専門誌とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 業界用語 > 広告用語 > 専門誌の意味・解説 

専門紙(専門誌)


専門雑誌

(専門誌 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/13 16:43 UTC 版)

専門雑誌(せんもんざっし)とは、ある特定の専門分野についての論文記事などで、誌面が構成される雑誌の事である。





専門誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 08:26 UTC 版)

ヴィジュアル系」の記事における「専門誌」の解説

現在刊行されている雑誌 Stuppy ロッキンf (但し、90年代から一度出版社倒産した2001年まで復刊した2002年以降ごく一部バンドのみ)→We ROCK ROCK AND READ 休刊・廃刊した雑誌 Vicious M-GAZETTE V-Shot Fruige Zy. Neo genesis FOOL'S MATE FOOL'S MATE EXPRESS SHOXX SHOCK WAVE uv Cure

※この「専門誌」の解説は、「ヴィジュアル系」の解説の一部です。
「専門誌」を含む「ヴィジュアル系」の記事については、「ヴィジュアル系」の概要を参照ください。


専門誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 10:06 UTC 版)

メガドライブ」の記事における「専門誌」の解説

BEEP!メガドライブソフトバンク)→SEGA SATURN MAGAZINEDreamcast Magazineドリマガゲーマガ2012年3月休刊メガドライブFAN徳間書店インターメディア)→SATURN FANドリームキャストFAN休刊) 以下の二誌はPCエンジン専門誌の増刊号として隔月刊行された。 電撃メガドライブメディアワークス)(休刊)→電撃SEGA・EX電撃SEGA SATURN電撃Dreamcast マル勝メガドライブ角川書店) 以下の6冊は海外発売されメガドライブの専門誌。 MegaFuture Publising) Mega Drive Advanced GamingMaverick MagazinesSega ProParagon PublishingMean Machines Sega(EMAP) Sega MegaZone(Elwood, Vic. Megazone Publications) Sega PowerFuture plc

※この「専門誌」の解説は、「メガドライブ」の解説の一部です。
「専門誌」を含む「メガドライブ」の記事については、「メガドライブ」の概要を参照ください。


専門誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 04:07 UTC 版)

ソードアート・オンラインのコンピュータゲーム作品」の記事における「専門誌」の解説

ソードアート・オンライン マガジン』のタイトルで、電撃PlayStation増刊としてVol.1からvol.9電撃マオウ増刊としてvol.10まで不定期刊行。原作アニメ・ゲーム等のSAO関連コンテンツ総合誌巻数タイトル初版発行日1ソードアート・オンライン マガジン Vol.1 2016年10月24日 2ソードアート・オンライン マガジン Vol.2 2016年12月26日 3ソードアート・オンライン マガジン Vol.3 2017年2月18日 4ソードアート・オンライン マガジン Vol.4 2018年1月31日 5ソードアート・オンライン マガジン Vol.5 2018年3月31日 6ソードアート・オンライン マガジン Vol.6 2018年6月25日 7ソードアート・オンライン マガジン Vol.7 2018年10月22日 8ソードアート・オンライン マガジン Vol.8 2019年4月2日 9ソードアート・オンライン マガジン Vol.9 2019年9月27日 10ソードアート・オンライン マガジン Vol.10 2020年7月9日

※この「専門誌」の解説は、「ソードアート・オンラインのコンピュータゲーム作品」の解説の一部です。
「専門誌」を含む「ソードアート・オンラインのコンピュータゲーム作品」の記事については、「ソードアート・オンラインのコンピュータゲーム作品」の概要を参照ください。


専門誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 15:02 UTC 版)

ベティ・エラーソン」の記事における「専門誌」の解説

誌名ABC順出版年新しい順。 Black Camera."African Women, Cinema, and Leadership: Empowerment, Mentorship, and Role-Modeling." 11 (2), pp.222-238, 2020. Barlet, Olivier共著) "”La Permanence / On Call”, by Alice Diop". Africultures Dossier, April 2017. doi:10.2979/blackcamera.8.2.17. Barlet, Olivier共著) "L'Arbre sans fruit / “The Fruitless Tree” by Aïcha Elhadj Macky: Woman among Mothers". Africultures Dossier, April 2017. doi:10.2979/blackcamera.8.2.16. "Traveling Gazes: Glocal Imaginaries in the Transcontinental, Transnational, Exilic, Migration, and Diasporic Cinematic Experiences of African Women". April 2017. doi:10.2979/blackcamera.8.2.18. Barlet, Olivier共著) "”Coming to Terms with the Past Will Allow One to Continue”: Interview with Leyla Bouzid about As I Open My Eyes". October 2016. doi:10.2979/blackcamera.8.1.0207. Barlet, Olivier共著) "“I Am Not Interested in Denouncing Polygamy: My Film Goes beyond That”: Interview with Angèle Diabang about So Long a Letter ". October 2016. doi:10.2979/blackcamera.8.1.0213. "African Women and the Documentary: Storytelling, Visualizing History, from the Personal to the Political", October 2016. doi:10.2979/blackcamera.8.1.0223. Barlet, Olivier共著) "“It Is Up to Us to Work on Our Own Complexes”: An Interview with Alice Diop". October 2016. doi:10.2979/blackcamera.8.1.0218. "Teaching African Women in Cinema: Part Two ". 2016. doi:10.2979/blackcamera.7.2.217 "Teaching African Women in Cinema: Part One". October 2015. doi:10.2979/blackcamera.7.1.251 "Boukary Sawadogo Discusses His Research: Three Marginal Figures in the Cinemas of Francophone West Africa—the Mad Person, the Homosexual, and the Woman". April 2015. Black Camera: An International Film Journal (The New Series) v6 n2 (20150401): 229-233. 6(2), 229-233. doi:10.2979/blackcamera.6.2.229 "Towards an African women in cinema studies". Journal of African Cinemas. 4, 221-228. October 2012. "The Female Body as Symbol of Change and Dichotomy: Conflicting Paradigms in the Representation of Women in African Film". Matatu 19(1), pp.31-41. April 1997. doi:10.1163/18757421-90000253.

※この「専門誌」の解説は、「ベティ・エラーソン」の解説の一部です。
「専門誌」を含む「ベティ・エラーソン」の記事については、「ベティ・エラーソン」の概要を参照ください。


専門誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 09:12 UTC 版)

MSX」の記事における「専門誌」の解説

MSXマガジンアスキー出版局1983年10月創刊1992年5月休刊1992年8月「夏号(ムック)」発刊2002年12月永久保存版」としてムック形態復刊 MSX・FAN徳間書店インターメディア1987年3月創刊1995年7月休刊 MSX応援団大陸書房マイクロデザイン1987年7月創刊1988年9月廃刊1988年5月号からはMSX oendanと表記した。 ※すべて創刊時月刊毎月8日発売 Oh!HiTBiT日本ソフトバンク季刊1984年4月創刊1986年12月休刊創刊号題号のみ、Bが小文字表記になっていた。ソニーパソコンの専門誌で、MSX以外にソニー独自マシンSMCシリーズ扱っていた。ソニーMSXには独自拡張されている部分少なかったため、掲載内容他社MSXにもそのまま応用できた。 なお、MSX発売メーカー機種の専門誌としては他にOh!FMOh!PASOPIAがあるが、どちらもMSX発売時紹介され程度扱いしかされていない

※この「専門誌」の解説は、「MSX」の解説の一部です。
「専門誌」を含む「MSX」の記事については、「MSX」の概要を参照ください。


専門誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 01:32 UTC 版)

ドリームキャスト」の記事における「専門誌」の解説

ファミ通DC - エンターブレイン刊。本誌刊行時、エンターブレインCSKセガグループ傘下だったため本誌オフィシャル誌だった。休刊後3冊のDC関連の増刊号経てほぼ同じ編集スタッフで「ファミ通Xbox」(後のファミ通Xbox360)を立ち上げ現在に至る

※この「専門誌」の解説は、「ドリームキャスト」の解説の一部です。
「専門誌」を含む「ドリームキャスト」の記事については、「ドリームキャスト」の概要を参照ください。


専門誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 09:41 UTC 版)

オートファジー」の記事における「専門誌」の解説

2005年ダニエル・J・クリオンスキー(Daniel J Klionsky)はオートファジー特化した科学雑誌Autophagy』誌を立ち上げ編集長となった

※この「専門誌」の解説は、「オートファジー」の解説の一部です。
「専門誌」を含む「オートファジー」の記事については、「オートファジー」の概要を参照ください。


専門誌(専門紙)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 04:25 UTC 版)

プロレス」の記事における「専門誌(専門紙)」の解説

新聞と同様試合結果詳細な試合レポート)、選手インタビューその他企画記事など掲載している。新聞よりも各団体アングル展開状況解説する役割が強い。基本的にマーク層を主要購買層としてプロレス純粋な勝負であることとして扱う。

※この「専門誌(専門紙)」の解説は、「プロレス」の解説の一部です。
「専門誌(専門紙)」を含む「プロレス」の記事については、「プロレス」の概要を参照ください。


専門誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 11:40 UTC 版)

ソードアート・オンライン」の記事における「専門誌」の解説

ソードアート・オンライン マガジン』のタイトルで、電撃PlayStation増刊としてVol.1からvol.9電撃マオウ増刊としてvol.10まで不定期刊行。原作アニメ・ゲーム等のSAO関連コンテンツ総合誌

※この「専門誌」の解説は、「ソードアート・オンライン」の解説の一部です。
「専門誌」を含む「ソードアート・オンライン」の記事については、「ソードアート・オンライン」の概要を参照ください。


専門誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/27 00:35 UTC 版)

中島眞介」の記事における「専門誌」の解説

レシピ共有するパティシエの手法を、 人材教育にも応用してきた。週刊ホテルレストラン

※この「専門誌」の解説は、「中島眞介」の解説の一部です。
「専門誌」を含む「中島眞介」の記事については、「中島眞介」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「専門誌」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「専門誌」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「専門誌」の関連用語

専門誌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



専門誌のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの専門雑誌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴィジュアル系 (改訂履歴)、メガドライブ (改訂履歴)、ソードアート・オンラインのコンピュータゲーム作品 (改訂履歴)、ベティ・エラーソン (改訂履歴)、MSX (改訂履歴)、ドリームキャスト (改訂履歴)、オートファジー (改訂履歴)、プロレス (改訂履歴)、ソードアート・オンライン (改訂履歴)、中島眞介 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS