「適応症」の解説

移植片拒絶反応抑制 (心移植肺移植肝移植腎移植) クローン病潰瘍性大腸炎 治療抵抗性下記リウマチ疾患 全身性血管炎顕微鏡的多発血管炎多発血管炎性肉芽腫症結節性多発動脈炎好酸球性多発血管炎性肉芽腫症高安動脈炎など) 全身性エリテマトーデス 多発性筋炎皮膚筋炎 全身性強皮症 混合性結合組織病血管炎症候群のひとつであるANCA関連血管炎については、ミコフェノール酸モフェチルよりも寛解維持優れていた。 自己免疫性肝炎

※この「適応症」の解説は、「アザチオプリン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「アザチオプリン」の記事については、「アザチオプリン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/07 16:28 UTC 版)

ロサルタン」の記事における「適応症」の解説

高血圧 2型糖尿病における糖尿病性腎症高血圧および蛋白尿を伴う場合服用開始時一過性の急激な血圧低下起こことがある

※この「適応症」の解説は、「ロサルタン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「ロサルタン」の記事については、「ロサルタン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 05:45 UTC 版)

ミルタザピン」の記事における「適応症」の解説

うつ病およびうつ状態 適応外使用として慢性瘙痒に対して有効なことがある神経伝達物質阻害することにより、痒み刺激遮断する考えられている。

※この「適応症」の解説は、「ミルタザピン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「ミルタザピン」の記事については、「ミルタザピン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 10:22 UTC 版)

ジアフェニルスルホン」の記事における「適応症」の解説

持久隆起紅斑ジューリング疱疹状皮膚炎天疱瘡類天疱瘡色素性痒疹 ハンセン病適応外ではあるが、皮膚結節性多発動脈炎アナフィラクトイド紫斑皮膚アレルギー性血管炎蕁麻疹血管炎などの血管炎線状IgA水疱症粘膜類天疱瘡などの水疱症好酸球性膿疱性毛包炎角層膿疱症などの無菌膿疱疾患群壊疽性膿皮症Sweet病ベーチェット病などの好中球疾患顔面播種粟粒狼瘡環状肉芽腫などの肉芽腫症、皮膚筋炎皮膚症状や、円板状エリテマトーデス亜急性皮膚エリテマトーデスなどの膠原病、集族性ざ瘡急性痘瘡苔癬粃糠疹などにも効果を示す

※この「適応症」の解説は、「ジアフェニルスルホン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「ジアフェニルスルホン」の記事については、「ジアフェニルスルホン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 07:08 UTC 版)

ファムシクロビル」の記事における「適応症」の解説

日本での適応症は帯状疱疹単純疱疹である。

※この「適応症」の解説は、「ファムシクロビル」の解説の一部です。
「適応症」を含む「ファムシクロビル」の記事については、「ファムシクロビル」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 09:46 UTC 版)

シクロスポリン」の記事における「適応症」の解説

経口剤注射剤 右記臓器移植における拒絶反応抑制腎移植肝移植心移植肺移植・膵移植小腸移植骨髄移植ベーチェット病 ベーチェット病以外の非感染性ぶどう膜炎 各種乾癬 再生不良性貧血赤芽球癆 ネフローゼ症候群 重症筋無力症 アトピー性皮膚炎 日本2008年10月適応追加された。 川崎病急性期重症であり、冠動脈障害発生危険がある場合)- ネオーラル内用10%のみ適応症 点眼液 春季カタル サンディミュン疎水性トウモロコシ油に溶解)であるため消化液の中で大きな油滴となり、吸収には胆汁酸による乳化必要であるので、食事内容タイミング胆汁酸分泌量による影響から、吸収にはバラツキがあった。ネオーラルoil in water (o/w) 型マイクロエマルジョンとなるよう界面活性剤などを配合したものであり、吸収安定するような製剤技術用いた製品である。

※この「適応症」の解説は、「シクロスポリン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「シクロスポリン」の記事については、「シクロスポリン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 09:58 UTC 版)

ポマリドミド」の記事における「適応症」の解説

再発又は難治性多発性骨髄腫使用上の注意本剤による治療は、レナリドミド及びボルテゾミブによる治療無効であったものに限られる

※この「適応症」の解説は、「ポマリドミド」の解説の一部です。
「適応症」を含む「ポマリドミド」の記事については、「ポマリドミド」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 07:17 UTC 版)

カリソルブ」の記事における「適応症」の解説

C2う蝕適応。ただし、薬剤塗布しにくい隣接面う蝕適応

※この「適応症」の解説は、「カリソルブ」の解説の一部です。
「適応症」を含む「カリソルブ」の記事については、「カリソルブ」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/24 16:36 UTC 版)

酸性泉」の記事における「適応症」の解説

浴用においては一般的適応症のほか、慢性皮膚病飲用においては慢性消化器病。

※この「適応症」の解説は、「酸性泉」の解説の一部です。
「適応症」を含む「酸性泉」の記事については、「酸性泉」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 17:36 UTC 版)

メトロニダゾール」の記事における「適応症」の解説

トリコモナス症 ヘリコバクター・ピロリ感染症 アメーバ赤痢肝膿瘍 ジアルジア症下の嫌気性菌感染症深在性皮感染症蜂窩織炎など) 外傷熱傷および手術創等の二次感染 骨髄炎 肺炎肺膿瘍 腹膜炎骨盤内炎症性疾患 (PSI) がん性皮潰瘍 酒さ 感染性腸炎(偽膜性大腸炎を含む。嫌気性菌であるクロストリジウム・ディフィシル感染に対して) 歯科領域では、3MIX3種混合抗菌薬)の成分として、歯内療法使用される3MIXとは、メトロニダゾール、セファクロム、シプロフロキサシン3種抗菌薬混和したものである獣医学領域では、イヌの腸鞭毛虫症や豚赤痢に対して有効であるまた、イヌネコ嫌気性細菌による感染症治療にも使用される

※この「適応症」の解説は、「メトロニダゾール」の解説の一部です。
「適応症」を含む「メトロニダゾール」の記事については、「メトロニダゾール」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/18 04:29 UTC 版)

大建中湯」の記事における「適応症」の解説

腹が冷えて痛み腹部膨満感のものに使用する

※この「適応症」の解説は、「大建中湯」の解説の一部です。
「適応症」を含む「大建中湯」の記事については、「大建中湯」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 09:18 UTC 版)

ベタメタゾン」の記事における「適応症」の解説

軟膏クリームローション 湿疹・皮膚炎群手湿疹進行性指掌角皮症脂漏性皮膚炎を含む)、乾癬虫さされ薬疹・中毒疹痒疹群(ストロフルスじん麻疹苔癬結節性痒疹を含む)、紅皮症紅斑症多形滲出性紅斑ダリエ遠心性環状紅斑)、ジベル薔薇色粃糠疹掌蹠膿疱症扁平紅色苔癬慢性円板状エリテマトーデス肉芽腫症(サルコイドーシス環状肉芽腫)、特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑、シャンバーク病)、円形脱毛症肥厚性瘢痕ケロイド悪性リンパ腫菌状息肉症を含む)、アミロイド苔癬水疱症天疱瘡群、ジューリング疱疹状皮膚炎水疱性類天疱瘡点眼点耳点鼻眼科:外眼部および前眼部の炎症性疾患対症療法眼瞼炎結膜炎角膜炎強膜炎上強膜炎前眼ブドウ膜炎術後炎症耳鼻科外耳中耳耳管を含む)または上気道炎症性アレルギー性疾患外耳炎中耳炎アレルギー性鼻炎等)、術後処置 注射剤坐剤錠剤散剤シロップ 内分泌疾患慢性副腎皮質機能不全急性副腎皮質機能不全副腎クリーゼ)、副腎性器症候群亜急性甲状腺炎甲状腺疾患に伴う悪性眼球突出症、甲状腺中毒症甲状腺中毒性クリーゼ〕、ACTH単独欠損症リウマチ疾患関節リウマチ若年性関節リウマチスチル病を含む)、リウマチ熱リウマチ性心炎を含む)、リウマチ多発筋痛膠原病エリテマトーデス全身性および慢性円板状)、全身性血管炎大動脈炎症候群結節性動脈周囲炎、多発性動脈炎、ヴェゲナ肉芽腫症を含む)、多発性筋炎皮膚筋炎)、強皮症腎疾患ネフローゼネフローゼ症候群心疾患鬱血性心不全アレルギー性疾患気管支喘息喘息性気管支炎(小児喘息性気管支炎を含む)、喘息発作重積状態、アナフィラキシーショック薬剤その他の化学物質によるアレルギー中毒薬疹中毒疹を含む)、血清病重症感染症重症感染症化学療法併用する血液疾患溶血性貧血免疫性または免疫性機序疑われるもの)、白血病急性白血病慢性骨髄性白血病急性転化慢性リンパ性白血病)(皮膚白血病を含む)、顆粒球減少症本態性続発性)、紫斑病血小板減少性および血小板減少性)、再生不良性貧血凝固因子障害による出血性素因髄膜白血病消化器疾患限局性腸炎潰瘍性大腸炎重症消耗性疾患重症消耗性疾患全身状態改善(癌末期、スプルーを含む)肝疾患劇症肝炎臨床的に重症看做されるものを含む)、胆汁鬱滞急性肝炎肝硬変活動型、難治性腹水を伴うもの、胆汁鬱滞を伴うもの)肺疾患:サルコイドーシス(ただし、両側肺門リンパ節腫脹のみの場合を除く)、びまん性間質性肺炎肺線維症)(放射線肺臓炎を含む)結核性疾患肺結核粟粒結核重症結核に限る)、結核性髄膜炎結核性胸膜炎結核性腹膜炎結核性心嚢炎神経疾患脳脊髄炎脳炎脊髄炎を含む)(ただし、一次性脳炎の場合は頭蓋内圧亢進症状見られ、かつ他剤で効果不充分時に短期間用いる事)、重症筋無力症多発性硬化症視束脊髄炎を含む)末梢神経炎(ギランバレー症候群を含む)、小舞踏病、顔面神経麻痺脊髄蜘網膜炎悪性腫瘍悪性リンパ腫リンパ肉腫症、細網肉腫症、ホジキン病皮膚細網症、菌状息肉症)および類似疾患近縁疾患)、好酸肉芽腫乳癌再発転移その他の内科疾患特発性低血糖症原因不明発熱外科領域副腎摘除臓器組織移植副腎皮質機能不全患者に対する外科的侵襲蛇毒昆虫毒(重症虫さされを含む)、侵襲肺水腫外科的ショックおよび外科的ショック様状態、出血性ショックにおける救急、または術中術後のショック脳浮腫輸血による副作用気管支痙攣術中整形外科領域強直性脊椎炎リウマチ脊椎炎)、強直性脊椎炎リウマチ脊椎炎)に伴う四肢関節炎変形性関節症炎症症状がはっきり認められる場合)、外傷関節炎非感染性慢性関節炎痛風関節炎関節周囲炎(非感染性のものに限る)、腱周囲炎(非感染性のものに限る)、腱炎非感染性のものに限る)、腱鞘炎非感染性のものに限る)、滑液包炎非感染性のものに限る)、変形性関節症炎症症状がはっきり認められる場合)、外傷関節炎産婦人科領域卵管閉塞症(不妊症に対する通水療法卵管整形術後の癒着防止副腎皮質機能障害による排卵障害泌尿器科領域前立腺癌他の療法無効な場合)、陰茎硬結皮膚科領域湿疹・皮膚炎群急性湿疹亜急性湿疹慢性湿疹接触皮膚炎貨幣状湿疹自家感作性皮膚炎アトピー皮膚炎、乳・幼・小児湿疹ビダール苔癬その他の神経皮膚炎、脂漏性皮膚炎進行性指掌角皮症その他の手指皮膚炎陰部あるいは肛門湿疹耳介および外耳道湿疹皮膚炎鼻前庭および鼻翼周辺の湿疹皮膚炎等)(ただし、重症例以外は極力投与しない事)、痒疹群(小児ストロフルス蕁麻疹苔癬固定蕁麻疹を含む)(ただし、重症例に限るまた、固定蕁麻疹は局注が望ましい)、類乾癬重症例に限る)、掌蹠膿疱症重症例に限る)、毛孔紅色粃糠疹重症例に限る)、成年浮腫硬化症紅斑症多形滲出性紅斑重症例に限る)、結節性紅斑〕、レイノー病先天性表皮水疱症帯状疱疹重症例に限る)、顔面播種粟粒狼瘡重症例に限る)、潰瘍性慢性膿皮症新生児スクレレーマ、蕁麻疹慢性例を除く)(重症例に限る)、乾癬および類症〔尋常性乾癬重症例)、関節症乾癬乾癬紅皮症膿疱性乾癬稽留肢端皮膚炎疱疹膿痂疹ライター症候群〕、アナフィラクトイド紫斑(単純型、シェーンライン型、ヘノッホ型)(重症例に限る)、ウェーバークリスチャン病、皮膚粘膜眼症候群開口部びらん性外皮症、スチブンス・ジョンソン病、皮膚口内炎フックス症候群ベーチェット病眼症状ない場合)、リップシュッツ急性陰門潰瘍〕、天疱瘡群(尋常性天疱瘡落葉状天疱瘡、Senear-Usher症候群増殖性天疱瘡)、デューリング疱疹状皮膚炎類天疱瘡妊娠性疱疹を含む)、紅皮症ヘブラ紅色粃糠疹を含む)、円形脱毛症悪性に限る)、早期ケロイドおよびケロイド防止眼科領域:内眼・視神経眼窩眼筋炎症性疾患対症療法ブドウ膜炎網脈絡膜炎網膜血管炎視神経炎眼窩炎性偽腫瘍眼窩漏斗尖端症候群眼筋麻痺)、外眼部および前眼部の炎症性疾患対症療法点眼不適当または不十分な場合眼瞼炎結膜炎角膜炎強膜炎虹彩毛様体炎)、眼科領域術後炎症耳鼻咽喉科領域急性慢性中耳炎滲出性中耳炎耳管狭窄症メニエル病およびメニエル症候群急性感音性難聴口腔外科領域手術後の療法血管運動神経)性鼻炎アレルギー性鼻炎花粉症枯草熱)、副鼻腔炎鼻茸進行性壊疽鼻炎喉頭炎喉頭浮腫喉頭ポリープ結節食道の炎症腐蝕食道炎直達使用後)および食道拡張術後、耳鼻咽喉科領域の手術後の療法難治性口内炎および舌炎局所療法治癒しないもの)、嗅覚障害急性慢性反復性唾液腺

※この「適応症」の解説は、「ベタメタゾン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「ベタメタゾン」の記事については、「ベタメタゾン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 00:57 UTC 版)

ガレノキサシン」の記事における「適応症」の解説

幅広い菌種効能をもち、レジオネラ・マイコプラズマ・クラミジアにも感受性を持つ。 上気道: 咽頭喉頭炎扁桃炎扁桃周囲膿瘍 下気道: 急性気管支炎肺炎慢性呼吸器病変(慢性気管支炎気管支拡張症など)の二次感染 耳鼻科領域: 中耳炎、副鼻腔炎

※この「適応症」の解説は、「ガレノキサシン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「ガレノキサシン」の記事については、「ガレノキサシン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 04:36 UTC 版)

エルゴメトリン」の記事における「適応症」の解説

子宮収縮促進並びに子宮出血予防及び治療の目的で次の場合使用する胎盤娩出前後弛緩出血子宮復古不全帝王切開術、流産人工妊娠中絶

※この「適応症」の解説は、「エルゴメトリン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「エルゴメトリン」の記事については、「エルゴメトリン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 22:08 UTC 版)

アルモダフィニル」の記事における「適応症」の解説

アルモダフィニルの適応症はモダフィニル準じる米国FDAでは、ナルコレプシー睡眠時無呼吸症候群および交代勤務睡眠障害アルツハイマー発達障害治療として、アルモダフィニル認めている。

※この「適応症」の解説は、「アルモダフィニル」の解説の一部です。
「適応症」を含む「アルモダフィニル」の記事については、「アルモダフィニル」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/11 14:22 UTC 版)

ミゾリビン」の記事における「適応症」の解説

腎移植ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群IgA腎症SLEループス腎炎及び関節リウマチ治療用いられる

※この「適応症」の解説は、「ミゾリビン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「ミゾリビン」の記事については、「ミゾリビン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/01 05:34 UTC 版)

ボリコナゾール」の記事における「適応症」の解説

侵襲性アスペルギルス症肺アスペルギローマカンジダ血症肺クリプトコッカス症クリプトコッカス髄膜炎食道カンジダまた、カンジダに対して強い抗真菌活性示しフルコナゾールイトラコナゾール又はアムホテリシンB無効な真菌に対して抗真菌活性を持つ。

※この「適応症」の解説は、「ボリコナゾール」の解説の一部です。
「適応症」を含む「ボリコナゾール」の記事については、「ボリコナゾール」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/16 22:58 UTC 版)

薏苡仁湯」の記事における「適応症」の解説

関節痛筋肉痛関節筋肉痛み腫れ熱感和らげる通常比較慢性経過する四肢関節筋肉炎症などに用いられる

※この「適応症」の解説は、「薏苡仁湯」の解説の一部です。
「適応症」を含む「薏苡仁湯」の記事については、「薏苡仁湯」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/22 21:20 UTC 版)

シタフロキサシン」の記事における「適応症」の解説

同世代ガレノキサシンモキシフロキサシンレスピラトリー・キノロンとして上気道呼吸器感染症にしか適応症がないのに比べ、広い適応症をもつ。 上気道呼吸器感染症 咽頭喉頭炎扁桃炎急性続発性気管支炎肺炎 尿路感染症 膀胱炎腎盂腎炎尿道炎 婦人科領域 子宮頸管炎 耳鼻咽喉科領域 中耳炎、副鼻腔炎 歯科領域 歯周組織炎、顎炎

※この「適応症」の解説は、「シタフロキサシン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「シタフロキサシン」の記事については、「シタフロキサシン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 21:18 UTC 版)

アジスロマイシン」の記事における「適応症」の解説

アジスロマイシン感受性有した細菌引き起こした深在性皮感染症リンパ管リンパ節炎咽頭喉頭炎扁桃炎急性気管支炎肺炎肺膿瘍慢性呼吸器病変の2次感染尿道炎子宮頸管炎骨盤内炎症性疾患副鼻腔炎歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、HIV/AIDS患者非結核性抗酸菌症などに用い場合がある

※この「適応症」の解説は、「アジスロマイシン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「アジスロマイシン」の記事については、「アジスロマイシン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/30 07:13 UTC 版)

血ノ池軟膏」の記事における「適応症」の解説

たむし・水虫しらくも疥癬火傷・しもやけ・ひび・あかぎれこのように多くの皮膚病に効くとされているが、実際には白癬類する皮膚病として使用され来た経緯があり、なかんずく水虫に関して専用出来るまで水銀軟膏並んで有効な民間治療剤とされていた。むろんその他の適応症に関して硫黄モクタール黄色ワセリンの適応症と重なるため、無根拠ではない。[要出典] なお、硫黄分皮膚に対し強い刺激与えるため[要出典]、目の周囲粘膜外傷化膿のひどい患部には使用してはいけない。また、べたべたとしていて色がつきやすいため、衣類寝具類汚さないよう注意する必要もある。

※この「適応症」の解説は、「血ノ池軟膏」の解説の一部です。
「適応症」を含む「血ノ池軟膏」の記事については、「血ノ池軟膏」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/07 14:32 UTC 版)

クリンダマイシン」の記事における「適応症」の解説

クリンダマイシン嫌気性菌への抗菌活性のため誤嚥性肺炎や、他の抗菌薬併用剤として用いられることが多い。中枢神経系への移行極めて悪く嫌気性菌による脳膿瘍髄膜炎などでは用いられない誤嚥性肺炎グラム陽性菌嫌気性菌カバーする口腔内はレンサ球菌嫌気性菌が多いため原因菌カバーできる可能性が高い口腔内感染症 ペニシリンアレルギーがある場合咽頭炎副鼻腔炎 腹腔内感染症 CA-MRSA(市中獲得MRSA感染症 表在性皮膚感染症深在性皮感染症 中耳炎外耳炎 顎骨周辺の蜂巣炎 創傷感染症ではグラム陽性球菌であるブドウ球菌が主となることが多いが、クリンダマイシンST合剤効果には有意差はなく、ともに有効であった

※この「適応症」の解説は、「クリンダマイシン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「クリンダマイシン」の記事については、「クリンダマイシン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/16 01:03 UTC 版)

メチルエルゴメトリン」の記事における「適応症」の解説

子宮収縮促進並びに子宮出血予防及び治療の目的で次の場合使用する胎盤娩出前後弛緩出血子宮復古不全帝王切開術、流産人工妊娠中絶

※この「適応症」の解説は、「メチルエルゴメトリン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「メチルエルゴメトリン」の記事については、「メチルエルゴメトリン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 08:32 UTC 版)

パニツムマブ」の記事における「適応症」の解説

2009年12月現在、34ヵ国承認されているが、2010年4月日本における適応EGFR陽性でKRAS遺伝子野生型治癒切除不能進行再発結腸・直腸癌」である。

※この「適応症」の解説は、「パニツムマブ」の解説の一部です。
「適応症」を含む「パニツムマブ」の記事については、「パニツムマブ」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 22:49 UTC 版)

アンジオテンシンII受容体拮抗薬」の記事における「適応症」の解説

高血圧 2型糖尿病腎症ロサルタン 心不全ACE阻害薬忍容例):カンデサルタンシレキセチル 上記以外ARBには高血圧症以外の適応はない。 なお、日本国外における国内承認その他の適応症として 2型糖尿病腎症ロサルタン 心不全:ロサルタン・バルサルタン・カンデサルタンシレキセチル 左室肥大を伴う高血圧患者心血管系イベント抑制(特に脳卒中予防):ロサルタン 心臓発作後の高リスク患者における心疾患抑制バルサルタン 病態異な広範な慢性心不全患者心血管死および心不全悪化による入院減少カンデサルタンシレキセチル などがある。

※この「適応症」の解説は、「アンジオテンシンII受容体拮抗薬」の解説の一部です。
「適応症」を含む「アンジオテンシンII受容体拮抗薬」の記事については、「アンジオテンシンII受容体拮抗薬」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 06:34 UTC 版)

十全大補湯」の記事における「適応症」の解説

病後術後の体力低下疲労倦怠食欲不振寝汗手足冷え貧血

※この「適応症」の解説は、「十全大補湯」の解説の一部です。
「適応症」を含む「十全大補湯」の記事については、「十全大補湯」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 11:59 UTC 版)

雄琴温泉」の記事における「適応症」の解説

神経痛筋肉痛関節痛五十肩運動麻痺関節こわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾冷え性疲労回復など。

※この「適応症」の解説は、「雄琴温泉」の解説の一部です。
「適応症」を含む「雄琴温泉」の記事については、「雄琴温泉」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 17:23 UTC 版)

メトホルミン」の記事における「適応症」の解説

2型糖尿病インスリン非依存型糖尿病かつてはメトグルコのみが高用量一日2250mgまで)での処方可能であり、グリコランおよび後発品では一日750mgまでに制限されていた。

※この「適応症」の解説は、「メトホルミン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「メトホルミン」の記事については、「メトホルミン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 23:14 UTC 版)

トラゾドン」の記事における「適応症」の解説

うつ病・うつ状態 ベンゾジアゼピン系薬剤は、薬物依存症引き起こすことがあるため、不眠症に対して処方されることがある

※この「適応症」の解説は、「トラゾドン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「トラゾドン」の記事については、「トラゾドン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 14:48 UTC 版)

歯根端切除術」の記事における「適応症」の解説

歯根尖に限定された(骨に囲まれた)嚢胞をもつ患歯が適応症例となる。嚢胞歯周ポケットつながったもの、特に歯根破折線の入ったものは適応症例とはならない破折歯を残す治療法はとして患歯を一旦抜歯し破折線を接着性材料修復したのち抜歯窩に戻す意図的再植術があるが、意図的再植術は一旦抜歯をおこなうためリスクがある逆根管充填材料によっても適応症が異なる。 MTAセメント術中操作簡便で逆根管充填経験の少な歯科医師でも成功する優れた材料であるが、歯質接着しないため逆根管形成深さ広さ制限がある。そのためポスト長く3mm以下の浅い逆根管形成し出来ない症例歯根吸収などで根尖部の欠損大きな症例破折線のある症例は適応症とはならない。またMTA用いた歯根端切除術失敗症例は適応症とならない接着性材料歯質接着するため窩洞深さ広さ制限がなく、ポスト長い症例歯質大きな欠損のある症例破折線のある症例でも適応症例となりMTA比較して適応症がはるかに広い。さらにMTA用いた歯根端切除術失敗症例でさえも適応症となる。しかしながら上述の通り適切な止血施しつつ窩洞乾燥薬剤による歯面理を行わなければならず術中操作複雑でこれらの操作熟達した歯科医師が行ない場合材料歯質接着せず失敗することが多い。

※この「適応症」の解説は、「歯根端切除術」の解説の一部です。
「適応症」を含む「歯根端切除術」の記事については、「歯根端切除術」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 01:19 UTC 版)

ジョサマイシン」の記事における「適応症」の解説

本剤感受性細菌に起因する表在性皮膚感染症深在性皮感染症リンパ管リンパ節炎慢性膿皮症外傷熱傷及び手術創等の2次感染乳腺炎咽頭喉頭炎扁桃炎急性気管支炎肺炎慢性呼吸器病変の2次感染膀胱炎精巣上体炎副睾丸炎)、感染性腸炎涙嚢炎、麦粒腫中耳炎、副鼻腔炎化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、上顎洞炎、顎炎、猩紅熱

※この「適応症」の解説は、「ジョサマイシン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「ジョサマイシン」の記事については、「ジョサマイシン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 14:19 UTC 版)

柴胡桂枝湯」の記事における「適応症」の解説

体力中等度又はやや虚弱で多く腹痛伴い、ときに微熱寒気頭痛吐き気などのあるもの次の諸症:胃腸炎風邪中期から後期症状風邪こじらせてしまったとき、胃腸炎を伴う風邪服用して眠くなっては困る場合などに用いる。

※この「適応症」の解説は、「柴胡桂枝湯」の解説の一部です。
「適応症」を含む「柴胡桂枝湯」の記事については、「柴胡桂枝湯」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 23:41 UTC 版)

イソソルビド」の記事における「適応症」の解説

脳腫瘍時の脳圧降下頭部外傷に起因する脳圧抗進時の脳圧降下、腎、尿管結石時の利尿緑内障眼圧低下メニエール病急性低音障害型感音難聴

※この「適応症」の解説は、「イソソルビド」の解説の一部です。
「適応症」を含む「イソソルビド」の記事については、「イソソルビド」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 14:09 UTC 版)

S・M散」の記事における「適応症」の解説

効果効能は、次の消化器症状改善である。食欲不振胃部不快感胃もたれ吐き気嘔吐

※この「適応症」の解説は、「S・M散」の解説の一部です。
「適応症」を含む「S・M散」の記事については、「S・M散」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 09:22 UTC 版)

ナジフロキサシン」の記事における「適応症」の解説

クリーム剤/軟膏剤 表在性皮膚感染症深在性皮感染症毛包炎表在性皮膚感染症に、尋常性毛瘡は深在性皮感染症に読替えられた。 クリーム剤/ローション剤 痤瘡化膿性炎症を伴うもの)「尋常性ざ瘡多発性炎症性皮疹有するもの)」は「ざ瘡化膿性炎症を伴うもの)」に読替えられた。

※この「適応症」の解説は、「ナジフロキサシン」の解説の一部です。
「適応症」を含む「ナジフロキサシン」の記事については、「ナジフロキサシン」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 07:30 UTC 版)

麻杏薏甘湯」の記事における「適応症」の解説

関節痛神経痛筋肉痛リウマチなどに用いられる麻杏薏甘湯効果増強作用目的して防已加えた処方もあるが、麻杏薏甘湯加防已として区別され再春館製薬所の『痛散湯』がこれにあたる

※この「適応症」の解説は、「麻杏薏甘湯」の解説の一部です。
「適応症」を含む「麻杏薏甘湯」の記事については、「麻杏薏甘湯」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 04:43 UTC 版)

茵蔯蒿湯」の記事における「適応症」の解説

肝硬変に伴う胆汁鬱滞黄疸などの症状改善腎臓疾患に伴う尿量減少口渇などの症状。 蕁麻疹黄疸のかゆみ。

※この「適応症」の解説は、「茵蔯蒿湯」の解説の一部です。
「適応症」を含む「茵蔯蒿湯」の記事については、「茵蔯蒿湯」の概要を参照ください。


適応症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/21 16:03 UTC 版)

四逆散」の記事における「適応症」の解説

体力中等度以上で胸腹部重苦しさがあり、ときに不安、不眠などを有する心身症状。ストレスによる心身症状とストレスによる神経性胃炎胃酸過多過敏性腸症候群胃潰瘍胆のう炎胆石症気管支炎神経質不眠症てんかん狭心症などに用いる。

※この「適応症」の解説は、「四逆散」の解説の一部です。
「適応症」を含む「四逆散」の記事については、「四逆散」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「適応症」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「適応症」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



適応症と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「適応症」の関連用語

適応症のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



適応症のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの歯槽骨除去手術 (改訂履歴)、ミダゾラム (改訂履歴)、五虎湯 (改訂履歴)、ノルレボ (改訂履歴)、クリアアライナー (改訂履歴)、オキサシリン (改訂履歴)、アレムツズマブ (改訂履歴)、エンテカビル (改訂履歴)、歯肉弁根尖側移動術 (改訂履歴)、桔梗石膏 (改訂履歴)、プレガバリン (改訂履歴)、メトカルバモール (改訂履歴)、ミロガバリン (改訂履歴)、ベンズブロマロン (改訂履歴)、アザチオプリン (改訂履歴)、ロサルタン (改訂履歴)、ミルタザピン (改訂履歴)、ジアフェニルスルホン (改訂履歴)、ファムシクロビル (改訂履歴)、シクロスポリン (改訂履歴)、ポマリドミド (改訂履歴)、カリソルブ (改訂履歴)、酸性泉 (改訂履歴)、メトロニダゾール (改訂履歴)、大建中湯 (改訂履歴)、ベタメタゾン (改訂履歴)、ガレノキサシン (改訂履歴)、エルゴメトリン (改訂履歴)、アルモダフィニル (改訂履歴)、ミゾリビン (改訂履歴)、ボリコナゾール (改訂履歴)、薏苡仁湯 (改訂履歴)、シタフロキサシン (改訂履歴)、アジスロマイシン (改訂履歴)、血ノ池軟膏 (改訂履歴)、クリンダマイシン (改訂履歴)、メチルエルゴメトリン (改訂履歴)、パニツムマブ (改訂履歴)、アンジオテンシンII受容体拮抗薬 (改訂履歴)、十全大補湯 (改訂履歴)、雄琴温泉 (改訂履歴)、メトホルミン (改訂履歴)、トラゾドン (改訂履歴)、歯根端切除術 (改訂履歴)、ジョサマイシン (改訂履歴)、柴胡桂枝湯 (改訂履歴)、イソソルビド (改訂履歴)、S・M散 (改訂履歴)、ナジフロキサシン (改訂履歴)、麻杏薏甘湯 (改訂履歴)、茵蔯蒿湯 (改訂履歴)、四逆散 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS