契りとは?

ちぎり【契り】

ちぎること。約束誓い。「師弟の契り」

男女情交すること。「一夜の契り」

前世から定められた宿縁因縁。「二世(にせ)の契り」


ちぎり【契・期】

〔名〕 (動詞「ちぎる(契)」の連用形名詞化

互いに固く将来約束すること。いいかわすこと。盟約

書紀720欽明五年一一月(寛文版訓)「此誠(このまこと)に千載一会の期(チキリ)深く思ひて熟(うま)く計らざるべけむや」

(10C終)七五女どちも、契りふかくてかたらふ人の、末までなかよき人かたし」

前世から定まっていて、どうすることもできない宿命前世からの約束

*竹取(9C末‐10C初)「昔の契有りけるによりなん」

運命的つながり因縁宿縁

源氏100114頃)桐壺今はつらかりける人のちぎりになむ」

浄瑠璃大経師昔暦(1715)中「親子の契り」

夫婦関係固い約束をかわすこと。また、男女が会って情をかわすこと。恋の逢瀬

源氏100114頃)松風「月に二たびばかりの御ちぎりなめり」

良寛歌(1835頃)「臥して思ひ起き眺む七夕いかなることの契(チギ)りをかする」


契り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

契り

作者黒谷征吾

収載図書契り
出版社新風舎
刊行年月2003.7
シリーズ名新風舎文庫


契り

作者唯川恵

収載図書とける、とろける
出版社新潮社
刊行年月2008.3


契り

読み方:ちぎり

  1. 契。男女情を通ずること。「一夜の契り」などいふ。
  2. 〔隠〕情を通ずる事。交会する事。一夜の契、夫婦の契、二世の契などと云ふ。
  3. 情を通ず交会する。一夜の契。夫婦の契。二世の契などをいふ。
  4. 情を通ずること、又交接すること。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

契り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/10/20 05:28 UTC 版)

契り(ちぎり)




「契り」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「契り」の関連用語

契りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



契りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの契り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS