携帯式地対空誘導弾とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 携帯 > 携帯式地対空誘導弾の意味・解説 

携帯式地対空誘導弾 スティンガ

携帯式地対空誘導弾 緒元性能
誘導弾  
全長

1.400mm

重量

10kg

直径 70mm
肩上重量 15.2kg
誘導方式 赤外線パッシブホーミング
推進薬 固体燃料
構成  
誘導弾発射筒に封入
グリップストック(IFFアンテナ付)
IFF質問  
IFFプログラマー/充電器
製作 ゼネラル・ダイナミック社
備考  

スティンガは、レッドアイ後継として、1977年から米国において開発された携帯式の地対空誘導弾で、1人操作することができる。レッドアイ比して赤外線探知機、誘導技術等の面で著しく性能が向上され、目標機に対して全方向から射撃可能であり、敵味方識別装置備えている。陸上自衛隊では、これを主として特科戦車部隊等に装備し、自衛対空火力として使用する。




携帯式地対空誘導弾と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「携帯式地対空誘導弾」の関連用語

携帯式地対空誘導弾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



携帯式地対空誘導弾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
陸上自衛隊陸上自衛隊
Copyright (C) 2020 陸上自衛隊 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS