損害賠償請求権とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 特許用語 > 損害賠償請求権の意味・解説 

損害賠償請求権

違法な行為により他人に損害与えた者がその損害について填補することを損害賠償といい、損害を受けた者が有するその損害賠償求めることができる権利を損害賠償請求権という。民法では、これを主に債務不履行よるもの民法415条)と不法行為よるもの民法709条)とに分け規定している。特許法等には、損害賠償請求についての規定はなく、特許権侵害対す損害賠償請求は、民法709条の規定による。


損害賠償請求権

= 損害賠償請求

読み方そんがいばいしょうせいきゅう

民事上の救済手段のひとつ。他人から与えられた損害填補して損害のないのと同じ状態にしてもらうことで,損害賠償請求権は法律上権利請求権)である。損害賠償請求権の発生原因として最も重要なのは違法行為,すなわち債務不履行不法行為であるが,一定の場合損害填補する契約当事者によって締結され,これによって発生することもある。賠償すべき損害範囲は,損害賠償責任となる事実相当因果関係があるものに限られるのを原則としている(民416条)。

関連項目


(注:この情報2007年11月現在のものです)

損害賠償請求権

「損害賠償請求権」とは、故意もしくは過失による特許権権利侵害によって生じた損害に対して賠償請求を行うことが出来権利のことを指す。
損害金額は、侵害行為組成した物を譲渡した場合には、物の数量に、侵害行為なければ販売することができた物の単位当たりの利益額を乗じて得た額とされる。但し、特許権者又は専用実施権者の実施能力に応じた額を超えないこととする。この「損害賠償請求権」は特許権者、もしくは専用実施権者の持つ権利であり、特許権共有者はその権利持分だけ、個別請求することが可能である。但し、「損害賠償請求権」は、損害加害者知ってから3年時効となる。

損害賠償

(損害賠償請求権 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/13 20:33 UTC 版)

損害賠償(そんがいばいしょう)とは、不法行為により損害を受けた者(将来受けるはずだった利益を失った場合を含む)に対して、その原因を作った者が損害の埋め合わせをすること。適法な行為による損害の埋め合わせをする損失補償とは区別される。または埋め合わせとして交付される金銭または物品そのものを指すこともある。




[ヘルプ]
  1. ^ 2011年5月1日の参議院予算委員会の紙智子参議院議員の福島第一原子力発電所事故に関する発言
  2. ^ 交通事故の過失割合”. ソニー損保. 2016年10月18日閲覧。


「損害賠償」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「損害賠償請求権」の関連用語

損害賠償請求権のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



損害賠償請求権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2018 Sekidou Kousuke.
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの損害賠償 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS