敵味方識別装置とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 敵味方識別装置の意味・解説 

【敵味方識別装置】(てきみかたしきべつそうち)

Identification Friend or Foe (IFF)
レーダー捉え目標が、友軍機であるかそうでないかを自動的識別する装置
暗号コード送信し、受信した側はそれに返答をすることにより友軍ないしは民間航空機であることを知らせる。
1940年代第二次世界大戦時にアメリカイギリスによりMK-Iとして初め使用された。その後民間用にも拡張された。

送信には1090MHz、応答には1030MHzの周波数帯を用い、パルスコードで送信するため、比較的低出力でも広範囲送信することが出来る。
返答があった場合間違いなく友軍であると判るが、返答が無かった場合は必ずしも敵であるとは限らないので、注意が必要。
過去IFF装備しているにも関わらず数度誤射事故発生している。

動作モード

IFF動作には複数モード存在する。
以下にその概要を示す。

モード概要
Mode 1軍用航空管制AWACS等)において使用
返答できるパターン64通りしかないため、対象識別には使われない。
Mode 2軍用航空機識別するために使用
返答パターン4096通りある。
Mode 3/A民間軍事共用ATCコードと共通で航空管制用に用いられる。
空港管制側で計器飛行中の各機に4ユニークID割り当て、「Mode Cと共に使われる。
Mode C高度応答モード。このモードでの質問信号が送られると、受信側は自機現在高度を返答する。
Mode 3/A」とあわせて用いられる。
二次元レーダーしか備えていない空港飛行場では、これが対象機の高度を知る唯一の術となる。
Mode 4軍事用の暗号化されたモード
本来の用途である「敵味方識別」にはこのモードを使う。
Mode S従来の各モード欠点改良したモード
質問信号とは別途識別信号設定し、個別航空機のみから応答引き出すことが可能となっている。
Mode 3/A」と互換性あり。

敵味方識別装置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/24 04:58 UTC 版)

敵味方識別装置(てきみかたしきべつそうち、: identification friend or foe、略称:IFF)とは、戦闘において味方を攻撃すること(同士討ち)を防ぐため、電波などを用いて、敵と味方を識別する装置とされる。




「敵味方識別装置」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「敵味方識別装置」の関連用語

敵味方識別装置のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



敵味方識別装置のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの敵味方識別装置 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS