無差別とは?

む さべつ [2]無差別

名 ・形動 [文] ナリ
取り扱い違いがないこと。差別をつけないさま。むしゃべつ -に扱う
派生 -さ

む しゃべつ [2]無差

名 ・形動ナリ
むさべつ(無差別)に同じ。

差別

(無差別 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/13 16:07 UTC 版)

差別さべつ)とは、特定の集団や属性に属する個人に対して特別な扱いをする行為である。それが優遇か冷遇かは立場によって異なるが、通常は冷遇、つまり正当な理由なく不利益を生じさせる行為に注目する。国際連合は、「差別には複数の形態が存在するが、その全ては何らかの除外行為や拒否行為である。」としている。[1]




  1. ^ United Nations CyberSchoolBus: What is discrimination? (PDF)
  2. ^ a b c d e f 坂本佳鶴恵『アイデンティティの権力』 新曜社 2007年 第2刷、ISBN 4788509377 pp.2-19.
  3. ^ 現代、士農工商の序列の下にエタ・非人などの被差別階級が置かれていた、という説が広く知られているが、歴史学的にはこれに異議が唱えられている。詳しくは士農工商を参照
  4. ^ ジョン・W・ダワー、「容赦なき戦争」、猿谷要監修、2001年、平凡社ライブラリー、394ページ
  5. ^ 土居健郎、「甘え」の構造、昭和46年、弘文堂、39ページ
  6. ^ 土居健郎、「甘え」の構造、昭和46年、弘文堂、40ページ
  7. ^ ガバン・マコーマック、[属国 米国の抱擁とアジアでの孤立]、2008年、凱風社、284ページ





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無差別」の関連用語

無差別のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



無差別のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの差別 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS